三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

上には上が

連日の激務でバイクに乗れない日々が続いています。
先日、仕事で東京へ行ってきました。

私は愛知出身なので、名古屋は庭みたいなものです。
その感覚からすると、浜松などは背伸びして都会に見せているように思えてなりませんw
何せ、数キロ離れれば海とか山ですからね。

そんな上から目線も渋谷を見て打ち砕かれました。
ちょっと写りが悪いですが、見て下さい、この人の山。
428_1.jpg
「たまげたなや~」と、思わず田舎言葉が出てしまいそうでした。
まあ、写真を撮ってしまう時点で、完全に敗北しているのですがw

ここ、有名なハチ公前みたいですね。
待ち合わせ場所によく使われるとか。
428_2.jpg
待ち合わせ場所としては名古屋にもナナちゃん人形がありますが、比べる事自体、失礼なレベルかと。

歩いている人も何となく都会臭がしますし、ネイティブな英語も耳に飛び込んできます。
さすが東京、さすが渋谷。
名古屋ごときで調子に乗ってすいませんでしたw

ただ、住みたいとは全く思いません。
こんな所じゃ、バイクも乗れませんし。
田舎最高!

……若干負け惜しみが入っているかも知れませんが、私は浜松を愛していますw
  1. 2016/02/28(日) 20:26:59|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高級ハムを食す

生命保険のマイルでカタログギフトが貰えました。
3千円相当の色々な品物と交換出来るのですが、思案の結果、食べ物に。

200gのステーキやフルーツなど目移りしましたが、普段買うことのないハムをチョイスしてみました。
届いたのはこちら。
Luxury_Ham.jpg
凄い高級感ですね。
これは期待大です。

中を開けるとハムとチャーシューが。
Luxury_Ham2.jpg
私の第一声は「これで3千円かよ」です。
写真だと大きく見えますが、これ、手の平サイズなのですw

まあ、良いでしょう。
味が肝心ですので。

スモークハムを適当に焼いて、ブラックペッパーを振り、焼きそばにトッピングしてみました。
Luxury_Ham3.jpg

普通。
余りにも普通なお味で。
正直、300円くらいのウィンナーとかと大差ない気が……。

こりゃ、3千円を出して買う物ではありませんね。
外でチャーシュー麺を3回食べた方が余程お得かと。
このぼったくり感、某店を思い出してしまいました。

まだ焼豚が残っていますので、そちらに期待かな。
つけ麺でも買ってきてトッピングしてみます。

やはり、ラーメン店のチャーシューは凄いと、あらためて思いました。
ちなみに浜松なら、「破天荒風雅」、「東勝軒」、「京蔵」というのが私のお勧めする3大つけ麺店です。
ラーメンなら「くろたろう」、「大喜」というお店ですね。

浜松に寄る機会があれば、是非食べてみて下さい。
どこも美味しいですよ!
  1. 2016/02/25(木) 19:59:19|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岡崎SAへ

「この風で行くって、正気か」と自問するほどの強風の中、新東名にある岡崎SAに行ってきました。
東名浜松から入り、三ヶ日JCTで新東名に乗るというルートです。

冒頭で書いた通り、風が洒落にならない強さでした。
ベタ踏みで頑張っているアルファードが居ましたが、グラグラと揺れる揺れる。
あんなデカい車は運転したことありませんが、怖くないのでしょうかね。

あと、上記のルートで新東名に乗る際、コーナーが結構きついので注意が必要です。
大型バイクで飛ばしていると曲がりきれないかもしれません。
特に強風の際はご用心。

着込んでいたので体は平気でしたが、顎が冷たくて死にそうになりました。
さすがに高速だと、ネックウォーマーをしていても駄目ですね。
壊死するんじゃないか、という危惧を抱きつつ走っていると、40分弱くらいで到着。

ちなみに岡崎SAに入る際のカーブはちょっと面白いです。
膝が擦れそうなくらいの急カーブで路面も良く、結構な長さもありますので。
まあ、車が沢山居るので、のんびり走るしかありませんが。

