三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

膝擦りキャンプ

最近、暇さえあればバイク関連の動画を見ているのですが、面白い動画があったのでご紹介したいと思います。
その名もヒザスリキャンプ。
バイクや車のインプレッションでお馴染みの丸山さんが教官となって、膝の擦り方を教えてくれるといった内容です。


何が面白いかというと、この軍隊形式のノリです。
映画フルメタルジャケットのブルーレイを持っている私にとっては、かなりのヒットw
一点、注文をつけるとすれば、参加者のノリがもう少し欲しいところでしょうか。
映画を観てから参加すれば、「サー、イエッサー!」のかけ声も、もっと気合いが入るのでは、と思います。

この動画の中盤に竹刀で足を開かせるシーンがありますが、見て驚きました。
ここまで足を開くとは。
今まで擦れなかったのも頷けます。

ただ、サーキットならいざ知らず、公道でここまで足を開いて擦るよりも、リーンウィズで曲がった方が圧倒的にスムーズで速い気がしないでもないです。
無理膝になって転倒という可能性もあるかもしれません。

先日、大型バイク同士が激突し、双方が死亡という痛ましい事故がありました。
片方が対向車線にはみ出したようですが、車線をはみ出さないのは最低限のルールかと思います。
丸山さんも言っておられますが、膝を擦るにしても安全なマージンを取らないと駄目ですね。

皆さんも安全第一で、バイクライフをお楽しみ下さい。
  1. 2015/06/29(月) 20:33:42|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新型コペンに試乗

先日、車検の際に乗った試乗車。
大方の予想はついていたかと思いますが、新型コペンです。

「新型コペンの試乗出来ますか?」
「旧型ならあります」

というやり取りがありました。
旧型なら乗っていたよ、と思いつつ、試乗車を見てみると、何とこいつが。
new_copen.jpg

なるほど、確かにこれも旧型となるか。
でも、違いはガワだけですから、旧型という言い方はしっくり来ないですね。
(以降、旧コペンは先代モデルということにします)

旧コペンに5年間乗っていた私の目から見て、新型をチェックしてきました。

まず、驚いたのが、エンジンスタートがプッシュ式になっていたことです。
何ですか、このハイテク装備は。
しかし、キーのバッテリーが切れたらどうなるのか、という懸念も。
差し口は見当たりませんでしたが、鍵を差しても起動するのですかね。

相変わらず、シートはいいです。
フニャフニャではなく、しっかりと体をホールドしてくれます。

そして、やはりアイポイントが低い。
ジムニーよりも高いデッキバンに慣れているので、少し恐かったです。

残念ながらCVTでしたが、マニュアルシフトもあったので、試してみました。
こんな感じで、上下に動かしてシフトチェンジします。
new_copen2.png

でも、これ引っ張ると、ある程度の所で自動でギアが変わってしまうのです。
負荷をかけない為の措置なのかな?
MTみたいな使い方は難しい感じでした。

加速はどうか。
やはり、Ninja250と比べてはいけませんね。
ウサギとカメみたいな感じ。

ただ、Ninja250を確実に上回っている点が1つ。
それは音です。

何だ、この音。
思い切り踏み込んだ時の音は、紛れもなくスポーツカー。
試乗が終わった後、「マフラーはノーマルですよね?」と尋ねた程です。

しかし、クソだな、と思った点もあります。
私は初体験でしたが、アイドリングストップです。
右折待ちとかから発進する際に、ワンテンポ遅れるし、邪魔以外の何者でもないですね。
OFFに出来るのかもしれません……が、そもそもMTなら付いていません。
MTに乗りたかったなあ。

燃費表示もあったのですが、私が踏みすぎたのか、7.4kmとかにw
高速走ってもそこまで落ちないはずなので、測定するやり方とかがあるのかもしれません。
ちなみにCVTが25.2㎞/L、MTが22.2km/Lです。
先述したように、MTはアイドリングストップがないのですが、実燃費に近い数字が出るので、実際は3kmも差がないのでは、と見ています。

