三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

至高のバウムクーヘン

突然ですが、治一郎なるお店をご存じでしょうか?

私、結構な年数を浜松で過ごしております。
先日、会社でその話題になり、初めて知ったと言ったところ、あり得ないと総攻撃されましたw
本当に一度も聞いたことなかったのですが、静岡県民の間では常識過ぎて話題にもならないとのこと。

嘘だろと思い、それから数日の間、会う人会う人に確認してみました。
驚くなかれ、何と知っている率10割でございます。
マジですか、これ。

よし、分かった。そこまで言うなら食ってやろう。
「治一郎がどれだけのもんじゃい」と、鼻息も荒く、買いに行くことにしました。

行った先は磐田市のララポート。
そこそこ家から近いのですが、ここも初めて訪れました。

しかし、酷い駐車場ですね。
人を惑わす為に考案したのか、っていうくらい分かりにくいです。
何でこんな造りにしちゃったのか……。

それはともかく、折角なので昼飯を食うことにしました。
フードコートにあったカツ丼をチョイス。

しかしレジが激混み。
クーポンの処理なのか、1人処理するのに1分くらい待たされました。
出てきたカツ丼はこちら。
jiichiro.jpg
店名は失念しましたが、「かつさと」に軍配が上がります。
あんだけ待たされてこれは報われないので、もう利用することはないかと。

さて、肝心の治一郎。
jiichiro2.jpg
厚さが2種類あって、普通のものは1000円くらいです。
この他にも1/4くらいのやつがあります。それは250円だったかな?

中はこんな感じ。
jiichiro3.jpg
この迸るかのような高級感。
ブランド力は認めざるを得ないですね。

味はどうか。
自家焙煎コーヒーをカフェ・オレにし、合わせて頂きました。

なるほど、これは確かに……。
今まで食ったバウムクーヘンの中では断トツで美味いです。
ザラメっぽい甘さが凄いものの、クドくはないという。
ただ、マルセイバターサンドの衝撃は超えられなかったですね。

と言うか、食べてから気が付きました。
そもそも、バウムクーヘンがそれほど好きではなかったことにw
カステラと違ってパサパサしているんですよね。
まあ、これはバウムクーヘンの性質上、仕方ないと思います。

しかし、お土産には最適かもしれません。
箱からして高級感があり、蓋を開けたときのワクワク感は凄いです。

たまにはこんなお土産もいいかもしれません。
浜松に寄ることがあれば、うなぎパイと合わせてどうぞ!
  1. 2016/08/28(日) 18:55:14|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三度目の……

少し前にスロットで勝ちまくっているという記事を書きました。
しかし、運というのは天秤みたいなものですね。

連勝は7でストップ、あれよあれよと勝ち分が底を尽きそうな事態にw
まあ、運否天賦で打っているので、遅かれ早かれこうなるのは分かっていましたが……。

確かにハイエナすれば勝率は上がりますが、面倒臭い上に時間が勿体無いんですよね。
主目的は気分転換なので。

で、本日もとりあえず前日233ハマリ、当日130ゲーム程の台に座りました。
400のゾーンに引っかかれば、と思ったのです。
あ、ちなみに機種は勿論、まどマギですw

で、これが予想を裏切り、合算700ゲームのゾーンまで連れて行かれました。
一応、ARTには入ったものの、単発終了。
引き戻しを見て止めるか、と思っていたら、穢れ大(詳細は省きますが、かなり熱いフラグです)が飛びました。
穢れ大を見て止めるなど、まどマギ打ちの風上にも置けない愚行ッ!
「これは行くしかねえ」と続行しました。

すると、また700ハマリまでストレートにw
チェリーなどの小役も全然こなくて、途中で設定1を確信しましたが、止めるわけにはいきません。
裏ボでも来ないかな、と藁をも掴むような思いで打っていると……。

突如、暗転する画面。
「私やっとわかったの。叶えたい願いごと見つけたの」
madoka_slot7.jpg
フリーズしました!!!

