三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

ドラクエビルダーズを購入

一年ぶりくらいにゲームを買いました。
先日、ご紹介したドラゴンクエストビルダーズです。

発売日前に品切れの恐れがあるとか聞いたので、ツタヤのオンラインで予約しました。
初めて利用しましたが、最寄りの店舗に届けておいてくれる、ナイスなシステムです。

昨日は24時間勤務で取りに行けず><
本日、仮眠もそこそこに、ダッシュで受け取りに行きました。

何やらデカい袋が。
DQB.png

Amazonばりの巨大包装紙に入っておりました。
DQB2.jpg

体験版は引き継ぎが無かったので、イマイチやり込む気が起きませんでしたが、これはやばいです。
どうですか、この冒険心をくすぐられる広大なマップは。
DQB3.jpg
見えるもの全てを破壊出来ますし、その気になれば山だって作れます。
マインクラフトは未プレイですが、この手のゲームは自由度が半端ないですね。

気が付いたら3時間ぶっ続けでプレイしていました。
ゲームは1日1時間とは何だったのか。
こいつぁ、恐るべき時間泥棒です。

Blenderも進めないといけないのですが、相当の自制心がないと厳しいです。
ある意味、買って後悔しています。

3月末には本命のドラクエモンスターズも出ますし、ただでさえ少ない睡眠時間がさらに削られそうな予感。
いつもは皆さんにもお勧めするのですが、今回は複雑な気分ですね。

手を出す人は、覚悟の上、お楽しみ下さいw
  1. 2016/01/29(金) 19:10:02|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっとソフトボディまで

激務の合間を縫って、作業を進めているProject P計画。
やっとソフトボディの設定まで到達しました。

ソフトボディは講座で書いて以来、久し振りに触りました。
verが変わっているので、若干とまどいましたが、培った勘でクリア。

やってみると設定自体は難しくなかったものの、調整が大変ですね、これ。
設定したもので簡単にジャンプさせてみました。
Project_P_SoftBody.gif

髪、胸、腿辺りにウェイトを設定しています。
これだと見えないけど、裸体のお尻にも。
最も難しいのは胸でした。

揺れる時間とか揺れ幅の調整は簡単に出来るものの、余り揺らすと不自然ではないか、と悩みました。
適度に揺れる感じに仕上げましたが、もっと揺れた方がいいですかねえ……。
変態か、という突っ込みはなしで。
作品の性質上、一番注力すべき箇所となりますので、こだわらなければ!

あと、物理演算なので、服の下の裸体がはみ出たりするのを調整するのが、かなり大変です。
元画像だと、このパーカーの下にもシャツを着ているっぽいのですが、さすがに無理過ぎるので、割愛する方向にしますw
服が増えるほど大変になりますからね。

ちなみに、上の動画では上手くいっていますが、他の動作でどうなるかは分かりません。
最悪、服を着た画像は胸のメッシュを削除したものを使うとかする手法もありですね。

それにしても疲れました。
上手く行かず悩んだ時間を含めると、ここまでで100時間くらいかかってるんじゃないでしょうか。
すでに元を取るのは不可能ではないかと思っていますが、もはや止まれぬッ!(by弦之助) ですので、続けるしかありません。
とりあえず、気分転換として背景を進めようかと思います。

胸揺れとかやってみたい人が居るのであれば、講座にしますけど、どうですかね。
ニッチすぎるテクニックなのでさすがに居ないかなw
もしも、やってみたい人が居ましたら、コメント下さいな。

さーて、サッカー日本代表も劇的勝利を収めたことですし、もうひと頑張りしますかね。
  1. 2016/01/27(水) 21:33:46|
  2. Blender
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本人力士が10年ぶりに優勝

琴奨菊関がやってくれました。
モンゴル勢にほぼ優勝を独占(ほとんど白鵬ですがw)されていましたが、本当に久し振りとなる、日本人力士が優勝です。

何を隠そう、この私、若貴時代から相撲を見始めたので、結構、観戦歴は長いのです。
しばらく観ていない時期がありましたが、最近は時間さえ合えば観ていますね。

ちなみに、現在は特に贔屓の力士は居ないものの、嫌いな力士は居ます。
変化しまくる某力士ですが、名前は伏せておきましょう。

引退した中で言えば、朝青龍関が好きでしたね。
あのスピーディな相撲は大変に魅力的。
引退の原因となってしまったように、酒癖は悪いものの、裏表がない性格もどこか憎めません。
ボクシングでモンゴルが韓国に微妙な判定で負けた時、「キムチやろう!!」とツイートしたのを見て、さすがはドルジと膝を打った覚えがありますw

