三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

紅白歌合戦

ももクロこと、ももいろクローバーZが叩かれているようです。
紅白歌合戦に出場したかったものの叶わず、卒業宣言をしたのが理由みたいです。
発言をメディアが曲解した可能性もありますが、「何様のつもりだ」とか「調子に乗るな」とか書かれているのを目にしました。

長い歴史のある紅白歌合戦に、「アイドル風情が」といった感じなのでしょう。
しかし、私から言わせれば「NHK、てめーが何様だ」です。

そもそも出演の選考基準がさっぱり分かりません。
ゴールデンボンバーが出るのであれば、ももクロが出てもおかしくないのでは。
歌はスマッシュヒットしていますし、人気は五分以上のはず。

とりあえず、(ヒット曲は出てなくても)ゴールデンボンバーは人気があるので、いいとしましょう。
私も嫌いじゃないです。

だがマッチ、テメーはダメだ。
金屏風事件、忘れたとは言わせんぞ!
(どんな事件か知らない人はググって下さい)
私、未だにあの時の中森明菜さんは正視出来ないです。
泣いている女性の隣でヘラヘラ笑いやがって、男気0のクソ野郎が。

……ちょっと、熱くなってしまいました。
話を戻しましょう。

その他、大御所枠か何か知らないけど、疑問符が付く人が名前を連ねています。
これもよく分からない。
皆さん、本当に見たいのですか? と首を傾げてしまいます。

この世間が期待する出場者と、NHKによる出場メンバーの選定に大きな隔たりがあるのは一体何故か。
推測ですが、事務所の力関係などが第一基準にきているのでしょうね。
裏金なども飛び交っている……かもしれません。
いや、出場してもそれほどメリットもないし、それはないかな。
もう紅白の神通力なんて消えていますしね。

まあ、ももクロのメンバーには次に出場を打診された時、きっぱりと断って欲しいと思います。
頬を張られるに等しい屈辱を、勘違いしたNHKに浴びせてやって欲しいところ。

それほどの気概あるアイドルグループならファンになってしまいそうw
来年度、期待しています!
  1. 2015/11/29(日) 21:43:14|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウニ丼を求めて

体感風速5メートル以上の強風の中、再び焼津市へ行ってきました。
3回目となります今回の目的は、ウニ。
海鮮丼と共に食べた、あのウニの味。
私の心を捉えて止みません。

いやあ、しかし風が強い、強い。
手はかじかむし、メガネは曇るしで、幾度となく引き返そうかと思いました。
しかし、雨ならばいざ知らず、風ごときで引き返しては漢カワサキ乗りが廃るというもの。

伏せ気味に国道1号を50分ほど走り、無事到着です。
いきなり画像を公開しましょう。
これが2000円のウニ・イクラ丼じゃい!
yaizu_tu6.jpg
玉子は別品で100円です。

やはり美味し。
が、思ったよりウニが少ないのが難点。
味は合格ですが、量は全然足りませんでした。

帰りは150号です。
前回はジャンボ天丼に胃をやられ為に断念した、御前崎灯台に行ってきました。
yaizu_tu7.jpg
こ、これは……。
体感風速20メートル!
ご覧の通り、波も大荒れです。
yaizu_tu8.jpg
階段を下りたものの、ここらが限界。
砂つぶてが散弾と化し、顔を襲ってきます。
こんな状態の海に落ちようものなら、北島康介選手レベルの泳力があっても、溺死必至です。
yaizu_tu9.jpg
駐車場へと戻り、灯台を目指して登ります。
途中、綺麗な箇所がありましたので、1枚。
「さらばアドリア海の自由と放埒の日々よ」と、思わず紅の豚の台詞が出てしまう景色ですね。
yaizu_tu10.jpg

階段を登ったところに灯台があります。
yaizu_tu11.png
入場料は200円でした。
中はこんな感じで、螺旋階段となっています。
yaizu_tu12.png
一番上はこのように。
脇に出口があります。
そこは2枚上の写真の柵で囲まれた場所へと通じています。
yaizu_tu13.jpg
先程、風がやばいと言いました。
それは当然ながら、灯台の上でも変わらないわけです。

