三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

車検とマフラー

多くの方が肩を落としたであろう、パニガーレのマフラー。
車検に通す為、というのは分かるのですが、一体、どんな測定をしているのだろう、と疑問に思い、色々調べてみました。

車検で使われるのは、近接排気騒音という方法で、音量を測定するマイクロフォンはマフラー端から45度後方の同じ高さで距離50cmに設置して測定、とのこと。

パニガーレ(1299)の本国仕様のマフラーはご覧の通り。
SBK-1299-Panigale.png
何でもパニガーレはエンジンノイズが凄いみたいで、例のクラッチカバーもその対策らしいのです。
つまり、本国仕様のマフラーだと排気音のみならず、エンジンの音も拾ってしまい、余計に厳しくなるというわけですね。

こちらは日本仕様のマフラー。
1299-Panigale_japan.jpg
こいつで50cm離せば、確かにエンジン音はほとんど影響なくなりそうです。

余談ですが、899の場合、排気音のみの音量なら本国仕様でもクリア出来るらしい、という情報もありました。
それほどエンジンノイズの影響が大きいみたいですね。
まあ、浜名湖SAで聴かせて頂いた、1199の本国仕様マフラーはかなりの爆音でしたがw
バッフル外していたのかな、あれ……。

それに引き換え、国産車はさすがです。
Ninja1000のアイドルと発進音を間近で聴いたことがありますが、Ninja250と大差ありません。
嘘つけ、と思われた方も居るかもしれませんが、これは大マジですw

回せばリッターバイクの咆哮を響かせるに違いありませんが、あれならマンション住まいでも気兼ねなく乗れそうです。
この辺りはさすが国産といったところですね。
確か6Rもパニガーレに比べれば、非常に大人しい音だったと記憶しています。

閑話休題。

(これ)の騒音規制欄を読んで、私がどうにも理解出来なかったのが、2017年から実施される追加騒音規定。
要は規制が緩くなるといった趣旨なのですが、加速騒音規制にかかるものと読めます。
なら、冒頭で述べた車検に使われる近接排気騒音には関係ないんじゃね? というのが素朴な疑問点。

この場合、新車登録はクリア出来ても、車検は通らない、といったことにならないのでしょうか?
本当に規制が緩くなるのかな……。
法規に詳しい方が居られましたら、是非ご教授下さい。

馬力は落ちてもいいから、外車はスタイリングを優先して欲しいですねえ……。
  1. 2015/08/30(日) 20:23:51|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイクのふるさと浜松 2015(後編)

バイクのふるさと浜松2015の後編をお届けします。
今回ご紹介するのは1メーカーのみ。
そう、あのメーカーです。
予想は当たっていましたでしょうか?

デデーン!
まずはドゥカティ、スクランブラーです。
bike_furusato_2015_10.jpg
バイクらしいバイクですね。
フルカウル派の私でも、この雰囲気はの良さは認めざるを得ません。

足つき評価は★★★★☆。
両足はべったりなのですが、重大な欠点が……。
これです。
bike_furusato_2015_11.jpg
このクラッチカバーやマフラー近辺が足にぶつかるのですね。
右足が外側に開く感じになるので、かなり気になりました。
走っている最中なら気にならないかもしれませんが、改善して欲しいところではあります。

さあ、それではメインイベントへと参りますかっ。
今回、私が心底驚き、見た瞬間、思わず駆け寄ってしまったバイクのご登場です。
1299 Panigale S!
bike_furusato_2015_12.jpg
秒速5センチメートルというトラウマになったアニメがあるのですが、あれのラストで明里に再開したかのような、感動でした。
少々、例えがマニアックでしたね。
つまり、生き別れた恋人に再会したかのような感動だったということです。

この格好良さは只者ではありません。
bike_furusato_2015_13.jpg

気になる足つき評価は……まさかの★★★★★!
シート高は830mmと、ZX-6Rと同じ数値。
ZX-6Rだと片足の踵が浮いてしまうのですが、これはべったりです。
恐らくは2気筒で車体がスリムという点が影響しているかと思われます。
1299からなのかもしれませんが、これほど楽なポジションだったとは。

車体もNinja250並みのコンパクトさなのに、リッターSSの馬力を秘めているという希有なバイク。
クラッチもかなり軽く、サーキットは勿論のこと、ツーリングも難なくこなせそうな印象でした。