それにしても初場所の千秋楽は手に汗握りました。
贔屓力士は居ないと言ったものの、気が付いたら「がぶれ、がぶれ! よおぉーしっ!」と、声を上げていましたから。
職場で見ていたので、「熱入ってるねえ」と突っ込まれる始末。

今回は8割方の人が琴奨菊関を応援したと思われます。
相手の豪栄道関からすると、さぞやりにくかったことでしょう。
もしも、ここで某力士のように変化して勝とうものなら末代まで恨まれる可能性もありますのでw
膝を痛めた貴乃花関と戦った武蔵丸関に近い心情だったかもしれませんね。

あと、NHKはあざといと言うか、琴奨菊関のお父さんを映すのは止めて欲しかった。
周りに人が居るのに、もらい泣きしそうになってしまったじゃないですか。
あれはほんと、反則です。

来場所は綱取りにも期待が持てますね。
取り組み前の琴バウアー(背中を反るやつ)も定着していますし、人気横綱になれる素質は十分あると思います。
必殺のがぶり寄りで是非とも頑張って欲しいですね。

応援しています!
  1. 2016/01/25(月) 21:13:30|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大北海道展へ

現在、浜松駅の遠鉄百貨店にて、大北海道展なるものが開催されています。
ちょうど、所用で浜松に出たので、帰りがけに寄ってみました。

人、人、人。
北の大地への憧れなのか、半端ない人だかりです。
北海道産と聞くと、美味そうな連想をしてしまうのは、内地に住む者の悲しいサガでしょうか。

当然、出品されているのは食べ物ばかりです。
ソフトクリームなどもあり、食べてみたかったのですが、ディズニーランドのアトラクションのような並びっぷりに断念。
まあ、いかに北海道といえども、静岡空港のソフトクリームは超えられないと思いますが。

私が欲しい品は2つありました。

1つはウニ丼。
焼津で食べて虜になった私。
是非とも本場のウニを食してみなければ、と意気込んだのですが、値段を見て断念することに。
いやあ、2000円以上するのに、かなり小さくてw
これならバイクで焼津に行った方が、景色や走りも楽しめる分、お得ですからね。

で、こちらがメインの品。
マルセイバターサンドでございます。
butter sand
これだけはどうしても手に入れたかったのですが、人がそれほど居なくて、無事にゲットすることが出来ました。
このお菓子、知っていますか?

包装はこんな感じ。
butter sand2
何ですかね、この溢れる中華臭はw

バターサンドと白い恋人を知らない人が居るとしましょう。
見た目だけで判断する場合、9割の人が白い恋人を選ぶんじゃないかと。
歴史あるデザインのようですが、結構な売り上げストッパーになっていそうな気がしますね。

お菓子自体はこれです。
butter sand3

何の変哲もないように見えます。
「大したことねーじゃん」と思った、そこの貴方は早計というもの。

このバターサンド、包み紙から想像も出来ない味なのです。
私も会社の人に貰って知ったのですが、初めて食べた時は「なんじゃ、こりゃあ!」と、感動しました。

クリームが物凄くしっとりしていて、それほどレーズンが好きでない私ですらリピートしてしまうほどの完成度。
包装とのギャップもあり、インパクトは静岡空港のソフトクリーム以上でしたね。

欠点は消費期限が短いのと、こういうイベントしか売っていないことです。
一応、通販でも買えますが、結構な送料がかかってしまいます。
ちなみに本体自体のお値段は5個入が630円と、味からすると信じられないくらい良心的です。

この大北海道展は1月25日までとなっています。
近郊にお住まいの方は、是非とも足を運んで、マルセイバターサンドを食べてみて欲しいですね。
感動すること請け合いです!
  1. 2016/01/23(土) 20:00:34|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラゴンクエストビルダーズの体験版をプレイ

1月28日に発売予定のドラゴンクエストビルダーズ。
ドラクエファンの私は密かに注目してきたタイトルですが、本日、体験版がリリースされました。

これはやってみなければ、と早速プレイ。
マインクラフトをパク……いや、要素を含んだドラクエといったタイトルになります。

ちなみに私、マインクラフトは未プレイです。
面白いとは聞いていたのですが、何だか目的要素が希薄な感じがして敬遠しています。

そんな状況での感想となりますが……これはなかなか面白い!