いやあ、Ninja250と共に数多の強風と戦い抜いてきた私でも、及び腰になりましたね。
iPhoneを吹き飛ばされそうになりながら、撮った写真がこちら。
yaizu_tu14.jpg
柵越しなのは、怖くて立てなかったからですw
緑色の点がMy Ninja。

逆側の写真。
Ninjaの勇姿に勇気づけられ、立ち上がってやりましたとも。
……撮った後、すぐに中腰で中へ避難しましたがw
マジで怖かった!
yaizu_tu15.jpg
帰り際、受付のおばちゃんに、「今日は風、強い方ですかね」と尋ねたのですが、「うーん、まあまあ」とのこと。
冬はもっと強くなるらしく、その時はさすがに閉鎖するそうです。
恐るべし、御前崎。

駐車場前にあったパシフィックカフェという場所で、コーヒーを飲んで帰ることにしました。
入ってびっくり、お洒落な店だからか、若い女性ばかりじゃないですか。
コミネマンが入る店ではなかったか、と後悔するも時すでに遅し。

そのまま出るわけにはいかず、カウンターへ着席。
スイーツ女子を見習い、コーヒーとデザートを注文しました。
yaizu_tu16.jpg
この2品で1091円だったかな。
高いですねえ……。

チョコレートは甘党の私でも辟易するほどの甘さ。
コーヒーは悪くないものの、私が淹れたコーヒーの圧勝です。
650円のスペシャルコーヒーも試してみたかったところですが、恐らくは私の勝ちは揺るがないかと。

さあ、帰るか、とNinjaに跨ろうとした時、海に謎の船が。
yaizu_tu17.jpg
何という大きさ。
海皇紀に出てくる海都かよ、とマニアックな突っ込みをいれてしまいました。
こんな船、あるんですね。

久し振りにガッツリ走れましたが、家に着く頃には左手が死にかけました。
SSでロングツーリングする人とか、握力60キロくらいありそうな気が。
それとも、ギアチェンジが少ない分、250ccより楽なのかなあ?

それはさておき、今日は本当に楽しかったです。
150号は御前崎灯台を抜けるルートが断然お勧めですね。
車は少なく、適度なワインディングもあります。
素晴らしいオーシャンビューも拝めますし、是非ともバイクで走ってみて欲しいです。

ただ、灯台に寄る人は、強風にご注意下さいね。
下手したら死ねますので……。
  1. 2015/11/27(金) 21:10:56|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銃の更新に

猟銃を所持すると、3年ごとに更新手続きをする必要があります。
書類をかき集め、本日、手続きに行ってきました。

書類さえ集めれば手続き自体は20分くらいで終わります。
が、書類が面倒ですね。

実技、座学の講習を終えた証明書に、医師の診断書、身分証明書、使用履歴等々、うんざりするほどの物量。
あとは実績のレシートとかも必要です。
そして、更新料が7200円。

これだけではありません。
この後、自宅訪問で保管状況の確認、近隣の人たちへの聞き込みがあります。

保管状況の確認はいいのですが、この近隣住民への聞き込みはどうなのか、と思いますね。
独り暮らしの賃貸マンションなんて、交流は皆無ですので。
「隣の人はどうですか?」とか聞かれても、「見たことすらないです」となってしまうかと。

最大の問題は、その時に「何の聞き込みですか?」と尋ねられた場合、猟銃の所持についてと伝えるとのこと。
この方が余程リスクがある気が……。
どうなんでしょうか、このシステム。

所持者もどんどん引退し、ハンター減少が嘆かれる昨今。
このようなシステムから改めないと、減少に歯止めはかからないでしょうね。
  1. 2015/11/26(木) 18:20:45|
  2. 狩猟/射撃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミラノショー、国産バイクは

イタリアはミラノにて、世界最大のモーターショーが開催されました。
EICMA、通称ミラノショーです。

この前、記事にしたパニガーレもここで展示されていたものです。
そのパニガーレが肩透かし感たっぷりだったのですが、国産メーカーはどうか。
いくつか気になったバイクを独断と偏見でピックアップしました。