左足がサスに干渉するとか聞きましたが、スタンドを立てて乗った限りでは、気になりませんでした。
bike_furusato_2015_14.jpg
画像を見ると干渉しそうに見えるのですけどね。

ただし、クラッチカバー、テメーはダメだ。
スクランブラーみたいに足を伸ばした際は気にならないのですが、ブレーキが物凄く踏みにくいです。
bike_furusato_2015_15.jpg
ご覧の通り、クラッチカバーとブレーキペダルの感覚が異常に狭いのです。
ただ、こちらに関しては対策品があります。

下の写真は浜名湖でお会いしたパニガーレ乗りの方のバイク。
このように透明なクラッチカバーが売っているのです。
mikkabi_tu13.jpg
交換は簡単そうですが、難点はお値段。
たかだか、この程度のパーツで5万円近くするのは、さすがはドゥカティといったところでしょうか。

何でこの使い勝手の悪いクラッチカバーが標準装備なのかと言いますと、車検の際のノイズ対策みたいです。
ただ、私は少し疑問を持ちました。
マフラーなら分かるのですが、こんなプラスチックケース程度で、車検が通る、通らないに影響を及ぼすのか、と。

実際に通らないとすれば違法改造になりますが、背に腹はかえられないと思います。
ブレーキ踏めなくて事故るよりは遙かにマシですからね。
マフラーならいざ知らず、クラッチカバーを替えただけでお巡りさんに呼び止められることもないでしょう。
2017年に外車の騒音規制が緩和されるので、その時に期待ですね。
無駄な出費を抑える意味でも、標準でクリアクラッチカバーにして欲しいです。

それにしても、本当に痺れました。
2回も跨ってしまいましたよw

確信しましたね。
このバイクこそ、私が長年追い求めていたものだと。
もう、買うしかない!

え、金は大丈夫かって?
所詮は2輪。
フェラーリじゃあるまいし、バイクの1台や2台、買えないわけがありません。
いざとなれば、必殺の10年ローンだってありますし。

そう、買えないわけが……。
bike_furusato_2015_16.jpg
半額でお願いしますッ!><

あと、例によって跨がれなかったのですが、899もありました。
bike_furusato_2015_17.jpg
いやー、白も格好いいですねえ。

だがしかし。
この非の打ち所のない素晴らしいデザインをぶち壊す、煙突マフラー。
本国仕様のテルミニーニョに替える人が大勢居るのは致し方ないかと。
相当の爆音なので、お巡りさんに捕まるかもしれませんが……。

そうそう、帰りに面白いことがありました。
道路に出る際、Ninja400、ZX-6R、そして私のNinja250と、カワサキグリーン3連発がw
凄い光景でした。

ZX-6Rの人は同じ方向だったので、ついていきました。
この方、細身のカワサキジャケットにレーシングブーツという出で立ち。
ステップもかなり高めの設定でした。

さすが、分かっておられる。
SSはかくあるべし、という姿を見せつけられました。
恐らくはサーキット通いしているのでしょう。
走り屋ではなく、レーサーといった感じでしたね。

1時間程度でしたが、凄く楽しめるイベントでした。
「パニガーレに跨った男」という称号も得ることが出来ましたしw

恐らくは来年も開催すると思いますので、バイク好きの方は、是非お越し下さい。
何だか、関係者みたいなコメントになってしまいました……w
  1. 2015/08/25(火) 20:37:39|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイクのふるさと浜松 2015(前編)

昨年同様、浜松で行われるイベント、「バイクのふるさと」へ行ってきました。
色々なバイクが跨り放題、B級グルメもあるよ、という素敵なイベントです。

時折、雨が降ったりという芳しくない天気でしたが、ご覧の通り大盛況。
300台近くのバイクが停まっていたんじゃないですかね。
bike_furusato_2015_1.jpg
ナンバーを見る限り、他県から来られた方も多かったようです。
その人たちは、さわやかでハンバーグを食べて帰るのではないかと思われますw

こんなチャンスは滅多にありませんので、例によって色々跨ってきました。
足つき評価と共にご紹介したいと思います。

ホンダのCBR1000RR? かな。
ガチのやつなので、さすがにこれは跨がれませんw
しかし、レプソルカラーは格好いいですね。
bike_furusato_2015_2.jpg