スルメゲーと言えばいいでしょうか。
別段、アクションが凄いわけではありません。
素材を集めて家や道具を作るのを延々とさせられる感じなのですが、止め時が分からない面白さ。

てか、やはり音楽が素晴らしい。
相変わらず、オープニングテーマを聴いただけでジーンときますw
もう、反則ですわ。

惜しむらくはレベルアップがないことです。
ドラクエなんだから、敵を倒してレベルアップしたかった。
ただ、全く変化がないわけではなく、装備や種で強くなっていく系となっています。

総合すると、買いではないでしょうか。
大枚をはたいて買ったPS4ですが、ラストオブアス以降、半年以上ゲームを買っていない状況。
もはやブルーレイ専用機と化していましたが、やっと活躍してくれる日が来そうです。

とりあえずオープニングムービーだけ貼っておきますね。


この映像、フルレンダリングの映像なので、さすがにこれほどのクオリティではないですよw
しかし、さすがはプロの映像。服の質感が凄いですね。
実際のプレイ画面は飛び抜けて綺麗ではないものの、悪くもない。
「ああ、ドラクエだなあ」という、そんな感じの画質でした。

来週が楽しみで仕方ありませんが、発売日は24時間勤務日という><
仕事が明けたら、速攻買いに行こうと思っています。

PS4ユーザーでドラクエ好き。
そんな方は体験版を是非プレイしてみて下さい。
  1. 2016/01/22(金) 21:26:11|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久し振りの中段チェリー

二度と引けないのでは、と思っていた32768分の1の中段チェリー。
遂にその日がやって来ました。
久し振りというか、1年ぶりくらい?

機種は勿論、まどマギです。
個人的にもっとも面白く、一番引きたい機種であります。
引くタイミングにもよりますが、その威力はかなりのもの。

今回、引いたタイミングはART中のプチボでした。
盾役物始動かつ!!!表示だったので、もしやと思ったら案の定。
center_cherry.jpg
まさかの300G乗せ。
かなり薄いところを引きました。

一撃で300G乗せは初めての経験でしたが、ケツは浮きませんでした。
左リール止めた瞬間、3桁は確定というのが分かりますからね。

欲を言えばBIG中に引いてアルティメットバトルをやりたかった。
まあ、6戦負けの単発も何度か経験しているので、これで良かったのかもしれません。

残念ながらボーナスが800のゾーンまで引っ張られてしまい、2500枚ほどの出玉でした。
中段チェリーの恩恵は杏子エピソードでした。
Blenderで作っているからでしょうか?w
ほむら、出来ればまどかが良かったのですが、そこまで強欲だと罰が当たりますかね。

でも、かなり楽しめました。
大量のゲーム数に守られながら、温々とまどマギを打つ。
これ以上ない、至福の一時を過ごすことが出来ましたね。

ちなみにまどマギで実際にケツが浮いたのは、プチボ中にただのベルで100G乗せ、プチボ中にキュウベエ降臨辺りでしょうか。
予想外の出来事に直面した時、人はケツを浮かすのです。
逆にフリーズとかは浮きませんね。
その代わりに「……やった、やったぞ」と、感極まって天を仰いだりしますがw

今日は夜勤明けでしたが、明日は完全に休みです。
この風の強さと寒さではバイクも厳しいですし、Blenderの息抜きと称して、また打ちに言ってしまいそうw
でも、20スロで中段チェリーを50回くらい引かないと、パニガーレなんて買えませんからね。
作業を優先して頑張ります。

……でも、やっぱり行っちゃうかもしれませんw
  1. 2016/01/19(火) 21:19:57|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ZX-6R、生産中止か

カワサキの誇る、ミドルクラスSSであるZX-6Rですが、今回発売されたKRTエディションが最後になるかもしれません。
今まで噂は耳にしていましたが、実際、代理店であるBRIGHTのHPに終了致しますとの記載が。