このフリーズ、過去に2回経験があります。
でも、やはり何が起こったのか分からなくなりますね。
一瞬遅れて「あれ、これフリーズじゃん!」とケツが浮き、両手で頭を抱える欧米人並みのリアクションに。

確率は中段チェリー1/32768の33%、1/98304です。
しかも通常時限定。

1/32768を引くこと自体がどれだけ大変か。
うーん、そうですね、1週間通い詰めて朝から晩までぶん回したとします。
それでも、大多数の人は引けないくらいの絶望的な確率だと思います。
で、それを通常ゲーム時限定で引いて、尚且つ1/3の抽選をクリアしないといけません。

いや、我ながらよく引いたもんです。
こうやって書いてみると、二度と引ける気がしませんw

肝心のアルティメットバトルは16戦負け330G乗せ。
最終的には一撃4700枚でした。
個人的にはアルティメットバトルは胃が痛くなるので、好きじゃないです。
事故の大チャンスには違いないですが……。

この凄まじいグラフを見て下さい。
madoka_slot8.jpg
凹んでいるところで憤死を覚悟していましたが、どうです、この鮮やかな逆転劇。
ちなみに合算Gで穢れが飛んだので、据え置き確定です。
私の見立てでは設定1ではないか、と思っていますが……。
前日の人が低設定で何とか踏ん張ったんじゃないかなあ、これ。

満足しました。
もう一度、フリーズを引きたくて通っていたようなものでしたので。
もはや、まどマギで思い残すことはないですね。
あと達成出来ていないのはワルプル20戦超えと弱チェリー直撃くらいなものです。

ただ、フリーズはやはり鳥肌もの。
お金と暇に余裕があれば、この演出を生で体感するべく、ホールに行ってみて下さい。


ただし! 20スロ、ダメ、ゼッタイ。
5スロで健全に遊びましょう!w
  1. 2016/08/25(木) 20:06:49|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイクのふるさと浜松 2016

先日、バイクのイベントに行ってきました。
ご存じの方も居られるかと思いますが、毎年開かれているバイクのふるさと浜松です。

ご覧の通り、大変人気のあるイベントです。
bike_furusato_2016.jpg

このイベントの素晴らしいところは、展示してあるバイクに跨がれるということです。
そう、足つきの確認には持ってこいなのです。

展示車は去年と似たものが多かったです。
まあ、車みたいにポンポンと新車が出るわけではありませんので、致し方ないところ。

独断と偏見ですが、いくつか紹介したいと思います。
とりあえず、定番の隼から。
bike_furusato_2016_2.jpg
うーむ、白いいなあ。
隼に関して言えば、白がベストかも。
「隼」の一字が際立ちますね。
やはり両足べったりで安、とても心感ありました。
とは言え、傾いたら絶対に支えられないと思いますがw

お次はBMW。
フラッグシップモデルのS1000RRでございます。
bike_furusato_2016_3.jpg
くぅ、格好良いのう。
意外なことに足つき良しです。
175cmの私で、片足の踵が少しだけ浮く程度です。

そして、漢カワサキからは……新型ZX-10Rです!
bike_furusato_2016_4.jpg
カラーリングはNinja250と間違いそうなくらい似ていますね。
私の記憶が確かならば、6Rより全然足つき良しです。
S1000RRと同じくらいな印象を受けました。
欲しい、凄く欲しいのですが、ね、値段が……。

それではいよいよ本編に入りますか。
Ducatiブースです。
まずはスクランブラーの400ccから。
bike_furusato_2016_5.jpg
今回跨ったバイクの中では、いや、今まで乗ったバイクの中で、一番足つきが良かったです。
これなら女性の方でも両足べったりかと思います。
値段なりと言いますか、質感はちょっと安っぽい感じ。

質感が気になる方はこちらを是非。
bike_furusato_2016_6.jpg
限定モデルのマットブラック。
このバイク、跨るのは禁止になっていました。
間近で見ると、確かに凄い高級感です。
こんなバイクで立ちゴケとか洒落になりませんね!