ハンドリングは相変わらずクイックで、船舶のように揺れるデッキバンのコーナーリングとは雲泥の差。
剛性感は旧コペンよりも間違いなく高いです。
オープン状態で旧コペンのクローズ状態並み……は言い過ぎか。

短い距離でしたが、久し振りに車を運転して楽しいと思えました。
狩猟なんて趣味がなければ、これに買い替えていたかも。
これだけ出来がいいと、ドレスアップパーツとかも全部付けたやつを注文したい気分になりました。
S660に270万円出した人も、こういう心境だったのかもしれませんw

私個人としては、買われる方には、是非MTをお勧めしたいですね。
最近ではAT限定免許が主流のようですが、下取りを考えた場合、限定解除しても元が取れるかと。
何よりもMTで走る時間はプライスレス(笑)ですから。

いやー、本当によく出来た車でした。
予想通り、丸目コペンはかなり注文が入っているとのこと。
購入を迷っている方は、試乗したら一発アウトかと思いますので、ご注意下さいねw
  1. 2015/06/27(土) 08:38:15|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デッキバンを車検に

デッキバンを購入して、はや2年。
この車は軽貨物なので、初回の車検が3年ではなく、2年で来ます。
ダイハツにて車検に出してきました。

本当はユーザ車検を受けようと考えていました。
36000円ほどで車検を通せたという話を、知人から聞いておりましたので。
が、メンテナンスノートを見てみると、ダイハツで点検を受けないと、壊れても知らねーよ(かなり意訳)と書いてあったのです。
この車は5年以上乗ろうと思っているので、それは困るな、ということで、ディーラー車検を受けることに。
今までは気にしていませんで氏が、費用の内訳がよく分かりました。

まず、税金等、純粋に車検にかかる費用が45950円。
この内、代行手数料(車検場に持っていく費用)が12000円くらいだったので、知人の36000円とほぼ一致します。

さらにここから42671円かかりました。
基本点検が15500円、保安確認検査が目視1500円、機器7000円。
残りがエンジンオイルやブレーキフルード、ワイパー交換費用等です。
タイヤローテーションはサービスでした。

つまり、このディーラーで行った点検費用が高いということです。
うーむ、こうやって洗い出すと、本当に高いですねw

まあ、グリスアップ等もしてくれたみたいで、かなり快適に動くようになりましたが。
シフトチェンジもハンドリングも見違えるように軽くなっています。

しかし、凄い事実が判明しました。
待っている間、ディーラーがウェイクはどうですかと、見積もりを出してくれたのです。
そこにあった、デッキバンの下取り価格。
何と、80万円!

これ、凄くないですか。
ローンの残債を完全に上回っています。
そんなに需要のある車なの?w

売ってバイクを買い替えてやろうか、という考えも頭を過ぎりましたが、何だかんだ言って車がないのは不便ですからね。
射撃や狩猟にも行けなくなるし、食料品のまとめ買いも出来ません。

しかし、この下取り価格は嬉しいです。
ハイゼットもモデルチェンジの噂があるのですが、それでデッキバンにベージュ色が出たら買い替えようかな、とも思ってしまいます。
ベージュというのは、こんな感じ。
la70.jpg
この色のデッキバンを所々に赤錆が浮くくらい使い込んだら、かなり味のある車になるのではないでしょうか。
塗装するという手もありますが、塗装代だけに20万とか出すのは……。
新型なら燃費も向上するでしょうし。

あと、試乗車で凄いのに乗ってきました。
が、記事が長くなったので、次回へ。
ダイハツということで、予想はつくかと思いますが、お楽しみにw
  1. 2015/06/24(水) 21:34:33|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かぐらの湯へ

梅雨も中休みなのか、奇跡的に雨が降らなかったので、いつものルートを使って、かぐらの湯へ行ってきました。
休日は人でごった返すこの場所も、平日は閑散としていました。
kagura_tu1.jpg