個人的に気になっていたデイトナ675。
bike_furusato_2015_3.jpg
足つき評価は★★★☆☆です。
片足が若干浮いてしまいますね。

BMWが誇るフラッグシップモデル、S1000RR。
bike_furusato_2015_4.jpg
足つき評価はデイトナと同じ★★★☆☆です。
外車の中では、一番信頼性が高いと思われます。

今回、私が3番目にびっくりしたのがこちら。
カワサキのH2!
見つけた瞬間、「マジで!?」と小さく呟いてしまいました。
bike_furusato_2015_5.jpg

足付き評価は……。
bike_furusato_2015_6.jpg
ご覧の有様でw
跨ってみたかったなあ……。

それにしても恐るべき存在感がありました。
立ちゴケしたら洒落にならない感も半端ないですw

ヤマハのR25。
どうせなら、Movistarカラーが見たかったですね。
bike_furusato_2015_7.jpg
足つき評価は文句なしの★★★★★。
両足べったりで尚且つ余裕があるくらい。
Ninja250にかなり近いですね。

MV AGUSTAのF4。
bike_furusato_2015_8.jpg
これも足つき評価はなし。
スタンドが不安定と書いてあったので、跨るのは止めました。
左端の価格を見れば分かる通り、倒したら洒落になりませんので……。
クラッチはかなり重かったです。

今回、2番目に驚いたのがこれ。
カワサキのH2R様です。
よもや、H2Rまであるとは……。
bike_furusato_2015_9.jpg
……空でも飛ぶのですか?
立ちゴケしたら確実に折れますね。
修理費も外車顔負けかと。

これは跨ることはおろか、触ることさえ禁止だったので、写真だけです。
OKだとしても、恐くて跨がれませんけど。

え、1番驚いたバイクは何かって?

フフフ。
それは後編にて。
予想しつつ、楽しみに待っていて下さい。
……あのメーカーが出ていないので、想像はつくかと思いますw
  1. 2015/08/23(日) 19:34:46|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

破格の848EVO

相変わらずバイクを物色していますが、遂に掘り出し物を見つけました。
DUCATIのSBK、848EVOです。

848evo.png

このバイク、定価が189万円なのですが、赤男爵のフェスタで何と159万円なのです。
30万値引きとは……外車は利益率が高いのでしょうか?
諸経費込みでも、以前に買ったコペンと同じくらいなので頑張れば何とか、といった感じです。
フェラーリみたいに絶対に手の届かない存在ではないのは、夢がありますね。

ちなみに値引きの理由は、現行のパニガーレ899の前モデルだからだと思います。
ZX-6Rもそうでしたが、赤男爵の場合、旧モデルはいきなり下がる傾向がありますので。

で、このバイクについて色々と調べました。
どうもサーキット向けに特化したマシンみたいで、ツーリングには向かないようですね。
EVOでない848の方が、ツーリングに向いているみたい。

あと、個体差もあるのでしょうけど、不具合が出る可能性も高い模様。
保障期間が終わると、とんでもない修理費を請求されるとか。
他にも構造上の問題で爆熱だったり、低速コーナーでエンストする、などというものまでありました。

普通に乗っているのにコーナーでエンスト……。
本当だとしたら、さすがに「それが外車ってもんだよ」や、「それがドカの乗り味だよ」なんていう魔法の言葉は通用しません。
下手したら転倒 → 衝突で死ぬ可能性がありますから。

それを考えると、同じフェスタである、ZX-6RやGSX-R750は何という圧倒的なコストパフォーマンスか。
848ccとは言え2気筒なので、マルチのZX-6Rなら互角か、もしかしたらそれ以上に速いかもしれません。
何と言っても国産車は信頼性がありますしね。

パニガーレ等に乗っている方がこの記事を見たら、どうせ買えもしない貧乏人がもっともらしい理由を付けて諦めようとしている、と思うかもしれません。
……ええ、全く以て、その通りでございます!