まずはホンダ。
CBR500Rです。
cbr500r.jpg
KTMと被るかもしれませんが、このカラーは中々いいですね。
欧州だと47馬力以下、国内は400ccで発売されるらしいです。

CBR400Rが事実上のモデルチェンジとなるのでしょうか。
しかしまあ、クソッタレの免許制度が高い壁となります。
馬力は40ちょっとでしょうから、RC390並みに軽いとか、セールスポイントがないと厳しいでしょうね。

お次はYAMAHA。
MTシリーズのフラグシップモデル、MT-10。
MT-10.jpg
巷ではトランスフォーマーなどと言われていますが、確かにこれはw
でも、この何かが吹っ切れたかのようなライト周り、個人的には嫌いじゃないです。
熱がやばそうな気がしますが。

スズキからはGSX-R1000コンセプト。
gsxr1000p.jpg
まだコンセプトではあるものの、2017年モデルとなるようです。
今までの日本製スーパーバイクの中で最軽量、最大の馬力を誇るとのこと。
この物凄い期待感。
いいんですか、信じちゃいますぜ。

ただ、ただなあ……。デザインがちょっと……。
MT-10を見習って、ライト周りはもっとぶっ飛んで欲しいですね。
異形感こそがGSXと思っています。

まあ、優等生デザインはこちらに任せましょう。
我らがカワサキ。
すでに発表されていたZX-10Rですが、ウィンターエディションなるカラーリングが。
ZX10R-Winter-edition.jpg
うーん、やっぱり格好良いなあ。

……おや、スクリーンに何か付いていますね。
拡大してみましょう。
ZX10R-Winter-edition2.jpg
ち、違う。
そうじゃないんだ、カワサキさんよぉー。
漢字は隼に任せておきましょうや。

パニガーレに続き、国内メーカーも何だかパッとしませんでした。
もっとも、毎年H2みたいなインパクト大の発表は無理でしょうし、致し方ないかとも思います。
MT-10なんかは好きな人だと垂涎ものかもしれませんが、私はフルカウル派ですので食指が動きませんでした。
無論、買うお金もありませんw

少し気が早いかもしれませんが、ZX-6Rのモデルチェンジに期待したいですね。
10Rは200万超えそうだし……。
  1. 2015/11/24(火) 20:56:44|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボーンが最難関

マイルCSでサトノアラジンが4着となり、凹んでいます。
3着なら当たったのに……。

傷心状態でBlenderをいじっていました。
そこそこ出来てきたので、今日は作っているキャラをご紹介したいと思います。

何のキャラか分かるかな?
Project_P.png
検索で引っかかると困るのでキャラ名は書きませんが、赤とだけ。
元ネタを知っていたら分かるレベルにはなったのでは、と思っているのですが。

知らない人の場合、チンプンカンプンでしょうけど、キャラ選定の理由など。
当初、一番人気の黄色を作ろうと考えたのですが、調べたらすでに3D作品があったのです。
それもかなりハイクオリティのやつが。
じゃあ紫か、と思ったら、これもあったので、3番人気(と思われる)赤に。

ちなみに断トツの最下位人気は青だと思います。
スロットでも選べるのですが、選んでいる人、見たことありません。
演出の弱さも相俟って不吉すぎますw

現在はボーンのウェイトを設定中です。
こんな簡単な動作ならいいのですが、このまま手の平を左に向けようとすると、腕がへし折れますw
Project_P2.png
いきなり裸になっていますが、服のウェイト調整まで手が回っていないからです。
これくらいなら載せても大丈夫……なはず。

「こんなものを作っているなんて」と嫌悪感を抱く人も居るかも知れません。
しかし、すでに不戦の約定? は解かれております。
もはや、止まれぬッ!