奥の店でラーメンを食べたのですが、なかなか良かったです。
あっさり味のラーメンには興味がない私ですが、ほんのりとニンニクの味がして、妙に後を引くスープです。
750円は妥当ではないかと思います。

帰りは418号線を使います。
この道はS字やきつめのカーブもあって、本当に面白いです。
特にS字で右へ左へバイクを切り返す瞬間は、ライダー冥利に尽きるといっても過言ではないかと。

そこから県道446号→県道74号を使うのが、最近のお気に入りのコース。
446号にトイレがあるのですが、ここ、何だか不気味です。
kagura_tu2.jpg

人影が全くないし、お化けや人食いクマが出そうな雰囲気が……。
夜にここで用を足せる人、居ますかねw

しかし、もう7月だというのに、山の方は冷えますね。
メッシュジャケットの下はTシャツという格好でいったのですが、寒いのなんの。
特に兵越峠前のトンネルと、三遠南進のトンネルは真冬を通り越して、氷河期かと思うほどの寒さでした。
三遠南進は5分くらい続く長いトンネルなので、やばかったです。
15分くらい走ったら、凍傷になるんじゃないかっていうくらい。
タンクにしがみついて、何とか耐えきりました。

その三遠南進から東名を使いました。
浜松まで980円だったかな。結構高いです。
バイクはこの半額くらいでいい気がしますが、法改正しないかなあ……。

そうそう、エアフィルターを変えたからか、なんと最高速度が7キロ上がりました。
え、何速かって?
ご想像にお任せします。
これ、7000円くらいのやつなら、吸気が30%アップなので10キロアップも狙えるかも。
購入を検討している方は、ケチらないでいいやつを買った方が幸せかもしれません。

高速も250ccで十分かもしれないですね。
瞬間的な追い越しは難しいですが、常識的な速度で走るなら問題なし。
6速だとやや非常識な速度も出ます……多分。

ちなみに、今回も膝は擦れませんでしたが、かなりバンクさせることが出来ました。
アマリングも端1センチくらいといったところでしょうか。
kagura_tu3.jpg

高速道路の出口で思い切りバンクしてみたのですが、前の車に追いつきそうになり、ブレーキをかけたらバイクが起きて壁にぶつかりそうに。
結構、車間距離があったので大丈夫だと思っていたのですが……。
焦りました。調子に乗らないようにしないといけませんね。
てか、寝かすとコーナリングでもバイク速ぇー。

ただ、どれだけ寝かしてもそのままスリップダウンという感じはしなかったです。
Ninja250、本当によく出来たバイクだと思います。

こうなってくると、Ninja250SLが気になりますね。
今でさえヒラヒラ感が凄いのに、これよりも20キロ以上軽いわけですから。
R25は最高速度でNinja250を上回りそうですし、ここら辺のモデル、住み分けが出来ていますね。
CBR250Rはモデルチェンジに、スズキはGSX-R250の開発に期待といったところかな。

次からは峠小僧RRはしないで行こうと思います。
私には無用の長物でしたw
でも、フロントブレーキできっかけを作り、リーンウィズで寝かす。
このプロセスは非常に面白いです。

水がめとの兼ね合いもあるので、余り早く梅雨が明けるのはどうかと思いますが、明けた暁にはまた走りに行きたいですね。
  1. 2015/06/22(月) 19:35:28|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

YZF-R25に限定モデルが登場

大変な人気からか、入荷待ちが続出しているとの噂がある、YZF-R25。
その人気に拍車をかけそうな限定モデルが登場しました。

Movistar Yamaha MotoGP Editionです。
R25_movistar.jpg

R25_movistar2.jpg

こ、これは……。
カワサキ党の私でも認めざるを得ません。
掛け値なしの格好良さ。

こりゃあ、先にR25を購入した方は悔しいでしょうね。
無論、私の心中も穏やかではありません。
R25はNinja250と違い、リンクレスのモノサスだったので、まだ良かったのですが、こんなデザインを出されると心が揺らいでしまいます。
ていうか、反則レベルかと。