サーキットでコンマ何秒を競うほどの腕もなく、そもそもがバイクは見た目が10割と思っているくらいの人間です。
このスタイリングは、どストライクもいいところ。
吸い込まれるような美しさの深紅のカウルは、いつまでも眺めていたくなります。

信頼性抜群の国産車ですが、残念ながら造形美に関しては遠く及びませんね。
パニガーレと違って、標準マフラーのままでもOKなのもポイントです。
1299はマフラー交換が凄い大変みたいですから。

しかしまあ、こういったバイクは、「凄い値引きだ、これなら行ける!」ではなく、値引きがほとんどない正規ディーラーで買うものかもしれません。
何でも、正規ディーラーだとDUCATIのオーナーに登録されて、イタリアからメールが届くとか。
セレブになったかのような、物凄い特別感でしょうね、きっと。

恐らくはバイクを点検等に出した際、

「新しいモデルが出ましたよ」
「あ、そう。じゃあ1台入れておいて」

などと言える人間ではないかとw

正直、私には無理っぽいですね。
ローンで行けないこともないですが、ギリギリになります。
買いました、壊れました、という最悪のパターンになったら、盆栽となること必至。

淡い期待としては、1299が出たので、次はSBKのミドルクラスが新しくなるのではないかということです。
そうすれば、2世代前になるので、更なる値引きが期待出来そう。
あと30万円くらい引いてくれませんかねw

まあ、現在の30万円引きも凄いのは間違いありません。
セレブの方々、検討してみてはどうでしょうか?

でも、そんな人たちは、1299を買うのでしょうね。
現金一括で……w
  1. 2015/08/22(土) 21:34:11|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カキ氷が進化

電動カキ氷器を買ってからというもの、連日、ふわふわカキ氷を楽しんでいます。
先日、また法多山に行ったのですが、今度は紅ほっぺというイチゴソースのカキ氷を頼んでみました。

写真を撮るのを忘れてしまいましたが、これが衝撃の旨さ。
宇治金時しかあるまい、と思っていたのですが、まさかの伏兵が居た感じですw

一般的な認識だと、イチゴシロップにミルクをかけて……といったものを想像すると思います。
しかし、ここのカキ氷はイチゴシロップにイチゴジャム(ソース?)がかかっているのです。

シロップ以外をかける。
その発想はなかった。
早速、家で再現してみました。
kakigouri6.jpg
残念ながらイチゴシロップが売り切れだったので、シロップはかかっていません。
イチゴソースはヨーグルト用のものを使ってみました。

お味はどうか。
これはもはや、スイーツですw

ブルーハワイにブルーベリーソース。
kakigouri7.jpg
見た目はあれですが、カキ氷の範疇に入らない味です。
これは凄い。

何でも東京の方には氷自体がミルクティーになっているものもあるとか。
簡単に作れそうですし、それも試してみたいですね。

個人的にはコーヒーを使ってみたいところ。
黒いカキ氷なんて見たことないですが、ミルクティーが美味しいのであれば、いけそうな気もするんですよね。

新たなスイーツの誕生にご期待下さい。
……大失敗する可能性が高い気がしますがw
  1. 2015/08/19(水) 16:20:43|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

走り屋との邂逅

休みの日は朝5時に起きて、2時間ほど走るのが日課となっています。
先日、いつものコースにて走り屋と遭遇しました。

本当に走り屋かどうかは分かりませんが、私の前で加速したかと思うと、すぐに減速したり、左ウィンカーを出したりします。
Ninja250はあのルックスなので、速いバイクと勘違いされたのでしょうね。
初めての経験でしたが、「ああ、これ誘っているのかー」と気付き、少しついていってみることにしました。

が、すぐに断念。
いやあ、四輪を舐めていました。
速いのなんの。

プジョーの406という車だったと思います。
加速もさることながら、コーナーリングが圧巻でした。
地面に磁石で吸い付いているのか、と思うほど。

wikiで調べたところ、190馬力で0-100は7.9秒とのこと。
信号ダッシュなら何とかなるかもしれませんが、中間加速では無理なスペックですね。

「おのれ……6Rならば……」とは思いませんでした。
6Rの加速なら190馬力の車など話にならないはずですが、私の腕ではコーナーが曲がれず激突必至かと。
それにバンクの感覚が楽しくて走っているのであって、車と競いたい気持ちはありませんからね。

ただ、ああいうのを見ると、加速に不満が出てしまいます。
最高速は別に必要ないのですが、やはり、もう少しパンチ力が欲しいところ。

でも、なかなか得難い体験が出来ました。
別れる時に手を振りたかったくらいですw

また会うことがあり、流す程度の速度なら、後ろをついていきたいですね。
Ninja250では厳しいので、その時は6Rで出会いたいものです。
  1. 2015/08/14(金) 20:30:28|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