BRIGHT

個人的にコスパは最高だと思うのですが、余り売れていないのかな?
一時、購入を迷っていた人間としては、ちょっと寂しいですね。

ただ、肩を落とすのはまだ早いです。
パニガーレがそうであったように、排ガス規制対応で、排気量が上がったモデルを出す布石の可能性もあります。
昔あった、ZX-7Rとか。

でも、ZX-10Rがありますからね。
SS自体が余り売れていないみたいなので、やはり、このままフェードアウトが濃厚かもしれません。

となると、最終モデルであるKRTエディションの価値は上がりますね。
配色も相当格好いいですし。
どうですか、これ。
ZX-6R_KRT.jpg

赤男爵のネギの値段を見てしまうと非常に悩ましくなりますが、仮に同じ値段であるならばネギよりKRTかと、私は思います。
買うとすれば、次モデルがどうなるかを見て決めたいですね。

四輪で言えば、この感覚はジムニーに近いものがあるかもしれません。
2017年にフルモデルチェンジするであろうニュージムニーを買うか、現行最終版を買うか、みたいな。

まあ、二輪だろうが、四輪だろうが、買うお金のない私には無縁の話ですが、購入を迷っている方の参考になれば幸いです。
ええ、結局悩ましいと言っているだけで、何の解決にもなっていないのですがw

買われた方は、末永く大事にしてやって下さいね。
立ちゴケはなしですよ!
  1. 2016/01/17(日) 22:02:21|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Shape Keyに躓く

何とか裸体のボーン設定が終わり、Shape Keyに着手しました。
クオリティアップの為に早くテクスチャを設定したいところですが、Shape Keyでアニメーション出来ないと、メッシュの変更が必要になってしまいます。
そうなると、UV展開をし直す羽目になって、二度手間なんですよね。

で、ここでまた躓きました。
いや、講座でご紹介した通り、設定自体は簡単なのです。
今回、浮上した問題点はこれ。

目を閉じた状態です。
ちなみに睫毛の色が白いのはメッシュを選択しやすくする為で、玉手箱を開けたわけじゃありません。
Shape_Key.png
まあ、これだけ見ると良さそうに思えますが、問題は……。

こいつです。
目蓋を閉じる過程で目蓋と睫毛が離れてしまうのです。
Shape_Key2.png

瞬きなんて早いフレームで行うので、この程度なら肉眼で確認出来るか怪しいものです。
よって、このままにしても良かったのですが、どうにも納得出来ず、色々考えました。

浮かんだ策は2つ。

1.目蓋と睫毛を別々のShape Keyにし、時間をずらす
2.絶対的Shape Keyを使う

1.は単純です。
下図のようにそれぞれを別のShape Keyに割り当て、目蓋を早めに動かそうというもの。
Shape_Key3.png
上手く行きそうではありましたが、速度に合わせたメッシュの調整が面倒というのと、実際にアニメーションさせる時、2ついじるのは大変です。

で、2を考えました。
これ、紹介していなかったというか、私も今回知った機能です。
簡単に言うと、複数のShape Keyを登録して、それを順番にアニメーションさせるという機能になります。
ようは、目蓋を3分の1ずつ閉じるShape Keyを作り、それを繋げるイメージです。

いや、凄い機能です、絶対的Shape Key。
好きなだけ微調整が効くので、鬼に金棒状態w
こりゃ、アナ雪レベルだって作れるわと思ったのですが、世の中はそんなに甘くなく、重大な問題がありましたorz

複数のShape Keyを順番に再生する。
と言うことは、瞬きではなく、口を動かしたい場合は?
そう、すべてのShape Keyが繋がるので、他の動きをつけるのが困難になります。

……余り伝わりませんかね。
いずれ、講座でご紹介したいと思いますので、お待ち下さい。

どうにもならず、溜息をつきながら、バイクで出かけました。
息抜きしないとやってられませんので。

しかし、浮かんでくるのはShape Keyのことばかりw
法多山の近くでしたかね。
信号待ちで腕を組みながら考えている時、突然閃いたのです。

これだ、と急遽帰宅し、PCを起動。
格闘すること約1時間。
上手く行きました!