さあ、いよいよ真打ちの登場です。
はっきり言って、このバイクを見る為に行ったようなもの。
959パニガーレでございます。
bike_furusato_2016_7.jpg
相変わらずの格好良さ。
まあ、昨年1299を見た時ほどの感動はなかったですが。
外観はほぼ一緒ですので。

さて、パニガーレで気になる点と言えばマフラーですが、何とまあ、20万するアクラポビッチじゃないですか。
この状態でコミコミ180万くらいになりませんかねえ……。

足つきは10RやS1000RRと同じくらいでした。
1299の方がやや良かった気もしますが、1年前のことなので記憶が曖昧です。
830mmと数値上は同じみたいなので気のせいかな。
でも、これくらいなら全然行けそうです。

しかし、10Rも思いの外、良かったですねえ。
スーパーバイク世界選手権では圧倒的な戦闘力を誇っていますし、10Rもアリですな。
まあ、どちらにせよ、200万超えは確実なので厳しいことに違いはありませんがw

とりあえず、将来の相棒(ホントか?)に跨がれて満足出来ました。
本当にいいイベントだと思います。

……が、1つだけ不満点があります。
我慢大会じゃあるまいし、何でこの時期に開催するのか。
暑くて死ぬかと思いました。
もはや完全にライダーを殺りにきているとしか……。

来年も開催されると思いますが、塩分、水分補給をしっかりと行い、気を付けてお楽しみ下さい。
火傷するかもですが、次は大型バイクで駆けつけたいですね!
  1. 2016/08/22(月) 22:36:09|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

使えない衝突判定

気温もさることながら、オリンピック、熱いですね。
お盆休みを利用して、TVにかじりついている方も多いかと思います。

私も結構見ておりますが、休み自体は散発的で、バイクで遠出も出来ない状態。
仕方ないので、コツコツとゲーム制作を進めております。
その甲斐あってか、多少は形になってきたので、久し振りに紹介したいと思います。

まずはプレイヤーキャラクターを作りました。
こんなやつ。
project_P12.png
全身を映せないのは察して下さい。
服なんて着ていないのでw

それにしてもこのモデリングはどうです。
ハンター×ハンターに出てくる植物兵器ブリオンみたいになってしまった……。

プレイヤーの分身なので、イケメンシルエットとか筋骨隆々にしてしまうとどうかなあ、と悩んだ結果のデザインです。
とは言え、制作時間は一から作って1時間ほどですがね。
大分、熟れてきました。

しかし、作っている最中は苦痛でした。
美少女キャラならいざ知らず、男の裸なんて作っていても何も楽しくないですからね。
特に下半身を作っている時など、「俺、何をやっているんだろう」と、遠い目で窓から雲を眺めたり……。

あと、ゲームの仕様も変更しました。
project_P13.png
そう、メーターを2つ用意したのです。
これは、伝説のエロフラッシュ(窓に女の子が挟まっているやつ)と呼ばれているものを発見しまして、それをパクらせて参考にさせて貰いました。
青いメーターがMAXになると問答無用でゲームオーバーとなります。
ゲームオーバー画面なんざ1枚絵で十分だと思うのですが、剛体シュミレーションを使ったり無駄に凝ってしまいました。
ええ、力を入れる場所、完全に間違っていますね。

ちなみにそのゲーム、かなり秀逸でした。
何が素晴らしいかって、定点なのでアニメーションが少なくて済むにもかかわらず、自由度が高く感じるという。
作者はエロいだけではなく、相当の切れ者だと思います。
ほんと、才能に嫉妬です。

いやー、失敗しましたね。
丸パクリもっとシステムを参考にしていれば、今頃はパニガーレに乗っている……かどうかは分からないものの、ゲーム自体はすでに完成していたと思われます。
が、ここまできて変更するのは大変なのでこのまま進めるしかありません。
茨、それも全身が血だらけになりそうな凄い道を選んでしまいました。

何が茨か。
具体的に言うと、Blenderのアニメーションです。
このアニメーションを見て下さい。
project_P14.gif
これは完全にアウト……いや、セーフ! 服を揉んでいるだけなのでセーフ!
ふー、危うくブログが閉鎖されるところでしたわ。