凱旋でAmazing Graceが

休みだったので、早朝にNinja250で走ってきました。
(面白い邂逅があったのですが、それはまた別の記事で)

その後、免許 + バイクの諸費用を稼がなきゃな、と思い、スロットへ。
前日1021ゲーム止めのGOD(凱旋)を打ちました。
リセットの可能性もありますが、5スロに加えて、前日は日曜だったので忙しくてリセットしていないのでは、という推察からです。

これが見事にハマり、500ゲーム弱で天井に。
V揃いだったので3個確定だ、と喜びつつ20ゲームほど回すと……。

突然、消えるBGM。
来ましたよ。
5個以上のストック確定のAmazing Graceが!


何という透明感のある歌声。
初めての経験でしたが、凄いですね、これ。
鉄火場に流れる場違いな清廉さ。
スロット打ちながら感動したのは初めてです。
というか、感動を通り越して、スロットで稼ごうとしている自分が恥ずかしくなってしまいました><

しかし、あれよあれよという間に、20連チャンして一撃6000枚弱。
止めた後、20スロのビンゴネオが400手前で捨ててあったので、打ってみたら1000円でヒット。
これがまさかのフゥアで777乗せという、考え得る限り、最高の展開に。
いやあ、6Rに少しだけ近付けました。

思ったのですが、ビンゴと凱旋では凱旋の方が遙かに完成度高いですね。
ビンゴは乗せてしまった後は消化ゲームですが、凱旋はいつGODが来るんだと、毎ゲーム、ドキドキ出来ます。
まあ、ビンゴもフゥアするかしないかの、あの独特の緊張感は凄いですが。

それにしてもAmazing Grace、本当に素晴らしい曲です。
歌っている人を知りたくて検索しましたが、不明みたいですね。
ポセイドンステージもいい音楽ですし、サントラが欲しくなりました。

ファフナーみたいにこれを聴くためにまた打ってしまいそうですが、当たれば聴けるシャングリラとはワケが違いますw
その分、聴けた際の感動は別格とも言えます。
機会があれば、皆さんにも体験して頂きたいところです。

ただ、チャレンジする際は5スロにしましょうね。
20スロだとリアルに死ねますので……。
  1. 2015/08/10(月) 21:32:35|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自宅でフワフワかき氷を

猛暑という言葉がスタンダードになりつつある、今日この頃。
法多山で食べたかき氷が無性に恋しい。

しかし、この炎天下、現地まで食べに行くのは一苦労です。
なら作っちまえ、と自宅でフワフワかき氷を作ってみることにしました。
さわやかのハンバーグを再現した私なら、きっとやれるはず!

とは言え、削る道具がなければどうにもなりません。
今回、購入したのはこちら。
ドウシシャのかんたん電動氷かき器です。
3000円くらいでした。
kakigouri.jpg

中に氷を入れて、ボタンを押すだけの簡単設計。
20秒もかからぬ内に完成です。
定番のブルーハワイをかけました。
kakigouri2.jpg

ひんやりとして美味い、美味いのですが、何かが違う。
調べた結果、どうも氷を薄く削らないと、ふわふわにならないようです。
が、この機械、手軽な反面、刃の調整が出来ないという欠点があることが分かりました。

我ながら無駄の極みだと思ったのですが、どうにも納得出来なかったので新しいのを買いましたw
同じくドウシシャの電動本格ふわふわ氷かき器です。
刃の調整機能が付いている本格派。
お値段は5000円くらいです。
kakigouri3.jpg

見た目は凄い存在感なのですが、作りはかなりちゃちいです。
強度が足りないらしく、足だけ持つと本体がしなる感じ。
だがしかし、能力は圧巻の一言。
スピードもさることながら、カンナで削ったかのように薄い氷がどんどん出てきます。

左が3000円、右が5000円のものです。
荒さの違いが分かりますでしょうか?
kakigouri4.jpg

かき氷なんて所詮は水なので、食感が命みたいなところがあると思います。
この素晴らしく、きめ細やかな氷にamazonで手に入れた、宇治シロップをかけて……。
完成です!
kakigouri5.jpg
練りチューブの小豆なので見た目はあれですが、味は法多山に遜色ないレベル。
強いて言うなら水の質をもう少し何とかしたいかな。
ミネラルウォーターをゆっくり凍らせれば、味、透明度共に完璧になるかと思われます。