とは言え、傍から見たら完全に変態の所業であることは否めないのも、また事実。
ただ、私はいたって大真面目です。
連日、職人のような眼差しで作業をしております。
私のような貧乏人がパニガーレに跨るには、これに賭けるしかありませんので。

しかし、本当にボーン設定が大変です。
ちょっと、いや、かなり舐めていました。
捩れ回避の為には、七面倒なIKなどを試してみることになりそうです。
上手く行ったらテストとして簡単な動画を作ってみようと考えていますので、お楽しみに。

このキャラクターのイメージカラーは赤。
私の欲しいパニガーレも赤。
何とか良い結果が出せるように頑張りたいですね。
  1. 2015/11/22(日) 22:04:11|
  2. Blender
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

侍ジャパン、敗れる

プレミア12にて、再び韓国戦を迎えた侍JAPAN。
今回は圧勝した前回と同じく、大谷選手が先発を務めます。
仕事が休みだったので、ポテチ、プリンなど、お菓子を買い込んでの観戦です。

一度やられた事で韓国も研究してくるはず。
いくら規格外の大谷選手でも打たれるのでは、と危惧しておりましたが、この21歳の若武者には無用な心配でした。

圧巻のピッチングで、あわやノーヒットノーランかというレベル。
これは体が完全に出来るであろう25歳くらいになれば、メジャーでも敵無しになるんじゃないかという大物っぷり。
本当に脱帽ですね。
怪我さえなければ、誰も比肩することの出来ないレベルのピッチャーになるのではないでしょうか。

が、そんな逸材でも、監督が交代を命じたら下がらなければならないわけで。

いやあ、クソ采配にも程がありますわ。
ノーヒットノーラン級の出来映えで、球数にも余裕があった大谷選手を引っ込めた挙げ句、則本選手で回またぎ。
ノーアウト満塁から制球に不安のある松井選手投入という気が狂ったのか、と疑われる継投策でこのザマですw
控えは沢山居るんだから、連打浴びた時点ですぐに替えればいいのに。

韓国には実力は折り紙付きのイ・デホ選手も居るわけで、いくらなんでも舐めすぎでしたね。
前回、5点差で勝ったのが行けなかったのかな……。

まあ、最後は盛り上がったので、良しとするしかないですね。
やはり、中田選手は持ってるな、という印象でした。
本当に頼れる選手です。

しかし、悔しいですねえ。
大谷選手もさぞ無念だったことでしょう。
最後まで健気にベンチから応援する姿に、涙を禁じ得ませんでした。

今日はこれでも観て、溜飲を下げることにしますかね;;

  1. 2015/11/19(木) 23:10:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パニガーレ959、遂に公開!

私が最も注目していたバイクである、パニガーレ959。
遂に姿を現しました。

デザインはこちら。
panigale959.jpg
うーむ、美しい。
このデザインは格好良いと言うより、美しいと言った方がしっくり来ますね。
イメージカラー、赤から変わったのかな?

勿論、赤もあります。
panigale959_2.jpg
ここで、「おやっ?」と思った方はなかかの観察眼をお持ちです。
そう、マフラーが違いますね。
排ガス規制絡みで、US仕様以外だとマフラーが2本出しになるようです。
日本も当然2本出しになるかと思われます。

動画もありました。

ZX-6Rもそうでしたが、この手のプロモーション動画は、何でこんなに格好良く見えるのでしょうか。

まだ英語サイトしかないので、私の英語力では細かい点まで訳せませんでしたが、899から馬力はアップして158馬力になる模様。
馬力アップはいいとして、気になったのが重量です。
乾燥重量で377lbs、約171キロとなります。

排気量が上がったので、多少重くなるのは仕方ないでしょう。
だがしかし。
フラッグシップモデルの1299は何と166.5キロなのです。

何でミドルクラスの方が重くなるの?w
大義名分であった軽さで負けている以上、もはや、価格以外に959を選ぶ理由がないような……。
一応、扱いやすいとかいう利点もあるかもしれませんが、158馬力を使い切れるかと言えば、プロでない限り無理でしょうし。

これもうミドルクラスを出す必要あるのかなあ?
そもそも、959ccってミドルと呼べる排気量ではない気がしますw

まあ、一番惹かれたのはデザインなので、細かいことは置いておきましょう。
959が出ることによって、899の値下げも期待出来ます。
安くなった899を購入し、差額でマフラーを交換という選択肢も全然ありかと思います。

