三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

リベンジ・ザ・海鮮丼

何度目か分かりませんが、またもや焼津に行ってきました。
もはや、第二の故郷と言っても差し支えないくらいです。

前回、謎の臨時休業で食すことが叶わなかった、海鮮丼を食べるのが目的です。
国道1号バイパスを使い、小川港魚河岸食堂へ。

バイクを押している時は「大丈夫か、この暑さは」と危惧していましたが、さすがのメッシュジャケット。
むしろ、涼を感じるほどでした。
四輪では決して味わえない、この心地よさ。
メッシュジャケットを考えた人は天才ではないでしょうか。

などと、恍惚の表情でまったり走っていたら、道を間違えて焼津を超えてしまいましたorz
焼津マスターを自負する私が、何という凡ミスを……。
このまま富士宮まで焼きそば食いにいったろか、とも考えたのですが、先の分岐点でUターンすることに。
幸いにも少しのロスで済みました。

10時過ぎという中途半端な時間の為か、小川港魚河岸食堂は完全に貸し切り状態。
私はほとんどお客さんを見たことありませんが、土日は交通整理が入るほどの人気らしいです。

多大な腹痛をもたらしたジャンボ天丼に恐れおののきながら、上海鮮丼を注文。
こちらです。
yaizu_tu25.jpg
お値段1500円。
いやー、苦労しましたが、遂に食べることが出来ました。

さて、肝心のお味は……。
新鮮な魚を使っているので、不味かろうはずがありません。
特にエビがすこぶる美味。

しかし、量が少なすぎました。
私でこれだと、荒ぶる海の漢たちの胃袋は満たせないでしょう。
ただ、カツ丼など揚げ物のメニューも豊富なので、きっと漁師の人たちはそれをチョイスするのでしょうね。
つまり、海鮮系は観光客用のぼったくりメニューと。

正直、期待外れでした。
ああ、腹一杯ウニ丼が食べたい。

食後、港を散策しました。
yaizu_tu26.jpg
やはり港はいいですね。
「潮風の匂い~、打ち寄せる波の音~♪」と、思わず岡本真夜さんの歌を口ずさんでしまいます。
実際のところ、波の音は大して聞こえませんがw

船もありました。
yaizu_tu27.jpg
老人と海に出てきそうな老いた漁師の方に尋ねたところ、マグロ漁船とのこと。
一度、漁に出てしまうと、何ヶ月も帰ってこれないらしいです。
夫の無事を祈る妻、父の帰りを待つ子供、そして何かの試練のように行く手を遮る荒波……。
さすが港は一味も二味も違います。
もう、情緒溢れすぎぃ!

そうそう、凄い写真が撮れたのでお見せしましょう。
これです。
yaizu_tu28.jpg
何か分かりますか?
中央にうっすらと浮かぶ山、富士山なのです。

冬にはさらにはっきりと見えて、大層美しいそうです。
正直、海鮮丼はもう結構ですが、富士は是非とも見に行かねばなりますまい。
楽しみが増えました。

帰りは東名を使いました。
気持ち良く追い越し車線を走っていると、後ろから凄い勢いの車が。
何のスポーツカーだと思ったら、プリウスαでしたw
あんなに飛ばしては折角のハイブリッドが……。

私はすぐに牧ノ原SAに行ってしまったので限界は分かりませんが、中間加速ならNinja250、最高速なら僅差でプリウスαではないかと思います。
くそう、10Rとはいかないまでも、6Rなら一瞬でミラーのシミにしてやれたのに。
おっと、こんなことを書くと、叩かれてしまいますね。

牧ノ原SAに寄った理由はこれ。
アイスカフェモカ(シナモン入)です。
yaizu_tu29.jpg
これは本当に美味いです。
300円の価値はありますね。

平日の穏やかな昼下がり、バイクで立ち寄ったSAにて、スマホを見ながらコーヒーブレーク。
最高としか形容しようがありません。
これ以上の至福を見つけるのは難しいです。

梅雨の合間に素晴らしいツーリングが出来ました。
しかし、心配なのは気温。
今の時点でも、そこそこ回すと250ccでも結構な排熱を感じるようになってきています。
7月~9月は早朝に走るか、比較的涼しい長野方面に向かわないと駄目かもしれませんね。

ああ、秋が待ち遠しい……。
  1. 2016/06/27(月) 21:06:58|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中級焙煎士へ