どうやって作ったか分かりますか?
ええ、力技ですw
コリジョン(衝突判定)を手と服に設定すればいけると思っていましたが、再生ボタンを押した瞬間にPCが固まるほどの重さ。
私のPCが貧弱なのもありますが、処理自体がかなり重いですね。
はっきり言って使い物になりませんでした。

で、胸にボーンを仕込み、手の動きに合わせて動かすという、えらい時間のかかる作業をやる羽目に。
服のシーンなんかすっ飛ばしてもいいのでは、と考えたのですが……。
着衣だからこそ感じるエロス、あると思いますw

Unity上だとこんな感じに。
project_P15.png
さすがにこれはどう考えてもアウト……いや、いやいや! 動いてないからセーフ、セーフ!
……その内、18禁ブログとして生まれ変わるかもw

この後はいよいよ脱衣させるわけですが、脱衣シーンはさすがにカットしようかと思います。
いや、分かっております。
脱衣シーンにこそ興奮する人が居られるということは。
でも、一瞬で終わるくせに、労力が半端なさ過ぎるのです。

服に大量のボーンを仕込み、体の動きに合わせて修正していく。
私の思いつく限り、使えそうな手法はそれしかありません。
2週間、いや3週間は余裕でかかるでしょう。
ちょっと、費用対効果が悪すぎますね。

その分、ワンクッションとして、パンツをはいたシーンを追加しようかと思っています。
パンツなんて作っていないので、これから作るわけですが、ここでまた問題が出てきます。

女物のパンツなんて持っていないので(持っていたら正真正銘の変態ですが)、モデリングする際にネットで調べるわけです。
そうですね、「パンツ 女の子 可愛い」みたいなキーワードを打ち込むことでしょう。
で、出てくる画像を保存して、Blenderの背景としてモデリングしていきます。

どうなんですか、これw
何か人として大事なものが失われていくような気がしてなりません。
私がソウルジェムを持っているのであれば、もはやエピソードボーナスが3回来るくらいの穢れが溜まっているに違いありません。

唯一の救いはUnityが予想外にスムーズで、面白いということ。
使っている構文はif文とcase文くらいです。

「if文があれば何でも出来る!」byアントニオ

いや、もうほんとプログラムはifに始まり、ifに終わる。
そんな名言が生まれるほどにif文だらけのソースコードですw
今の時点でも1000行は超えているであろうボリュームになっちゃっていますが、頭で思い描いた処理は9割方実現出来ています。
プログラマーと3DCGデザイナー(モーション含む)だったら、プログラマーの方が楽なのではないか、とさえ思えてきました。

次はドラッグ処理というのを試してみたいです。
よって、パンツシーンは必須に。

人としての尊厳を捨てながらかもしれませんが、今後も前進していく所存ですw
  1. 2016/08/15(月) 23:05:31|
  2. Blender
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バットマン vs スーパーマン

予告映像を見て以来、物凄く期待していた映画、バットマン vs スーパーマン。
本日レンタルが解禁となり、酷暑や夜勤明けの眠さも何のその、早速レンタルしてきました。

本作は圧倒的な力を持つスーパーマンに対して、人間であるバットマンがどう立ち向かうか。
そうですね、ドラゴンボールで例えるなら、ミスターサタンがフリーザに挑むレベルではないでしょうか。
その無謀な挑戦をどう描くか、そこが最大の魅力である……と勝手に予想していました。

な、何じゃこりゃあ。
いやー、何ですか、この漂うハンコック臭はw
と言うか、素材を詰め込み過ぎで収集がついていない感じ。
鑑賞直前、頬を紅潮させ興奮していた自分が哀れでなりません。

そもそもあの女キャラは要らなかった気がしてなりません。
ラストはアベンジャーズっぽい終わり方ですが、もしかしてその方面を目指していた?
こんな出来映えでは続編無理だと思うのですが、ヒットしたんですかね?