何をやったか。
単純明快です。
何と、目蓋と睫毛を物理的にくっつけただけw

そりゃ、くっついていれば、隙間なんて出来ませんわな。
難しい機能、テクニックに頼ろうとしてばかりで、物事の本質を見落としていました。

折角ですので、レンダリングしてみました。
なかなか良い感じに動いていると思いますが、どうでしょうか。
少なくとも、マリベルを作った時よりは、クオリティが上がっていますね。
Shape_Key4.gif

次は服のウェイト設定して、いよいよテクスチャに取り掛かる予定です。
そこまで終わったら、また画像をアップしますので、お楽しみに。
  1. 2016/01/15(金) 20:55:11|
  2. Blender
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

トップブリッジ保護の弊害

Blender作業の息抜きに、バイクでラーメンを食べに出かけました。
これだけなら記事にするほどのものではないのですが……悲劇が起こったのです。

ラーメン屋に到着、さあ食べるぞ、とバイクを停めました。
冬場で乾燥していたからでしょうか、鍵を抜いた際に手が滑ったのです。
カランと不気味な音を立てて、カウルの中へ転がり落ちる鍵。

昔、ガソリンスタンドで1回やらかしたことがありますが、その時はキーホルダーが付いていたので、何とか引き上げることが出来ました。
しかし、この記事の通り、今は何も付けていません。

鍵単体だと引っかけるところもなく、また、運悪くかなり奥に入り込んでいたので、どうにもならず。
「仕方ない、カウルを外すか」と思ったのですが、工具を取り出すのに鍵が必要というw
もう、八方ふさがりです。

涙目で辺りを見回すと、家の基礎工事をしている作業員の方の姿が。
頼るしかない、と声をかけ、針金を借り受けることが出来ました。

カウルの中は日が当たらなくて暗いし、針金が上手く引っかからないしで作業は難航しました。
悪戦苦闘すること10分弱。
遂に鍵の救出に成功!

作業員の方にはお礼に缶コーヒーを渡しました。
いやー、あの人たちが居なかったら、こんなアホな理由でJAFを呼ぶところでしたわ。

こうして、無事につけ麺を食すことが出来たのですが、これ、山頂とかで起こったら、相当にやばいですね。
バイクをひっくり返すか、カウルを破壊しないと取り出せないレベルかとw
ネイキッドとかアメリカンならこんな心配は要らないのでしょうけど。

トップブリッジの傷には目を瞑り、キーホルダーを付けるか、鍵を抜く前にキーホルダーを装着させるか。
とりあえず、後者を心掛けようと思います。

滅多にない出来事ですが、皆さんも鍵の取り扱いにはご注意下さい。
  1. 2016/01/13(水) 21:05:03|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミニマグライトを購入

前回ご紹介した、マグライト3D。
頼りになる相棒ですが、いかんせんデカすぎる。
と言うことで、ハンディライトを購入しました。

選定は難航しました。
一番欲しかったのが、ThruNite TN36 UTです。
TN36.jpg
暗闇は明るければ明るいほど、心強いというのは揺るぎようのない真理。
こいつは18650充電池という高価な充電池を4本も同時に使います。
360ml缶ジュースほどの大きさにもかかわらず、MAX7300ルーメンを叩き出すという、もはや光学兵器と呼んで差し支えない代物であります。

が、断念しました。
だって、2万8千円ですぜ、旦那。
さらに電池代と充電器代もかかるので、総額で諭吉さんが4人必要という……。

単3を4本使うタイプもありましたが、それだと1000ルーメンくらいまで落ちるんですよね。
例え、それを買ったとしても、フラッグシップモデルであるTN36が欲しくて悶々とするのは明白だったので、諦めました。

他の18650電池を使う、700ルーメンくらいのものにしようかと思ったのですが、ここはブランドを優先。
ミニマグライトのPROモデルを購入しました。
MINIMAG.jpg

価格は4000円くらいだったかな。
このミニマグプロ、密かにマイナーチェンジされています。
現行モデルだと光量が上がっていて、単3電池2本で272ルーメンを出せます。
実際の光量はこんな感じ。
MINIMAG2.jpg
単3にしてはかなり頑張っている方だと思いますが、どうでしょうか。

3Dに比べると儚さを感じるくらい小さいので、携帯性も良いです。
スイッチがなく、捻ると点灯というのはちょっと使い難いかな。
両手が必要になりますので。

ただ、3Dにない素晴らしい機能もあります。
その名もキャンドルモード。
MINIMAG3.jpg
大層な名前ですが、ご覧のように先端のキャップを外しただけですw
でも、ランタンのように広範囲を照らしてくれるので、電気が全くない場所だと、安心感がありますね。
また締め直さないとOFFに出来ないのが、難点ですが。