本日、4回目の焙煎を行いました。
手探り状態な部分はあるものの、火力調整は掴めてきたと思います。

こちらは3回目の焙煎。
アンデスマウンテンという豆です。
baisen9.png
これは失敗でした。
2回目の焙煎時、あっという間に2ハゼが来て、豆が発火しそうになった記憶が呼び起こされてしまいました。
そう、びびってしまい、停止が早すぎたのです。
もう1段階、深く煎りたかったところ。
ほどよい酸味はあったものの、やはり深みが足りませんでした。

で、今日行った4回目の焙煎。
豆はエチオピア イルガチェフ G1。
baisen10.jpg
若干、ムラが出てしまいました。
手焙煎ならいざ知らず、機械でやっているので、これは豆の性質によるものではないかと思っています。
でも、狙い通りの深さで終了出来たので、過去最高の出来ではないかと。

味は……すいません。まだ飲んでいませんw
明日、明後日くらいまで寝かせて味わおうと思っています。
いやー、楽しみ、楽しみ。
もしかしたら、美味すぎてぶっ倒れるかもしれませんね。
ないですか、そうですか。

ただ、今回も失敗したことが。
この焙煎機、穴からスプーンを入れて、豆の状態を確認出来るようになっています。
baisen11.jpg
その際、ドラムは回転し続けているので、スプーンに弾かれて飛び出てくる豆があります。
で、飛び出た豆を素手で拾いました。

これが熱いのなんの。
一瞬だったにもかかわらず、軽く火傷してしまいました。
火山弾かっ(無論、触ったことはありませんがw)、と突っ込むくらいの熱さでしたね、これは。

しかし、このトレンド・アイ社製の電動焙煎機、八面六臂の大活躍です。
手焙煎とは何だったのか。
もはや、シャカシャカには戻れませんね。

その上、機能的な限界はまだまだ先にあります。
そう、さらなるパワーアップも可能なのです。

今回煎った豆が美味しければ、次のステップ、いや、最終形態とも言えるダンパー付き焙煎に挑んでみたいと思います。
こんなやつです。
baisen12.jpg
上記はトレンド・アイさんのHPのものですが、付属したマニュアルに作成方法が載っていました。
これをやると何が変わるのか。
温度が一定になり、焼きムラも皆無、最高の焙煎になるそうです。
豆のポテンシャルを最大限に引き出せる、最終奥義、究極の焙煎ッ!!

が、世の中、そんなに上手い話ばかりではないわけで。
代償として火力調整が難しくなり、失敗しやすくなるとのこと。

しかし、上級焙煎士を名乗るには、避けては通れない道……。
至高の一杯を求め、焙煎の旅は続きます。

……ちょっと格好良すぎたかなw
  1. 2016/06/24(金) 20:09:56|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

突然の死去

ニュースを見て、驚いています。
鳩山邦夫氏が突然、亡くなりました。
67歳という年齢は、近代日本ではかなり若い部類に入るかと思います。
死因は十二指腸潰瘍という記事を見ましたが……。

そんなに政治にも詳しくないし、余程のことがないと記事にしないのですが(舛添氏は余程のことですw)、邦夫氏のことはちょっと書いておかねばと。

私、兄の由紀夫氏よりも評価しております。
何故なら、法相としての責務を一番果たした人物だと思うからです。

「死に神」などと酷いことも書かれたりしましたが、職務を忠実に遂行しただけ。
何も恥じることもないですし、批判される筋合いもありません。
むしろ、ヘタれて何もしない法相こそ、叩かれて然るべきではないでしょうか。
それなら最初から辞退しておけや、と。

仇討ちが認められない以上、遺族は司法制度に縋るしかないわけで、それを放棄するなどとんでもない話だと思います。
ちなみに、あのクソみたいな、いや、紛れもないクソの宮崎死刑囚に関して、執行指示を出したのも邦夫氏です。

しかし、由紀夫氏のコメントは泣けましたね。
不仲説も流れたものの、あの文章からは確かな兄弟愛を感じられました。

「友人の友人がアルカイダ」等々、失言はありましたが、一角の人物だったと思います。
鳩山邦夫氏のご冥福をお祈り致します。
  1. 2016/06/22(水) 19:44:31|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世論の勝利か