いや、これは最高です。
最近はフル稼働で壊れないかが心配な程。
原価なんてタダみたいなものですから、元はすぐに取れることでしょう。
法多山なんて、一杯550円ですからね。
めちゃくちゃ儲かるじゃん、と思ってしまいましたw

記事を読んで買ってみようと思った、そこの貴方。
少し値が張りますが、買うのであれば、電動本格ふわふわ氷かき器を。
間違いなく幸せになれると思います!
  1. 2015/08/07(金) 21:50:06|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネギカラーの在庫

多少は涼しくなる夕方を狙って、Ninja250のオイル交換をしてきました。
とは言え、信号待ちだと死ねるレベル。
整備士さんに悪いことしましたかね……。

以前にZX-6Rのネギカラーが安くなったと書きましたが、色々話を聞いてきました。
気になる在庫は……潤沢でございます!
31台あるとのこと。
恐らくは来年にフルモデルチェンジなので、在庫一掃セールって感じですかね。

ローンを組めば、諸経費分として現金を5万円くらい用意すればいいみたいです。
まあ、問題(金)を先延ばしにするのもあれなのですがw

でも、これかなり魅力的な選択肢だと思われます。
何しろ、先々月と比べて、10万円以上安くなったので。
モデルチェンジ後のモデルが発表されれば、更なる値下げも期待出来ますが、さすがにそこまでは残っていないでしょう。

勿論、ニューモデルを買う選択肢もあります。
ありますが、この円安では値段が上がることは間違いなしです。
現行モデルのデザインは文句なしなので、少なくとも外見で嫉妬することはないかな、と。

恐れているのはガツンと軽量化されることです。
今が192kgなので、これがGSX-R600並みの186kgくらいになると、物凄く悔しいw
たかが6キロ、されど6キロですからね。

しかしながら、それらを差し引いて考えても、このネギカラーを買う(ローンだけどw)のはアリもアリ、大アリではないでしょうか。
私の場合、まだ大型二輪免許がないのですが、後から取っても免許応援キャンペーンで3万引きも出来るみたいですし。
バイクを注文して跨るのを楽しみにすれば、教習所通いもウキウキでしょうしね。

とりあえず、先月あったデッキバンの車検代がきついので、少なくとも今月の給料日までは様子見です。
免許代もかかるし、もしも買うとすれば今年の狩猟はやれないでしょうね。
狩猟税の減税も一部の人だけ対象みたいですし。
銃の更新もあるので、いずれにしてもカツカツですがw

同じような境遇の方、行ってみては如何でしょうか!
ただし、1台は残しておいてと、切にお願いしますw
  1. 2015/08/04(火) 20:08:45|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Ninja250、2016年モデル発表

Ninja250の2016年モデルが発表されました。
メーター周りのデザインが変更となったものの、残念ながら基本的な仕様は変更なしです。

例によって、カラーは変更されています。
メタリックカーボングレー。
Ninja250_2016_1.jpg
キャンディバーントオレンジ。
Ninja250_2016_2.jpg
スペシャルエディションのライムグリーン×パールスターダストホワイト。
価格は上記2つより、1万6千円程アップ。
Ninja250_2016_3.jpg
ABSモデルのキャンディプラズマブルー×メタリックグラファイトグレー。
Ninja250_2016_4.jpg

ABSモデルに青が来たのは評価出来るかと思います。
買うならこれでしょう。
しかし、その他は年を重ねるごとに配色が悪くなっている気がします。
特にこれぞカワサキ、と言わんばかりの黒配色ライムグリーンがないのは痛いですね。
ZX-6Rだと格好いいネギ色も、Ninja250の場合、何だか高級感を感じませんし。

馬力で上回るR25も出ていますので、Ninja250にも大がかりな梃子入れが欲しいところです。
スズキが250ccのGSX、ホンダが2気筒CBRを出せば、250ccも盛り上がるはず。
2社の躍進に期待ですね。
  1. 2015/08/01(土) 09:56:21|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (169)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (72)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (291)
狩猟/射撃 (91)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する