個人的には多少太くなってもいいので、18650電池1本で500ルーメンくらいの明るさと、プッシュスイッチを実装してくれれば、至高の1本になるかと思います。

ミニといっても、マグライトであることに変わりはなく、相変わらず質感はグレートの一言。
さすがはMADE IN USA。MADE IN CHINAとは一味違います。
この1点だけでも、買って良かったと思いますね。
耐久性は分かりませんが、末永く活躍してくれるのを期待したいです。

お金のある人はTN36を是非試してみて下さいw
  1. 2016/01/10(日) 19:44:48|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

油山寺へ

近場ですが、袋井市にある油山寺に行ってきました。
国道1号を使って、浜松から30分弱といったところです。

行きがけにトラブルが。
国道1号を走っている最中、前のトラックから、手の平大の木片が飛んできました。
飛んできたのは見えたのですが、なかなか対応出来ませんね。
刹那のことですが、「あ、当たる」などと暢気に見守っていると、私のブーツにヒット。
ちょうど親指近辺でした。
これが痛いのなんのw
悔しいですが、バイクに当たらなくて良かったと割り切ることにしました。

油山寺の手前に、いい感じのワインディングがあって楽しめました。
短いのが惜しいところ。

そんなこんなで目的地に到着。
この城門、掛川城の本物のやつみたいです。
yusanji_tu.jpg

立派な銅像。
下敷きになったら死ねる大きさです。
yusanji_tu2.jpg

鈴を鳴らす時、視線を感じたのですが、気のせいでしょうか?
夜はかなり不気味かもしれません。
yusanji_tu3.jpg

煙を浴びて厄払い。
線香は30円です。
祈ったのは宝くじが当たりますように、ではなく、甥っ子の受験合格です。
いや、当ててくれるのであれば、宝くじの方も有り難く頂戴致しますがw
yusanji_tu4.jpg

脇道から上を目指します。
軽い気持ちでしたが、これがもう猟場のような険しさ。
バイクで色々な神社やお寺に行きましたが、ここは断トツにハードなお寺でした。
yusanji_tu5.jpg

10分くらい山道を歩いた先には、最初の銅像より小さなものが……。
yusanji_tu6.jpg

少し下ってまた登ると、目当ての場所に到着です。
yusanji_tu7.jpg

これ。
この三重の塔が見たかったのです。
残念ながら中には入れず。
中で座禅をしてみたかった……。
yusanji_tu8.jpg

目だったか、足だったかに効くという滝。
最初、「なるほど、ここの水を飲むのか」と水をすくいました。
しかし、よく見ると、蚊とかが浮いているではありませんか。
多分、観賞用でしょうね。
少なくとも、飲むというのは絶対違うと思いますw
yusanji_tu9.jpg

帰りは仙の坊というお店で食事をしました。
とろろがメインのお店みたいです。
一番人気のメニュー、唐揚げ定食。
1300円くらいだったかな。
yusanji_tu10.jpg

ここ、平日なのに半端なく混んでいました。
店は大きいし、料亭みたいな格式があります。
が、味の方は……まあ、特筆するべきものではないですねえ。
1000円くらいが妥当ではないかと。

帰りがけ、またもや国道1号でトラブルが。
木片が計3回くらい飛んできました。
2回は伏せる形で避けられましたが、最後のやつがメットにヒットw
半ヘルのハーレー乗りなら流血は必至だったでしょうが、さすがはショーエイ。
そんなものでビクともしません。

しかし、何ですかね、今日は。
晴れ時々木片?

「厄除け線香効いてねえやん」と突っ込みを入れつつ、帰宅。
神仏の加護なんてこんなものだな、と思った1日でした。
  1. 2016/01/08(金) 19:41:32|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マグライトを購入

世の中には懐中電灯マニアという人達が存在します。
今まで、そのような世界とは無縁だった私も、この度、その道に入り込んでしまいました。
仕事で使うライトを購入することになり、物色していたのですが、これが実に色々あるのです。

最近では手の平サイズで驚くほど明るいライトが沢山出ているのですが、九割方が中国製なのですよね。
もっとも、中国製といっても、レビューを読む限りでは一部を除き、信頼性は高いように見受けられます。
知り合いが使っていたライトを見る限り、実際の性能も高いのですが、ブランドイメージが……。