ついに舛添都知事が辞任しました。
いやー、長かったですね。

私が凄いと思ったのは、辞めればいいんでしょ、とばかりに、最後まで無言を貫いたこと。
人間性ここに極まれり。
猪瀬さんでも最後は握手を交わし、記者の質問に答えて辞任しましたが、さすが舛添さんは一味違いますね。
腹の中では皆やっているのに、何で俺だけが、と思っているような気がします。
まあ、実際そうなんでしょうから、気持ちは分からないでもないですがw

今回、あらゆる方面から袋叩きにされて集団リンチみたいだ、と書かれている記事を目にしました。
しかし、私はそうでもしないと絶対に辞任しなかったと思いますね。
そして、税金で10万の中国服(あれは噴飯ものの弁護でしたねw)を買い続けたりしてたことでしょう。

ただ、それだけ凄いと言われる腕前は見たかったところです。
私は字が汚いので、上手い文字を見ると、すぐに感動してしまう癖があるのですが、舛添さんはどうだったのか。
もしかしたら、書に才能を全振りなのかも!?
見た者の魂を震わせるくらいの才能を見せることが出来れば、世論も多少は違ったかもしれませんね……。

そういえば、昨日TVで今が法改正するチャンスと、橋本さんが言っておられました。
法律で違法となれば、無駄遣いが減るのは確かに間違いないでしょう。
でも、絶対にやらないと思いますw
議員数すら減らさない身内に甘い政治家たちが、自分たちの首を絞めるようなことをやるわけがない。
「今後はちょっと気を付けて、甘い汁を吸い続けますよ」ってなもんじゃないでしょうか。

今度の選挙もどうしようか悩みますね。
何処に入れたいか、ではなく、何処に入れれば一番被害が少ないか。
選挙ってそんな選択を強いられるものだったかな……。

とりあえず、次の都知事はどんな人物がなるのか。
注視(笑)したいと思います。
  1. 2016/06/21(火) 13:47:03|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焙煎レベルアップ

つ、遂に念願の焙煎機が届きましたっ!
数日間使ってみて、使用感なども分かってきたので、レビューしたいと思います。
マニアック過ぎて需要はなさそうですが……。

焙煎機の選定は迷いました。
電動にするか、手回しのサンプルロースターにするか。
しかし、鍋を振るよりは楽とは言え、人力を使うのはどうだろうなあ、と思い、サンプルロースターは除外。
ジェネカフェなどの電動焙煎機も価格が……、ということで選んだのはこちら。
baisen5.jpg
トレンドアイ社製の電動焙煎機です。
社と言いつつも、恐らくは個人の方が開発、販売している焙煎機だと思います。
ジェネカフェなどの完全電気式とは違い、本体をモーターで回転させながらガスコンロで炙るというものです。

本当はこれが欲しかったのですがね。
baisen6.png
燦然と輝く、この美しさ。
フジローヤル社ディスカバリーです。

お高いんでしょう、と思った、そこの貴方。
はい、50万しますw
個人の趣味とはかけ離れた孤高の存在。
副業で焙煎豆を売るとかじゃないと、さすがに手が出ませんね。

ちなみに私が買った焙煎機はオプション込みで5万チョイでした。
一番安いのだと4万5千円くらい。
これでも電動焙煎機の中では破格中の破格です。

肝心の性能はどうか。
いやー、素晴らしいの一言でした。
手で振らなくてもいいということが、こんなにも楽だとは。
お陰で火力調整に神経を注げます。

早速、焙煎してみました。
豆は勿論、エルサルバドルです。

火力の感覚が全然分からなくて、1ハゼが6分くらいで来てしまいました。
(本来は9~11分くらいが妥当っぽい)
慌てて火力を落とし、2ハゼ前でストップ。
累計13分くらいかな。

焙煎豆の状態。
baisen7.jpg
私、感動してしまいました。
失敗したにもかかわらず、このムラのなさはどうです。
少しシワが残っていますが、そこはご愛敬。
「煎る煎る」では決して辿り着くことの出来なかった境地には違いありません。

味はどうか。
飲んだ瞬間、自然とこぼれる笑み。

歴然っ…! その差は歴然っ!
もう香りからして違います。
この甘い香りは、知人から頂いたエルサルバドルに酷似しています。
完璧に煎ることが出来れば、10万円の焙煎機、PRESSOを超えられそう。

どうやら、今までは豆の持つポテンシャルを3割くらいしか引き出せていなかったようです。
そんなものを知り合いや身内にドヤ顔でお裾分けしていたとは……。
穴があったら入りたいです。

ただ、このエルサルバドル、3日ほどで味が薄くなってしまいました。
普通なら2日後くらいからが、味のピークになるはず。
1ハゼが早かった影響なのかな?