このSAは上りと下りで外観が大きく異なります。
こちらは下り側。
okazaki_tu.jpg

こちらが上り側。
和洋のコンセプトですかね。
okazaki_tu2.jpg

朝の9時過ぎでしたが、凄い人。
浜名湖SAもゴールデンウィークは大変な人になりますが、岡崎SAとは比べ物になりません。
その数たるや、まともに歩けないくらいで、誇張でも何でもなく1000人以上居ました。

こんな強風でバイクなんて居ないだろうと思っていましたが、わんさか居ました。
さすがバイク乗り。
皆さん、頭のネジが飛んでいらっしゃるw

私、高速道路を走るのは別に好きではありません。
新東名の道がどうとかも興味なく、目的は食の一点!

どうしても食べなければいけない物があるのです。
それは何かと言いますと、みそかつのお店、「矢場とん」のカツ。
ええ、並んで食べてやりましたとも。

味噌カツ丼、1200円。
okazaki_tu3.jpg

正直、食べる前は「かつさと」と大差ないのでは、と思っていました。
いやいや、とんでもない。
かつが柔らかいのなんの。
どうやって作ってるのでしょうね、これ。
味噌はかなり甘くて人を選びそうですが、私は好きですね。

ただ、1200円はいかがなものか。
カツサンドも860円くらいしました。
全体的に、あと200円くらい安いのが妥当ではないでしょうか?
でも、美味いのは間違いなしですので、一度は食べてみるのをお勧めします。

2階にガーデンテラスがあるとのことで行ってみました。
okazaki_tu4.jpg
人工芝が敷き詰められていて、子供の遊具が点在しているだけ。
子供連れの人以外は行く意味はなしですw

あと、静岡空港の大変美味しいソフトクリームがここにもあるとのことでしたが、人が多すぎて探せませんでした。

そうそう、何やらイベントもやっていました。
okazaki_tu5.jpg

このグループ、きらら岡崎という方たちなのですが、歌が心の琴線に触れました。
動画もありましたので、どうぞ。

いやー、いい歌ですね。
特にラストの盛り上がりが素晴らしい。
感動しました。
「何て歌ですか?」と尋ねたところ、「彩夏爛漫」という曲で、オリジナルだそうです。

CDを買おうかと思ったくらいなので残念です。
ボーカルが夏川りみさんを彷彿とさせる凄く綺麗な声ですが、一般人なのでしょうか?
そこも聞いておけば良かったですね。

缶コーヒーで温まり、ガソリンを給油して岡崎SAを後に。

矢作川だったかな、橋を支える上の部分? が凄いスケールでビビりました。
よくあんなの作りましたね。
あれは必見ですよ。

そのまま東名に入り、三ヶ日へ。
そう、ループ走行ルートですね。

が、私がいくら払ったかは伏せておきます。
どうもグレーっぽく、鬼の首を取ったように叩く人が居るかも知れませんのでw
仮に成功したとするならば、610円のはずです。
ちなみに三ヶ日は基本的に自動料金所なので、正規料金で払う場合は人を呼んで処理しないと駄目です。
そう、自動料金所なので、ETCがなくても……まあ、察して下さいw

さて、久し振りに走るオレンジロード。
ここにもライダーが沢山居ました。

やっぱり面白い道ですねえ。
路面が悪いのが難点ですが、力量を超えるようなことをしなければ、大丈夫。

……だと思うのですが、1台事故っているバイクが><
SS(CBR1000RRだったかな?)でした。
崖下に落ちてしまう箇所もありますので、走る方は本当に気を付けて下さいね。

隅々まで探索は出来なかったものの、かなり堪能出来ました。
大型バイクを手に入れたら、もう一度行ってみたいと思います。
その頃にはもう少し空いているはずですしね。

行かれる方は平日をお勧めしたいですね。
土日を避ければ、「矢場とん」とソフトクリームを同時に楽しめるかもしれませんので。

でも、この盛り上がりを堪能するのも一興かもしれません。
事故には注意して、楽しんできて下さいね。
  1. 2016/02/21(日) 22:10:56|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まこと愚かの極み