2本出しマフラーなら耐えられる範囲の造形なので、色々進化したであろう959を買うのも一手。
思い切って1299を買うのもまた一手。
悩ましい選択になりそうですが、選択の幅が広がるのは良いことです。

何にせよ、一番の問題は重量ではなく、マフラーでもありません。
金ですのでw

このバイクに跨がれるのは、いつになるのか。
永遠に来ないということにならないよう、Blenderを頑張ります。

また、SAとかでパニガーレとの邂逅があれば嬉しいですね。
その際は涎を垂らしながら、撮りまくらせて頂きます!
  1. 2015/11/17(火) 17:50:28|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プレミア12が熱すぎる

皆さん、プレミア12、観ていますでしょうか?
今日はメジャーで活躍した投手を擁するベネズエラ戦でしたが、劇的なサヨナラで勝利しました。
相変わらず、中田翔選手が神でしたね。
正直、どんどん進行する番長化を懸念していましたが、これだけ打つのであれば大丈夫でしょう。

しかし、本当に面白い大会です。
際どい試合が多く、毎回手に汗を握る熱戦が繰り広げられています。

これ、日本戦だけでなく、他国の戦いも熱いのです。
プエルトリコ 対 台湾など、タイブレークで12回延長になった後、グランドスラムでプエルトリコが勝利するという、漫画のような展開にw
何でしょうね、この熱さは。

明日からは一発勝負になるので、更なる熱戦となること必至。
残念ながら仕事で観戦出来ないのですが、侍JAPANの底力を信じ、勝利を祈っています!
  1. 2015/11/15(日) 22:40:34|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第40回 エリザベス女王杯

さあ、エリザベス女王杯です。
ここから7連続でGIが続きますので、当てて勢いに乗りたいところ。

まあ、ヌーヴァレコルトは鉄板だと思います。
力も抜けているし、この馬場なので大外もそれほどデメリットにはならないはず。

ただ、オッズが酷いですねえ。
複勝なんて1.2倍とかですし。
よって、今回は相手探しのレースとなります。

しかし、その相手探しが難しい。
シュンドルボン辺りが来てもおかしくないくらいの混戦ぶり。
人気のルージュバックはさすがにぶっつけで厳しいと思いますし、ラキシスも近走がパッとしません。

ここは秋華賞2着で斤量が-2キロのクイーンズリングにしました。
何度も泣かされてきた馬ですがw

ワイドで2-18、1点買いです。
7倍程度つくので、オッズも美味しいですね。

期待しています。


レース回顧

蛯名騎手のマリアライトが1着。
体が絞れたのが功を奏しましたかね。

私が鉄板と言ったヌーヴォレコルトは2着でした。
複勝がもう少し高ければ、これを買っていたのですが。

クイーンズリングは力負けか、1ハロン延長が堪えたか。
途中までは熱かったのですけどね。
まさか、タッチングスピーチが巻き返すとは思いませんでした。

ああ、GI連敗記録、更新中……。
  1. 2015/11/15(日) 15:23:47|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加湿器で風邪対策を

随分と冷え込んできましたね。
この時期に恐いのが風邪。
数年前に初めてインフルエンザにかかったのですが、あれは死ぬかと思いました。
検査が早すぎたのか、陽性が出ず、漢方薬で治す羽目になりましたので。

今の仕事は風邪でホイホイと休めないので、対策として加湿器を購入しました。
購入する際に色々調べたので、記事にしてみます。

加湿器は大まかに分けて3種類あります。

・スチーム式
・気化式
・超音波式

スチーム式はストーブでヤカンを沸かすイメージです。
メリットは沸騰するので水が綺麗で、メンテが楽、デメリットは電気代が少し高い。

気化式は濡れたタオルに向けて扇風機を回すイメージですかね。
メリットは電気代が安い、デメリットは風で気化させるので、部屋が冷えてしまう。

超音波式は霧吹きを細かくしたイメージ。
電気代が安いのと、お洒落なデザインのものが多いです。
デメリットはカビや菌が繁殖しやすく、頻繁にメンテしないと健康を害する恐れがあります。