2回目はカロシ・ママサという豆を煎りました。
今度は1ハゼの時間はバッチリ。
バッチリでしたが、2ハゼまでが異様に早い。
あっという間に豆がバチバチと凄い音を立て、煙がもうもうと上がりました。
フルシティが良かったのですが、フレンチローストに……。
baisen8.jpg
ご覧の通り、油が浮いてしまっています。
油が浮くのは火力が強すぎたり、深く煎りすぎたりした際に出る現象。
またもや失敗してしまったようです。

しかし、豆の膨らみは凄いし、相変わらずムラは皆無。
チャフも燃えてしまうのか、ほとんど舞いません。
凄い、凄いですよ、この焙煎機。

いやー、久し振りに満足出来る買い物をしました。
早く、次の焙煎したくて堪りません。
一日中、焙煎していたいくらい。

うーむ、これは以前に購入した秘蔵のブルーマウンテンを引っ張り出す時が来たようですね。
もう少し上手く煎れるようになったら、500gで約9千円(ここ最近、高騰している模様)の高級豆のポテンシャルを味わってみたいと思います。

焙煎をしてみようと思われている方、トレンドアイ社の電動焙煎機、超お勧めです!
  1. 2016/06/17(金) 21:03:46|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日米通算4257安打!

我らがイチロー選手がやってくれました。
ピート・ローズ氏のメジャー通算最多安打記録4256安打を抜き、日米通算で4257安打を達成しました。

まったく、凄い男です。
世界の王、世界のイチローですね。

この記録に関して、ピート・ローズ氏は「日本の野球での安打は認めない」的な発言をしているとか。
メジャーのみなら俺の記録は超えていないはずだ、といったところでしょうか。

でも、ちょっと待って下さい。

イチロー選手は14339打席で4257安打、ローズ氏は15890打席で4256安打。
さらに言うと、メジャーのシーズン最多安打記録を持っているのは、他ならぬイチロー選手です。
むしろ、ずっとメジャーでプレイしていたら、4500安打超えてるじゃねーか、と思うのですが、これ如何に。

まあ、ローズ氏の記録も偉業には違いありませんが、もう少し器の大きさを見せて欲しかったですね。

私が凄いと思うのは、42歳にしてあれだけの肉体を維持している点です。
某番長や某ピッチャーを見て分かる通り、アスリートは少し気を抜くと太ってしまいます。
鬼の自制心による摂生の賜物でしょうね。

個人的にはこのまま打ち続けて、メジャーだけでローズ氏の記録を抜いて欲しいと思います。
年齢的な問題はありますが、イチロー選手ならあぶさんみたいにやれるんじゃないか、という期待を抱かせてくれます。

少しでも長く現役生活を続け、ファンを魅了し続けていって欲しいですね。
頑張れ、イチロー!
  1. 2016/06/16(木) 19:20:31|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手焙煎の限界か

コーヒー好きの私は、生豆を購入し、家で焙煎して飲んでいます。
知らない人からすれば、豆を煎るのは敷居が高いと思うかもしれません。
が、驚くほど簡単で、しかも安く美味いのです。

使っている器具はこちら。
「いるいる」というもので、確か3000円くらいだったと思います。
baisen.jpg
これに豆を入れて、10分以上かけて振り続けますw
もう何年も降り続けていますので、手は疲れませんが、真夏だけはキツイですね。

夏の暑さ(熱さか)以外は特に不満もなかったのですが、知人が買ったPRESSOなる電動焙煎機。
これにやられました。

エルサルバドルという豆を貰ったのですが、これが甘いのなんの。
砂糖を入れたかのような、とろける甘さなのです。
こりゃ、買うしかない!
と、ネット通販の早川コーヒーさんで注文しました。
baisen1.jpg