数日前、デッキバンで事故りました。
バックの際に停車していた車にゴツンと。

デッキバンは後方の視認性が悪い上に、独特の形状なので、気を付けてはいたのですが……。
私の車は無傷、相手の車はバンパーが数ミリ凹みました。
見積もりは来ていないのですが、恐らくは10万以上かかるでしょう。

日当1万円にも満たない仕事の最中の出来事。
稼ぎに行って、10万払う羽目になるというのは、間抜けにも程があります。

ここ数日は凄いショックで、落ち込んでいました。
10万あれば、大型自動二輪免許も取れました。PCを新調するのもいいですね。
ああ、欲しかったスルーナイトのLEDライトも買えたなあ。

自暴自棄になり、まどマギを打ちに行きました。
こんな時は死んだ魚のような目をして、スロットを打つしかありません。

すると、ほむらが物凄く頑張ってくれました。
遡行フリーズに加え、ワルプルは200近く乗せるのが2回と、無双状態。
煩悩ブレイカー禅という、仏教を馬鹿にしているかのような台と合わせて、5300枚ゲット!
ほんと、事故るのはスロットだけで十分ですね。

良かった良かった……と言いたいのですが、これは5スロなので2万程度です。
勿論、まどマギでART500ゲーム超を打てたのは幸せでしたが、傷は癒えません。

ほむらみたいに時間を巻き戻せたら、どんなに良かったか。
もう一生忘れられないくらいのトラウマになりそう。
まこと愚かの極みであります。

バイクでストレス発散しようにも、今週は鬼の連勤……。
とりあえず、日曜は何とか休めるので、高速道路をカッ飛んで来ますかね。
岡崎SAは凄い混みっぷりらしいですが、朝一なら何とかなるかな、と思っています。

書いていて、また泣きそうになってきました。
皆さんも事故にはくれぐれもお気を付け下さい。
  1. 2016/02/17(水) 22:50:41|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新東名がついに

いまいち利用価値を感じなかった新東名。
しかし、この度、ついに愛知県まで繋がりました。
いやー、長かった。

当然ながら、期待するのは岡崎、音羽蒲郡の渋滞解消です。
ここ、通ったことがある人なら分かると思いますが、いつも渋滞しているのです。

どれくらい酷いか。
以前、お盆に浜松から愛知まで帰った時のことです。
さっぱり動かず、下道を走ろうとしたらそこも混んでおり、何と5時間かかったことがあります。
あの時はMTのコペンに乗っていたのですが、本当にきつかった。
左足が完全に死んでいましたねw

バイクなら必殺のすり抜けという技が使えるものの、やはりリスクがあります。
空いているに越したことはありません。

実際にどれくらい解消されるかは、もう少し様子を見ないと分かりませんが、4分の1くらいに減ると予想されているようです。
その分、どこかが混む可能性もありますが……。

個人的に渋滞解消と同じくらい期待しているのが岡崎SAです。
ここは是非寄ってみたいのですが、高速代がネック。

しかし!
会社の人に聞いたのですが、ループ走行が使えるそうです。
例えばですが、東名の浜松から入って、新東名の岡崎SAまで行き、三ヶ日JCTで東名に戻って三ヶ日IC辺りで降りる。
下図のようなパターンですかね。
New_toumei.jpg

これなら浜松から三ヶ日までの料金で済みます。

ただ、これグレーっぽいです。
上記のルートを通ると、大体2時間弱はかかります。
ETCなら問題ないと思われますが、手でチケットを渡す場合、「何でこんなに時間かかったの?」とか突っ込まれそうです。
「三方原PAで休憩していました」と言えば大丈夫かもしれませんけど。

さすがに岡崎SAに行く為だけに、正規の料金を払いたくはないです。
直線ばかりの道なんて、走っていても楽しくないですし。

高速道路自体、無料にするという約束だったので、これくらいは大目に見て欲しいところ。
岡崎SAの過熱ぶりが収まってきたら、チャレンジしてみたいと思っています。

気を付けないといけないのは分岐を間違えないことですね。
これは本当に恐ろしい。
洒落にならない金額がかかりかねませんw

でも新しくて綺麗な内に行ってみたいですからね。
ここは退けないところです。

渋滞がなくても、ベタ踏みでも110km/hくらいしか出ないデッキバンは使いません。
まだ寒いですが、Ninja250で頑張ります。
どうだろ、空いていれば30分くらいで行けるかな?