以上を鑑みて、私はスチーム式を購入しました。
購入したのはこちら。
価格は3000円弱でした。
kashituki.png

大きさはこれくらいです。
kashituki2.png

ポケモン風に言うと、効果は抜群だ! ですw
起動して10分もすると、明らかに潤っているのが分かります。

ただ、頭の近くに置いておくと、かなり暑いです。
正直、真夏か、と言いたくなるくらいの熱量でしたが、もう少し寒くなれば、暖房器具としても使えそうなので、良しとしましょう。

気になる電気代は1時間辺り2.7円らしいです。
1日10時間稼働で約30円。
それが30日だと900円。
うむ、確かに高い!
超音波式にすれば良かったかな……。
ちなみに超音波式の消費電力は、半分か、3分の1くらいになります。

肝心のメンテナンス性ですが、結構面倒ですね。
カルキが結晶化して性能が落ちるとかで、1週間ごとに簡易メンテをする必要があります。
スチーム式でこれだと、超音波式はどれだけ面倒なの、と気になるところです。

まあ、コストパフォーマンスには満足しています。
アロマポッドとしても使えますし。
3000円弱でこれだけの性能なら文句は言えません。

ただ、例によって……。
kashituki3.png
すぐに壊れないことを祈っていますw
  1. 2015/11/12(木) 19:34:41|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プレミア12、日本が好発進

先日から始まったプレミア12。
日本は非常に期待を持たせる、まさにオールスターというメンバーを擁しています。

初戦は思わず力が入ってしまう韓国戦。
日本の先発は大谷選手です。

いやー、久し振りにピッチングを見たのですが、桁外れですね。
まず、ストレートが圧倒的に速い。
しれっと161キロを投げるピッチャーなんて、初めてではないでしょうか。

そして、フォークも凄い。
フォークなのに140キロ以上あるというw
韓国も弱い相手ではないと思いますが、この投球の前には沈黙してしまうのも無理はないですね。

最後は少しヒヤリとしましたが、終わってみれば5対0の圧勝劇。
打撃、守備では坂本選手が八面六臂の活躍でした。

それにしても、やはり大谷選手はピッチャーに専念した方が良さそうに感じました。
体が完成する20代半ばになれば、チャップマン超えを期待出来るかもしれませんし。
バッティングも凄いので悩ましいところですが、早めの決断を期待したいですね。

毎年出てきている気がする、10年に1人の逸材という言葉。
大谷選手はガチで10年に1人の逸材かと思います。
いや、50年に1人くらいかもw

まだまだ熱戦の続く、プレミア12。
しばらくの間、楽しめそうです。
  1. 2015/11/09(月) 20:15:56|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハースストーンが面白い

先日まで、Blender作業の合間に星のドラゴンクエストをプレイしていましたが、誘惑に負けて初課金した挙げ句、飽きてアンインストールしてしまいましたw
ちょっと、イベントが作業すぎて辛すぎましたね。

で、高評価だったハースストーンなるゲームをダウンロードしてみました。
公式トレイラーはこんな感じ。

これはムービーなのでイメージが掴みにくいかもしれませんが、遊戯王っぽいゲームと言えば伝わりますかね。
開発はディアブロシリーズでお馴染みの鰤です。

まず、圧巻なのは吹き替えです。
私が一目を置いているギアーズオブウォーを彷彿とさせるクオリティ。
というか、もしやメインの声優はマーカス=フェニックス(ギアーズの主人公)では……。
相変わらず、いい声ですねえ。

そして、ゲーム内容ですが、さすが鰤だけあって、素晴らしいの一言です。
バランス調整も含めて、相当に頭の切れる集団が作っていると思います。

CPU戦も面白いのですが、対人戦はやばいくらいの熱さ。
敵にダメージを与える魔法を自分自身に撃ったりと、かなりカオスで笑ってしまいましたw
焦ると操作ミスしちゃうんですよね。

スマホゲームと言えば課金ですが、これは国内のガチャゲーに比べると相当に良心的です。
確かにレアカード等はありますが、プレイしていればポイントで交換出来るみたいなので、何万円も注ぎ込まないとダメということはありません。
この辺り、ガチャ至上主義の国内企業にも見習って欲しいですね。