結局、マグライトというライトを買うことにしました。
正真正銘、MADE IN USAでございます。

このマグライトも色々な種類がありますが、私が買ったのは単1電池を使う、でかいヤツです。
その中でも3本使用の3Dと2本使用の2Dとあり、迷った挙げ句、「大は小を兼ねる」理論で3Dを購入。
お値段は約8500円でした。
形はこちら。
MAGLITE.jpg

「懐中電灯に8000円? 正気か?」と思う方も居ることでしょう。
私も当初は3000円くらいでと考えていたのですが、色々調べている内に感覚が麻痺してきましたw

決め手はこの無骨なデザイン……と、映画「ナイト・ミュージアム」の影響ですかねw
特に2では大活躍で、あれの影響が大きかった気がします。

何でも、アメリカでは実際に警棒代わりにも使われている代物だとか。
少し前のモデルで単1電池が6本のものがあるのですが、夜中の散歩で使っていた人が、警察に没収されたとかいう噂を聞きました。
6Dだと長さは49.5cmに達します。
さすがにそこまでいくと、もはや鉄パイプにライトを付けました状態なので、仕方ないかも知れませんw

マグライト自体、かなり頑丈なので、3Dでも成人男性が思いきり振り下ろせば、鎖骨くらいは折ることが出来るかもしれません。
まあ、女性が夜の散歩に使うのであれば、催涙スプレーの方が余程使えると思いますが。

2Dとの比較を表にしてみました。
MAGLITE2.png

圧倒的なのはランタイムですね。
Ecoで117時間というのは凄いかと。

「MAX、Low、Ecoでどれくらい違うんだ?」という疑問が浮かぶと思いますので、写真を撮ってみました。
MAXモード。
MAGLITE3.jpg
Lowモード。
MAGLITE4.jpg
Ecoモード。
MAGLITE5.jpg

この距離だと分かりにくいのですが、遠くまで照らした時や、天井に当てた時の手元の明るさは、やはりMAXモードがずば抜けています。

あと、私が感動したのは別売りで購入したホルダーです。
MAGLITE6.jpg
上図のようにベルトを通して腰にぶら下げたり、肩から垂らしたりします。
リングに差し込むだけのシンプル設計ですが、ライトの重さで凄く安定していて、使いやすいです。
これは一緒に買うべきオプションですね。値段も1000円くらいでした。

ただ、2Dで良かったんじゃないかと後悔しています。
いかんせん、デカすぎましたorz
別に武器として使うわけじゃないですからね。
相手がナイフを持っているのであればいざ知らず、丸腰の相手をこんなので殴って怪我させたら問題になりそうですし、投げて関節極めた方が早くてスマートです。
ええ、そんな機会もないと思いますがw

でも、満足感、所有感は凄くありますね。
ライトなんて明るければ明るいほど心強いものですので、600ルーメンは有り難いです。
中国製なら手の平サイズで1000ルーメンの物もありますが、この質感は得られませんので。

と言いつつ、小さめのやつも購入してしまいました。
無駄の極みかもしれませんが、やはり携帯性も捨て難くて……w

また、使ってみてからレビューしたいと思いますので、お楽しみに。
あ、買われるのであれば、2Dをお勧めします。
  1. 2016/01/07(木) 20:16:37|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

1日15分でマスターするBlenderトレーニング:第68回(ボーンで筋肉を表現)

私たちが肘を曲げると、上腕二頭筋が隆起します。
今回はそんな二の腕の動きを、ボーンで再現するやり方をご紹介します。

と、偉そうなことを言っておりますが、私も他のプロモデラーさんが公開しているサイトでやり方を知りましたw
なら書かなくてもいいじゃん、となりますが、説明が端折ってあったのか、そのままだとちょっと問題がありました。
完全版ということで、講座にしたいと思います。
若干、長くなりますが、色々応用が出来そうなテクニックですので、是非、目を通して下さい。

まず、人体ボーンを用意します。
通常、前腕のボーンは1本かもしれませんが、これは前回紹介したテクニックを使っているので、2本になっています。
今回のテクニックとは無関係なので、お好きなようにどうぞ。
Blender68-1.png

肩からボーンを1本生やします。
Blender68-2.png

ポーズモードにして生やしたボーンを選択します。
Add Bone ConstraintからStretch Toを選び、下図のように設定。
ターゲットボーンは前腕です。
Blender68-3.png