行った暁には詳細なレポートを書きますので、お楽しみに!
  1. 2016/02/14(日) 21:00:15|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5億ドルの男

日本ハムの大谷投手、凄いですね。
ちょいちょい書いてきましたが、やはり桁外れです。

韓国ロッテとの練習試合で登板しましたが、メジャー全30団、約70人のスカウトが集まったとのことで、注目の高さが見て取れます。
かなりのプレッシャーだと思いますが、そこで結果を出すのが、この大谷という男の凄さ。
4者連続三振で2回を1安打無失点に抑えました。

メジャーの代理人が言うには、もろもろの条件を考慮すると、5億ドルの価値があるプレーヤーであるそうです。
5億ドルはともかくとして、日本人最高額になるのは間違いなしだと思います。

162キロを投げられる体躯もそうですが、特筆すべきは野球への意識。
個人的にはすでに田中投手やダルビッシュ投手を超えているんじゃないかと思っています。

野球界の至宝となれる逸材であることは疑いようなし。
バッティングも一流になれる素質はありますが、ここは投手に専念して早めにメジャー移籍を期待しています。
それには首脳陣の寛容な判断も必要ですが、まずは今年、怪我なく投げきることの方が大切ですね。

それにしても、残念なのはパ・リーグということ。
投げる姿をリアルタイムで見たいなあ……。
  1. 2016/02/12(金) 20:56:31|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

至高の天丼を求めて

天丼を食べに、磐田市にある天宏というお店に行ってきました。
前回、あり得ない値段のお店に入ってしまったので、そのリベンジとなります。

浜松からは20分くらいで行ける距離なので、ツーリングにはなりませんね。
こちらは外観。
レンガが良い味を出しています。
tenhiro1.jpg

これが敷地内(入り口近辺)です。
何という格式の高さか。
ひるんでしまい、帰ろうかと思ったほどです。
コミネマンなど完全にお呼びではない気が。
tenhiro2.jpg

しかし、ちょうどお店の人が居たので、話しかけつつ、潜入成功。
一見さんお断りでもおかしくないレベルで焦りましたw
内装も凝っていて、高級感あふれるお店です。

目当ての天丼。
お値段1200円。
tenhiro3.jpg

ちょっと量は物足りませんが、油がいいのか、胃にもたれない感じです。
1200円は妥当だと思います。

これに牡蠣フライ(900円)を付けても、例の天丼と同等のお値段です。
うーむ、際立つ某店のぼったくり価格。

天ぷらセットの松でも2700円くらいだったので、3000円あれば相当満足出来ると思います。
私の好きな親子丼とかも1200円と良心的だし、浜菜坊と同じく、リピートしたいお店です。

門構えにびびるかもしれませんが、一度足を運んで欲しいですね。
その後、某店に行って、クソッぷりを体感して頂ければ、と思いますw
  1. 2016/02/10(水) 20:03:56|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

背景が大変過ぎる

例のプロジェクトについて、進捗のお話を。
メインキャラの作成を終え、背景に取りかかっています。

キャラでかなりポリゴン数を使ったので、背景は省エネを念頭に作成しています。
自作PCを使用していますが、CPUが相当古いのです。
来たるレンダリング地獄に備えてということで、先手を打っておこうと。

大まかな部屋の家具配置は完了したので、手始めにエアコンを作動するリモコンを作ってみました。
省エネするにはなるべくポリゴン数を減らして、その分をテクスチャでごまかすという手法を取らないといけないのですが、これが非常に手間><