しかし、本当に面白いです。
久し振りにハマリました。
面白すぎてBlenderが滞りそうなのがネックです。

無料でプレイ出来るので、是非遊んでみて欲しいですね。
  1. 2015/11/07(土) 19:25:15|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロボットがバイクに

東京モーターショーのヤマハブース。
色々コンセプトバイクが展示されていましたが、一際注目を浴びたものがあります。
それが何と、バイクではなく、ロボットなのです。

画像はこちら。
その名もMOTOBOT。
motobot.png
初めて見た時、これロボット必要か? と思ったのですが、よく考えたら四輪と違ってバイクは体重移動しないとダメですからね。
まあ、動く重りみたいなものでもいいはずですが、インパクトの面ではやはり人型に圧倒的なアドバンテージがあります。

凄いのは、ステアリング・アクセル・フロントブレーキ・リアブレーキ・クラッチ・シフトペダルを操作するということ。
人間の動きをトレースさせているようです。
直結して動かせば楽でしょうに。

「どこまで、バレンティーノ・ロッシに近づけるだろうか」
とあり、ロッシ選手を超えるのが目標だとか。
もしかしたら、追いすがってくるライダーを蹴飛ばして転倒させる機能も付くかもしれませんw
あれは本当に何だったのか。

一番気になったのは、どうやって停まるかです。
恐らくは最も難しそうな制御ではないかと思います。
この動画を見ると分かりますが、単純明快、補助輪でした。

個人的に、立ちゴケして頭を抱え込むモーションまで組み込めば、一気に愛着が湧くのではないかとw
四輪の自動運転とは比較にならないくらい難しいチャレンジだとは思いますが、頑張って欲しいですね。

しかし、R1M格好良いですねえ。
ロボットには勿体無いので、私に1台恵んでくれませんか……。
  1. 2015/11/04(水) 20:37:09|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第152回 天皇賞(秋)

1998年11月1日 1枠1番 1番人気、鞍上は武豊。
これ、競馬ファンならば、ある馬を思い浮かべることと思います。

今回、1枠1番で1番人気とはなりませんでしたが、武豊騎手が跨る強い逃げ馬が出走します。
以前も少し取り上げましたが、エイシンヒカリですね。

いきなりトップスピードでぶっ千切るというサイレンススズカとはさすがに比べられませんが、ここまでの戦績は9戦8勝。
勝率に関してはスズカを上回っています。

が、斤量は2キロ増え、距離も延び、マークもきつくなります。
スズカの弔い合戦として応援馬券を買うか、冷徹に予想するか、その取捨が難しいですね。
ファンとしての信条か馬券師(笑)としてのプライドか、といった感じです。

私の予想としてはラブリーデイが堅実だと思うのです。
実績も近走の調子も抜群です。
パドックを見る限り、エイシンヒカリは結構入れ込んでいますし。

が、ここは夢を買うことにします。
エイシンヒカリ複勝で行きます。
単勝じゃなくて複勝かよ、という突っ込みはなしでw

きっと、天国からサイレンススズカも見ていることでしょう。
声が枯れるまで応援します!


レース回顧

私、発走前から、目頭が熱くなっていました。
武豊騎手がどんな心情で跨っているのかを想像して。
スズカを意識しないわけがありませんから。

結果はご覧の通り。
クラレントが逃げていったというのもありますが、ペースはかなりスローだったので、力負けでしょうね。
入れ込んでいたのも影響したかもしれませんが。

勝ったのは予想通り、ラブリーデイ。
馬連の総流しでも大幅プラスでしたねえ。

まあ、今回はしょうがないです。
馬券で儲けたいのは勿論ですが、競馬はロマンですので。
さすがに天皇賞はあれなので、個人的にスズカのベストレースと思っている金鯱賞の動画を。

見たかったなあ、天皇賞の完走を……。
  1. 2015/11/01(日) 15:25:43|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (179)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (74)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (294)
狩猟/射撃 (94)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する