お値段はノーマルより+1万円で、限定400台。
きっと、すぐ売り切れることでしょう。

ただ、こんなバイクに乗っていると、四輪から煽られそうな予感がしないでもありません。
例を挙げるとアルファードとかw
ミニバン如きならR25の加速で点に出来ると思いますが、さすがにインプレッサクラスは無理です。
まあ、そんなの気にせずに乗ればいいのですけどね。

しかし、ヤマハブルーを最大限に活かしたカウルは本当に格好良いです。
これから250ccのフルカウルを買おうと検討している方は、すぐに予約へ走った方がいいかと思います。

もしも購入したら、立ちゴケしないように細心の注意を払って下さい。
このデザインでこけたらNinja250以上に泣けますから……。
  1. 2015/06/20(土) 19:09:49|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

丸目コペン、遂に登場

元コペンオーナーの私としては、いつ出るのか、と気を揉んでいましたが、遂に丸目コペンが出ました。
本モデルはセロという名称となりました。

正面。
cero_gallery01.jpg

斜めのアングル。
cero_gallery02.jpg
中々いいのではないでしょうか。
……だが、しかし。
正直、旧モデルの方が格好良いと思いますw
copen_A.jpg

しかし、燃費は圧倒的に上がっているので、今更中古の旧モデルを買うという選択肢は微妙。
ライバルはS660ですが、230万以上するS660を買うことを思えば、この丸目コペンを買う人も多いかと思われます。
走りはともかく、何と言っても電動でオープンになるというのは相当に便利ですからね。
S660の場合、手動でしまったりとか面倒臭いので、ほとんどオープンにしないかと。

それに走りを追求するのならアルトターボRSがありますしね。
あれは軽とは思えない速さです。それでもNinja250の方が速いけど。

先日、1万台を突破したコペン。
元オーナーの私としては、セロでさらに売り上げを伸ばし、S660を完封してくれることを願っています。
S660はどうもボッてる気がしてならないのでw
  1. 2015/06/18(木) 19:57:28|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

激熱のE3

ゲームファンは見逃せないE3。
各社のハードも出揃った今年は、例年に比べても特に熱かったです。

まず、XBOX ONEではフォルツァ6が凄かったですね。
雨天の路面描写がやばすぎます。


後はRise of the Tomb Raiderです。
PS4を買ったのに、残念ながらXBOX ONE独占になってしまいました><
しかし、氷の描写が凄い。
映画ゼロ・グラビティ並みにトラブルの連続で、思わず見入ってしまいました。


PS4では、スクエニが伝家の宝刀を抜きました。
何と、FF7のリメイク。

夏にインターナショナル版が出るにもかかわらず、この発表。
発売は相当先になりそうですw
個人的にはストーリーの分かっているFF7より、FF15に期待しています。

しかし、今回のE3で最大のインパクトを放ったのは、シェンムー3ではないでしょうか?

何を隠そう、私はこれをプレイする為にドリームキャストを購入した程のファンです。
簡単に説明しますと、GTAみたいなオープンワールドの先駆け……というか、時代を先取りしすぎていて余り受け入れられなかった非業のゲームですw

シェンムー1で取った猛虎硬爬山の巻物。
2にデータを引き継いでも使えず、3で使えるようになるんだなと夢見ていたものの、セガがハードから撤退という悲惨な展開に。
遂に、遂にこの技を使う日が来たようです。

このシェンムー3ですが、現在はキックスターターで資金を集めている段階みたいです。
資金が集まれば集まるほど、ゲーム内容が充実していくとのこと。
とりあえず、29ドルのカンパをしてきました。
完成したゲームをダウンロードする権利も得られるので、悪くはないかと思います。

ただ、金額によって貰える特典が色々あって、高額特典だとゲーム内の奥義が使えるみたいなやつがあるのです。
これは止めて欲しかったですねえ。
ガイドブックとか色紙とかリアルなものはいいのですが、ゲーム自体は純粋に楽しめるようにして欲しいです。
まあ、ゲームを進めると使えるようになったりするかもしれませんが。
ちなみに1名限定で1万ドルのカンパがありましたが、すぐに埋まったとのこと。
熱いファンも居たものですねw