テクスチャを貼る前。
マテリアルも割り当ててないのでテカテカしていますが、気にしないで下さいw
P_Background.png

リモコンのテクスチャ。
勿論、これもBlenderで作っています。
こんな手抜きのリモコンでも、デザインから考えているので15分くらいかかってしまいました。
左側の黒線のやつは、側面用です。
え、裏? 裏なんざ、無視に決まっていますw
P_Background2.png

例によってローポリのリモコンをMark Seamして、Unrapしてという面倒な手順を行い、テクスチャを割り当て……。
完成です。
ここからだとそれなりに見えますが……。
P_Background3.png

近くからの画像。
P_Background4.png
うーむ、我ながら酷いクオリティw
分かってはいましたが、のっぺりしてしまいますね。
Bakeとかすれば、もう少しマシになるかもしれませんが、これだけで30分くらいかかっています。
そんなこと1個1個やってたら、確実に死ねるw

いやー、背景がこれほど面倒だとは……。
しかも、キャラ制作と違って、作ってても面白くないのでキツいです。
超速PCがあれば、気にせずポリゴンをガンガン使えるのですが、とりあえず本作は今のPCで頑張らないといけません。
心が折れて、えらい簡素な部屋になりそうな予感がw

しかし、注力すべきはアニメーションです。
最低限のクオリティで仕上げて、早くそちらに移らねば。

このペースだと、パニガーレがまたモデルチェンジしてしまいそうですねw
とは言え、一気に終わらせる魔法のようなテクニックなんてありませんので、地道にコツコツ進めるしか……。
まずは今月中の背景完成を目標に頑張ります。
  1. 2016/02/07(日) 21:23:40|
  2. Blender
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リベンジ・ザ・牡蠣カバ

前回の記事で休みだった、浜菜坊というお店に行ってきました。
滅多切りした某店と同じ、弁天島のお店です。

橋のところで工事をしていて、半端ない渋滞。
秘奥義すり抜けを久し振りに使ってしまいました。

注文したのはこちら。
牡蠣カバ丼セット。
kakikaba4.jpg
お値段、1600円弱でした。

牡蠣も大きいのが4つも入っていますし、蜜柑の皮?みたいなものがかかっていて、さっぱりしています。
串に刺さった玉ねぎも柔らかくてグッド。
少しボリュームが足りないのが残念なところです。

しかし、特筆すべきは店の雰囲気です。
内装が凝っていて、高級料亭といった趣があります。
プチセレブ感を味わうことが出来ます。

ここ、某店と同じように、テレビでも紹介されたみたいですね。
その割には、それほど混んでいなかったのですが、私はこちらのお店こそ、待ちが出るべきだと思いますね。
1000円くらいのお値打ちなシラス丼もありますし、リピートしたいです。

結論としましては、やはり、あの店がおかしいだけのようですw
弁天島で食べるなら、浜菜坊をお勧めしますね。
外観を見ると、ちょっと敷居が高い感じがしますが、私のようなコミネマンでも入れたので大丈夫!

間違っても○○○には行かないように、お気を付け下さいw
  1. 2016/02/05(金) 19:54:35|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牡蠣カバ丼を求めて

牡蠣カバ丼という食べ物を知っていますでしょうか?
牡蠣をウナギのように蒲焼きにして食する丼物で、浜松が発祥のようです。
ウナギが高騰した際の苦肉の策として生まれたとか聞きましたが、真偽の程は分かりません。

そんな牡蠣カバ丼を食べに、先日、弁天島に行ってきました。
島といっても浜松市内なので、ツーリングという程の距離でもないのですが、いい街でした。
鄙びた田舎といった感じで、海が一望出来るのが素晴らしい。
kakikaba.jpg
ジブリに出てきそうな雰囲気の街でした。
近場にこんな観光スポットがあるとは。

お目当ての店は浜菜坊というところです。
が、最早、恒例となりつつあるアレが……。
kakikaba2.jpg
いや、詳しく調べなかった私が悪いのですがね。
週一と思われる定休日を何で引くかなあ……。
こんなところでヒキを使うなら、スロットで中段チェリーを下さい。