しかし、あの甘さがどうやっても出せません。
淹れ方は同じなので、違いは焙煎にあること明白なのですが、どうやっても同じ味にならないのです。

手焙煎だとこんな感じ。
ムラは少ない方だと思います。
baisen2.jpg

ローストが足りないかと思い、深めに煎りました。
baisen3.jpg
これは失敗でした。
数日すると油が浮いてきて、かなり苦くなってしまいました><
まあ、ミルクを入れてアイス・オレにすれば、美味しいんですけどね。

前置きが長くなりましたが、そんな経緯があり、そろそろ手焙煎を卒業しようかと思った次第です。
雀の涙ほどですが、ボーナスも出ましたしね……。

条件としては手で振らなくてすむこと。
美味しい焙煎が出来ること。

上記のPRESSOはこれを満たしていますが、同じ機種を買うのも芸がありません。
(てか、10万くらいしますので、無理ですがw)

悩んでいたのがこれ。
ジェネカフェという焙煎機です。
baisen4.jpg
これも7万前後とお高いですが、ネット上での評判は良く、海外でも売れているみたいです。
しかしながら、気掛かりな点が2つあります。

1つはK国産ということ。
まあ、これは海外でも評価が高いし、すぐ壊れたという話しもほとんどないので、大丈夫だと思います。
余談ですが、この手の焙煎機は日本よりK国の方が進んでいるようです。
大手メーカーの国産モデルなら凄いのが出来そうなのですが、採算が取れないからですかねえ……。

話を戻しましょう。
もう1つの問題は焙煎量なのです。
この焙煎機、200gくらい入れないと、ムラになりやすいとのこと。

200gを煎った場合、水分が飛んで大体170~180gになると思います。
1杯10gとすると、1日1杯で17日分。
焙煎後の豆のピークは1~2日後から1週間くらい(だと思ってます)なので、これは明らかに多い。

チャフ(豆の薄皮みたいなやつです)も回収してくれるのは素敵ですが、大量に煎って「失敗しました」じゃ、精神的なダメージは計り知れないものがありますw

悩んだ挙げ句、機種が決定しました。
さて、コーヒー通(自称)の私が選択した機種とは!?

現在、注文中。
届いたらレポしますので、お楽しみに!
  1. 2016/06/12(日) 20:00:02|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒーローズIIが面白い

久し振りにゲームにハマりました。
タイトルはドラゴンクエストヒーローズIIです。
作業の息抜きにと買ったのに、完全に弊害と化していますw

公式プロモはこちら。


個人的に前作はイマイチな出来で、途中で止めてしまいましたが、今作は大ハマりです。
改善された部分はかなりありますが、一番大きいのはマルチプレイが実装されたことだと思います。

ちょっとロードが長いのですが、知らない人と一緒に戦うのはやはり面白いです。
足を引っ張らないようにと、シングルプレイを進めるモチベーションも高まります。
ファミ通式に点数をつけるのなら、前作は7点、今作は9点ってところですかね。

ただ、上の公式プロモを見てもらうと分かりますが、声優が酷いです。
いや、そんなに詳しくない私でも知っている、凄いメンバーが出てはいるのです。

ただ、何で主要キャラの声に素人を使うのか。
頻繁に出てくる「じわじわたぎってきたぜー(棒)」は興ざめです。
全然たぎってねーやんか、とw
せめて、無双シリーズの甘寧が言う「血が滾ってきたぜぇぇぇ!」くらいの迫力は出して欲しいところ。

唯一、山田孝之さんは上手かったですね。
他と遜色ないどころか、途中まで本職の人だとばかり思っていました。
テリー役の神谷浩史さん並みの渋い声です。

ちなみにマリベルはまどマギのまどかの人のようですが、全然分かりませんでしたw
役によって声がかなり違うんですね。
これぞプロフェッショナル!

しかし、2作目にして、この進化は凄いです。
このシリーズも無双みたいに定番化が期待出来ますね。

次作に望むとすれば、純粋な声優の方たちのみの起用。
(ドラクエクラスなら話題作りに芸能人を起用する必要はないのでは)
無双オロチとまではいかないまでも、キャラ数の増加。
それにモンスターコインも成長要素があればベストかなと思います。

マルチプレイは人が居てこそ。
今が旬なこのゲーム、まだの人は是非プレイしてみて下さい。
  1. 2016/06/11(土) 19:32:35|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BT-39で岡崎SAへ