そのままHead/Tailを1.000にして、Resetを押します。
Blender68-4.png

テストしてみましょう。
前腕を曲げると、先程作成したボーンが縮みます。
Blender68-5.png

これで第一段階完了ですが、このボーンは邪魔なのでMキーから別のレイヤーに移しておきましょう。
そう、オブジェクトのように、ボーンも別レイヤーに移せるのです。
Blender68-6.png

ちなみに、表示したい場合は下記のタブから行います。
Blender68-7.png

次はもう一度、肩からボーンを生やします。
(下記の画像は分かりやすいように、先程作ったボーンを映していません)
Altキー + Pキーでボーンを分離しておきます。
Blender68-8.png

動かしたい筋肉のある場所、今回は上腕二頭筋ですね。
その辺りに移動します。
Blender68-9.png

ポーズモードに入り、作ったボーンを選択します。
Add Bone ConstraintからCopy Scaleを選択。
ターゲットボーンは最初に作った伸縮するボーンです。
その他の設定は下図の通りでOK。
Blender68-10.png

同じように縮めば完成……のはずですが、このままだと問題あり。
下図のように腕を下ろすと、筋肉用のボーンが追従してくれません。
Blender68-11.png

最初はCopy Rotationなどで対応しようと考えましたが、簡単な方法がありました。
筋肉用ボーンのParentを肩から二の腕のボーン(伸縮するやつじゃない、大元のボーン)にします。
これで追従してくれます。
Blender68-12.png

さあ、最後の仕上げです。
筋肉用ボーンのウェイトを設定します。
適当ですが、こんな感じに。
Blender68-14.png

テストしてみましょう。
無駄にレンダリングしてみましたw
Blender68-15.gif

腕を曲げると二の腕が膨らんでいます。
上手く行っていますね。

やってみると、意外と簡単だと思います。
しかし、応用方法は無限大。
例えば、スライムみたいなモンスターの伸縮などに使えそうですね。

集中講座はこれでひとまず終わりとなります。
また何かテクニックを見つけたら、ご紹介したいと思います。

それでは。
  1. 2016/01/05(火) 21:33:18|
  2. Blender
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒョードルはやはり強かった

明けましておめでとうございます。

年末の29日と31日はRIZINという格闘技TVを観ていました。
31日は他局も格闘技を放映したりと、昔の熱気が戻ったようで、格闘技好きの私としましては感慨深いものがありました。

このRIZINでは色々なカードがありました。
中には視聴率目当ての微妙なカードもありましたが、私はヒョードル選手が目当てでしたので、問題なし。

いやー、やはり強いですね。
往年の筋力はないはずですが、安定感が違いすぎます。
もう少し相手を選ばないと、完全に弱いものいじめになってしまいますね。

ボブ・サップ選手 VS 曙選手は微妙な結果に。
ボブ・サップ選手の後頭部打ちが物議を醸しているようですが、私は仕方ないと思います。
曙選手が殴ってくれと言わんばかりに、出血した側の頭を相手に傾けていましたからね。
まあ、怪我した箇所ではなく、反対のテンプルを左フックで狙えばKO出来そうではありましたが。
恐らく、如何ともし難いほどの実力差があります。

話題になっていた、男顔負けの体つきの女性選手、ギャビ・ガルシア選手はパウンドが見た目とは裏腹に可愛くて、笑ってしまいました。
個人的には女性が血みどろになるのは好きではないので、あれくらいが丁度いいと思います。
ただ、桜庭選手の時もそうですが、審判、止めるの遅いですね。

しかし、今大会で一番凄かったのは、選手ではなく応援席のあびる優さんです。
「おや? 会場にキジが迷いこんだぞ」と真剣に画面を見直してしまったほどの絶叫っぷり。
あれはもう、完全に鳥類の声でした。

さらに31日の放送でまたそのシーンを流すという謎の構成。
「また、これ流すのかよ」と声に出して突っ込んでしまいましたw

とりあえず、今後は視聴率目当てのマッチメークは止めて欲しいですね。
K-1が衰退したのも、それが一因かと思いますので。

PRIDE無き今、RIZINの躍進に期待したいですね。
  1. 2016/01/02(土) 20:06:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (183)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (76)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (299)
狩猟/射撃 (96)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する