しょうがないので、別の店に。
弁天島で知らない人が居ないレベルの有名店らしいのですが、店名は伏せたいと思います。
何故ならば!
ケチョンケチョンに書くからです。

頼んだメニューはこれ。
牡蠣フライ丼ですね。
kakikaba3.jpg
お値段1600円。

何でこれにしたかというと、他が余りにも高すぎたから。
天丼は全て2000円超え。
お子様天丼が辛うじて1800円という、超セレブ価格。

いや、美味ければいいのですよ。
しかし、正直なところ、庶民の味方、かつさとで食べた牡蠣フライ丼と大差ないのです。
牡蠣は多少大きかったですが……。

にもかかわらず!
平日の昼間なのに待ちが出るほどの人気っぷり。
皆、天丼とか刺身セットとか、高い物ばかり平気で頼んでいます。

立ち上がって、「この価格はおかしいではないか! 目を覚ませッ!」と扇動したくなりました。

これはあれですね。
セレブの集う場所、弁天島。
そうとしか思えませんw

私の率直な感想としましては、人気の上に胡座をかいた超ぼったくり店という印象です。
二度と行くことはないでしょう。
え、お前の舌がおかしいんじゃないかって?

いやいや。
知り合いにとてもグルメな人が居るのですが、その方の評価も「あそこは下らねー」です。

もしかしたら、魚センターのように観光客相手のぼったくり価格が横行しているのかもしれませんが、その真偽は牡蠣カバ丼を食べた時に分かるでしょう。

乞うご期待!
  1. 2016/02/04(木) 20:14:14|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

信じればコンセプトカーも

全くノーマークで、会社の人に言われて知ったのですが、スズキからイグニスが発売されました。
この車はモーターショーでコンセプトカーとして発表されたものでして、まさかこんな短期間で実売されるとは思いもよりませんでした。

このようなデザインです。
Suzuki_IGNIS.jpg
可もなく不可もなく、と言ったところでしょうか。
ハスラーみたいに一目見た瞬間、これは売れるという直感は起きませんでした。

ただ、イグニスの真価はスペックにあります。
馬力こそ91PSと物足りないかもしれませんが、何と車重が880kg(四駆は920kg)なのです。

この軽さは凄いです。
スイスポでも1トンは超えていますからね。
軽さは正義というのは、何も二輪の専売特許ではありませんので、峠などを走ると凄く楽しそう。

さらにハイブリッドでもあり、燃費も28.0km/lと上々。
荷物もかなり積めて、最安グレードのお値段は、何と138万円!

デザインはともかく、これは結構売れる……のかなあ?
残念ながら、私は食指が動きませんでした。

何故ならば、MTがないから。
これだけ走りに魅力がありそうなのに、何故、MTがないのか。
スイスポ、アルトワークスと被るからでしょうか?

あと、この価格ならハスラーも視野に入りますので、そちらを選ぶ人も多いかと思われます。
税金もありますし、何よりデザインでは惨敗ですからね。

どうせなら、こっちを出すべきだったのでは。
2015_suzuki_concept4.jpg
まあ、これだとワーゲンバスの二番煎じという誹りは免れないかもしれません。
ミニに乗っている人が、ミラジーノやハスラーの赤黒を見たら、憐憫の表情を浮かべながら溜息をつくかと思われますが(しませんかねw)、それと同じようなことが起きそうです。

ということで、やはり出すべきはこれ。
X-HEAD様です。
xhead1.jpg
やっちゃえ、スズキ!
馬鹿売れはしないでしょうけど、ある程度のジムニー層や他者の四駆マニア層を取り込めると思うのです。
勿論、この時代、2人乗りだと厳しいのは分かっています。
そこは荷台にカバーなどが付けることでクリア。
後部座席で寝られるとか、雨に濡れないように荷物が載せられるとか。

うーむ、手前味噌になりますが、何という素晴らしいアイディア。
想像するだけで、男心をくすぐられます。

安全な橋ばかりを渡る人生なんて面白くないじゃないですか。
たまには冒険してみないと。

X-HEAD、発売を信じています!
  1. 2016/02/01(月) 20:19:56|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (169)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (72)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (291)
狩猟/射撃 (91)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する