性懲りもなく、岡崎SAに行ってきました。
「次は大型バイクに乗り替えてから」などと書いていましたが、それだといつ行けるか分かりませんのでw
あと、ニュータイヤの調子を見たかったというのもあります。

岡崎SAと言えば、「矢場とん」、「矢場とん」と言えば、岡崎SA。
今までは「矢場とん」ばかりでしたが、この前行った時に目をつけていた店、「かごの屋」で食べることにしました。
ここは飛騨牛が売りみたいです。

頼んだのはこちら。
ハンバーグ定食。
kagonoya.jpg
お値段、約1300円です。
100%かどうかは不明ですが、飛騨牛ハンバーグとのこと。

美味しいか、不味いかで言ったら、美味しいです。
しかし、家で作ろうと思えば作れそうな味ですね。
見た目のインパクトも考慮すると、「さわやか」に軍配が上がるかもしれません。

帰りは三ヶ日のオレンジロードを通りました。
タイヤ交換からの走行距離は200キロ。
皮剥きは完了しています。
ニュータイヤ、BT-39の底力や如何に!?

いや、凄いです。
安定感抜群。
路面のギャップがなければ、どれだけ寝かしても転ばない感覚がありますね。

ただ、私の技量が完全に追いついていません。
スムーズな体重移動が出来ないですねえ。
相変わらず、ケツをずらそうとすると、体が浮いて荷重が抜けてしまうし……。
でも、タイヤは素晴らしかったですね。

そうそう、今回は2点、凄いことが起こりました。
1つ目は鳥。
道路の真ん中に居たのですが、全然逃げないヤツが居ました。
しょうがないから、脇を抜けようとしたら、私が真横に来た瞬間飛び立ちやがりました。

ええ、踝に直撃ですわw
予想外に重く、生々しい衝撃でした。
横から体当たりされた格好ですが、鳥の頭突きはあんなに破壊力あるんですね。
ボウリング球とまではいいませんが、ソフトボールより重かったくらいです。

でも、タイヤに突っ込まれなくて良かったです。
彼(彼女か?)も即死でしたでしょうし、バイクも血塗れになったでしょうから。

2つ目は事故。
目の前で事故が発生しました。

浜松には自動車通りと呼ばれる、片側2車線の交通量が激しい道があります。
そこに信号のない路地から右折してきた爺ちゃんが、前の車の側面に激突。

神経を逆撫でする、嫌な音が辺りに響きました。
大したスピードではなかったと思いますが、リアタイヤのフェンダー辺りが大破。
見るも無惨なことになっていました。

危ないところでした。
四輪ならいざ知らず、私にやられてたら骨折してましたわ。
爺さん、何やっとんねん!
まあ、焦ってハンドルを切るのが早すぎたと思いますが、あんなの回避不可能です。
営業車の運ちゃん、気の毒に。

やはり、事故には気を付けないといけませんね。
峠よりも市街地の方が危ないな、と思った1日でした。
  1. 2016/06/06(月) 19:28:30|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボーナス380万ゲットォ!

世間を騒がせている舛添都知事ですが、ボーナス380万円を貰えることが確定したとか。
パニガーレSが余裕で買えますね。
このご時世に何とも景気のいい話です。

最近、何度か会見が開かれています。
一連の発言を見て思ったのが、私の予想を遙かに上回る人物だったということ。

ここまで金にセコく、恥を知らない人物だったとは。
某号泣議員が可愛く見えるレベル。
開き直り、傲慢な態度を見せる分、こちらの方が腹立ちます。

これほど外道という言葉が似合う人間も珍しいです。
こんなのが都知事に居座ってるようじゃ、この国の未来は真っ暗ですね。

ボーナスまで逃げ回ってると読んでいましたが、下手したらこのまま続投する可能性すらあります。
まったく、恥を知らない人間は強いというか、恐ろしい。
個人の横領は厳罰が適用されますが、これも同類だと思うのですが……。
投獄されないかなあ。

しかし、このままじゃ、百害あって一利なし。
一刻も早く辞めて貰わないといけません。
都民のリコールという手があるものの、今まで一度も成功した例がないそうです。

うーむ、やはりここは文春砲に期待するしか。
強烈なのを熱望していますw
  1. 2016/06/03(金) 20:09:57|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (167)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (71)
Blender (92)
競馬 (73)
映画 (34)
車/バイク (289)
狩猟/射撃 (90)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する