どれだけ素材が良かろうと、脚本1つで台無しになるということがよく分かった映画でした。
かの範馬勇次郎も言っておりますが、まさしく極上料理に蜂蜜をぶちまけたかのような仕上がりです。
まあ、CGとかバトルシーンは迫力があって楽しめましたが……。

個人的には旧作になるのを待って、100円で借りることをお勧めしますね。
お盆休みで暇なら360円出すのも一興かもしれませんけどw
やはりボーンの新作に期待したいところです。
  1. 2016/08/10(水) 20:45:57|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3000安打達成!

オリンピックで盛り上がる最中、金メダルにも勝るとも劣らない記録が生まれました。
そう、我らがイチロー選手、メジャー通算3000本安打達成です。
最近は足踏み気味だったのでヤキモキしていましたが、遂にやってくれました。
しかも、三塁打という珍しい安打での大記録達成というおまけ付き。



イチロー選手がベンチに下がった後、頬を伝うものが……。
普段から感情を殺してプレーされていますが、やはり想像を絶するプレッシャーがあったのだと思います。
緑色の血が流れているわけではないと、本人もインタビューで答えておられますが、特にここ数週間のプレッシャーは私たちでは考えられないほどだったのでしょうね。

それにしても本当に凄い男です。
何だかんだ言って、打率は3割を超えていますからね。
こんな42歳居ますか?
起用さえしてくれれば、4000安打もいけるんじゃね、と思えてしまう。
そこにイチロー選手の凄さがあります。

頑張って4000安打、いや、出来ればピート・ローズ氏の記録を超えて欲しいです。
来年はもう少し使ってくれるチームに移籍して、再び200安打を達成することを期待しています。

頑張れ、イチロ-!
  1. 2016/08/08(月) 21:48:37|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒキがぶっ壊れた

最近、息抜きで行っているスロットが絶好調で、先日、このような記事を書きました。
あれから連勝を重ねております。

まあ、誰でも調子の良い時はあるものですが、凄いのはその勝ち筋。
人知を超えたかのようなヒキなのです。

ちなみに機種はまどマギオンリー。
これが一番面白いのでw

で、凄かったのはスイカからボーナス直撃。
出てきたのはまどか神という。

打ったことない方の為に確率を計算してみましょう。
スイカの出現率が1/60、約1.6%。
で、高確率中に解除したと仮定すると、その解除率が0.03%。
その後、まどかが出てくる確率が33.3%。

えーと、どうやって計算するんですか、これ?w
恐らく60万分の1くらいじゃないかと思います。
宝くじの3等辺りなら当たるレベルでは……。

え、ケツが浮いたんじゃないかって?
いえいえ、最近の異常なヒキで鍛えられた私は、まどかが出てきたくらいではケツを浮かせません。

さて、肝心のアルティメットバトル、前回は10%を2回で引いてしまいました。
「10%で終わってしまう、頼むから引くな」という消極的な姿勢が悪かったのかと考え、強気で攻めてみました。
「9割継続がそう簡単に終わるわけがねえ」と。
するとどうでしょうか。
24戦継続!
ワルプルで200追加し、凄いゲーム数に!
madoka_slot3.jpg

しかし、凄かったのはこの後です。
ワルプル2戦負けからほむらエピソードが来ました。
動画がありました。
こんなやつ(3分50秒辺り)

ちなみに私はこれが一番好きな演出です。
梶浦由記さんの切ないテーマ曲も痺れますね。
この2戦負けからの華麗な逆転劇。
考えた人は天才ではなかろうか。

あと、良かったらその後の動画も見て下さい。
「キュゥべえに騙される前のバカな私を……」のシーンは、何度見ても泣けます。
これ、声だけ聞いていても貰い泣きしてしまうレベルです。
声優の底力恐るべしですね。

さて、2戦負けからほむらエピソードが来る確率は5%。
で、ほむらエピソードはワルプルが付いてきます。
2戦で負けました。
またほむらが出てきましたw

「私は何度でも繰り返す」と言っていますが、本当に繰り返してくれるとは……。
さしもの私も、これにはケツを浮かさざるを得ませんでしたね。

伸びに伸びて、この枚数。
madoka_slot4.jpg
あざっす!

こうなったらいつ負けるか、という点に興味が湧いてきます。
また今日も行きましたw
さすがに負けるだろう、と思っていたら……。
madoka_slot5.jpg
う、うおおおっ!?
まさかの緑カットインからのバー揃い。
狙うの超怖かった……。
30G間のプチボーナス中に1/6553.6を引いてやりました。

肝心のアルティメットは8戦負け110Gでしたorz
しかし、今の私は何かが憑いています。
ワルプル8戦負けからほむらエピソード(確率1%)は引くわ、強ベルで100G乗せるわ(1/4096の5.30%)とやりたい放題。
一撃3500枚でした。

ここ数週間で3万枚近く勝っているのですが、まどマギってこんなに甘い台でしたっけ?
これが20スロなら中古のリッターバイクを買えるレベルですね。

恐らくは低設定でニタニタと迎え撃っていた店長も顔面蒼白。
ヒキ神こと、こしあん先生も真っ青のヒキ。
設定なんて関係なしです。

とりあえず、これだけ勝っているんだから少し贅沢をしました。
このうだるような暑さ。
そう、夏バテ対策と言えばウナギ、浜松と言えばウナギでございます。

「中国産でも何でもいい、叶えてよ、インキュベーター!!」
madoka_slot6.jpg
ええ、すき家の特うな丼ですw

1200円くらいだったかな。
あれだけの回転率でイチイチ焼いてなんていられないのでしょうけど、ちょっとブヨブヨ感が……。
あと1500円くらい出して、専門店いった方が良かったか、と少し後悔しました。
まあ、ボリューム的には満足出来ましたが。

それにしても我ながら凄いヒキです。
もう勝ち逃げするべきかもしれませんが、ここで手を緩めるわけには行きません。
店長の尻の毛まで抜いてやらないと!

さすがに次は負けそうですし、お盆休みは台の確保も難しそうですが、また凄いのを引けたら記事にしたいと思います。
そろそろフリーズを引きたいですねえ……。
  1. 2016/08/05(金) 20:34:29|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ninja250、2017年モデル

Ninja250の2017年モデルが発表されました。
個人的に非常に楽しみだったのですが……カラーリングのみの変更となっておりますorz

メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー
ninja250_2017.jpg

キャンディプラズマブルー
ninja250_2017_2.jpg

まあ、この辺りは前もあったので特筆するものでもありません。
問題は Special Editionです。
私も2014年のNinja250 ABS Special Editionに乗っています。
2017年はどうなるのかっ!?

こちらのキャンディパーシモンレッド×メタリックスパークブラックです。
ninja250_2017_3.jpg

いや、いいんじゃないでしょうか、これ。
イタリアンレッドとは違い、多少くすんだ色合いですが、全くもって250ccには見えない迫力。
一番売れると思います。

あと、KRTエディションも継続されるとのこと。
しかし、あれは6R、10Rが格好良すぎるので、私ならSpecial Editionにしますね。

それにしても、ZX-10Rがスーパーバイク選手権で圧倒的な強さを見せているので、Ninja250もやってくれると期待していたのですが……。
乗り替えたい私にとっては、モデルチェンジしない方が高く売れるので有り難いものの、やはり残念な気持ちの方が強いです。
もっとも、逆に現行モデルの完成度が高すぎると言えるかもしれませんけど。

CBR250RRの全貌が明らかになった来年、つまり2018年こそ、フルモデルチェンジの契機となりそうですね。
確実に現行Ninjaのスペックは上回ってくるでしょうから。

ただ、パニガーレみたいに毎年何らかの変更があった方がワクワクするのもまた事実。
国内外問わず、売れ筋の250ccなので、頑張って欲しいと思います。
ヤマハもカワサキもホンダも期待していますよ。

え、国産メーカーはあと1社ないかって?
多分、気のせいですw
  1. 2016/08/02(火) 14:19:30|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (183)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (75)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (299)
狩猟/射撃 (96)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する