気掛かりなのは1、2をリメイクする余裕がなさそうなこと。
キックスターターに参加するようなファンはともかく、プレイしたことのない人がいきなり2の続きでは、置いてけぼり必至ですので。ダイジェスト版で紹介……みたいな形になるのかな。
ここは生みの親である、鈴木裕氏の手腕に期待ですね。

E3と言いつつも、シェンムーの記事になってしまいましたw
世界中のファンと共に、発売日を気長に待ちたいと思います。
  1. 2015/06/17(水) 19:31:40|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

撃ってきました

久し振りに愛知県総合射撃場に行ってきました。
狩猟で全く出番のなかった弾の消費が目的ですw

今までと違うのは、標的用のスラグ弾ではなく、狩猟用だということです。
弾が重くて火薬が多いとか聞いていたのでびびっていましたが、衝撃自体はほとんど変わりませんでした。
頬付けさえしっかりしていれば、何てことありません。
ただし、音には恐怖を感じます。
ほとんど大砲ですからね……。

経験者講習の時に貰った標的紙を忘れてしまいました。
大体、下図の赤点くらいになるかと思います。
これ、裸眼で狙えます?w
aichi_slug12.jpg

スラグを10発撃った結果。
1発目はあらぬ方向へ行きましたw
それ以外は何とか的には当たっているものの、実戦では30mくらいじゃないと駄目ですねえ……。
aichi_slug13.jpg

バックショットも試してみました。
9粒入りを10発なので90発の粒が当たるはず……ですが、意外な結果に。
aichi_slug14.jpg

これ、フルチョークで撃っています。
スラグの結果からもそこまで狙いは外れていないはずですが、50mだとこんな精度になってしまうみたいです。
ほぼ運頼みの命中率ですね。
バックショットも30m程度が実用的な範囲なのかもしれません。

1Rですが、クレー射撃もやりました。
私も同行したOさんも散々な結果となりました><
久し振りとは言え、25枚中6枚という、泣ける成績です。

思い返すに、袋井クレー射撃場よりも奥行きがあったので、トリガーを引くタイミングが遅かったかな、と。
あと、スラグ射撃の後だったので、スイングを途中で止めてしまっていた気がします。
それらを改善すれば10枚くらいは当たる……かもしれません。

帰りがけにOさんが古びた喫茶店に興味を持ってしまい、一か八かそこで昼食を取ることにw
aichi_slug15.jpg

しかし、外見からは想像も出来ないくらい、まともなお店でした。
コーヒーは水準以上で値段も良心的というか、かなり安い方かと思います。
食べ物はサンドウィッチしかないのですが、悪くありません、ここ。

それにしても今回は良かったです。
天候にも恵まれ、がっつりと射撃を堪能出来ました。
累計70発くらい撃ってきましたが、肩が痛いとか筋肉痛などもありませんし。

クレー射撃、面白いですね。
外れた原因を考え、当たるように改善策を試行錯誤するのが面白いです。
1ラウンド約1600円という高額な料金さえなければ、もっと練習したいのですが……。
弾代やガソリン代も考えると、おいそれと行けませんからね。

しかし、腕は打った弾数に比例するのは間違いありません。
つまるところ、世の中、金ですねw

最後に以前買った、これを試した結果を。
bore_snake.jpg

ジェルの方は結構効果ありです。ただ、容量が少ない感じ。
紐の奴は微妙でした。普通にブラシで擦った方が早いかと。
ただ、スラグを撃った後に皿を撃った為か、トリガーユニットまで外すフルメンテナンスでも30分くらいで終わりました。
スラグ射撃後にクレー射撃。
これはお勧めのスタイルかもしれません。

給料では限界がありますので、また競馬で大きな配当を得るなどして、撃ちに行きたいところですね。
  1. 2015/06/15(月) 19:04:50|
  2. 狩猟/射撃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

法多山へ

天気は微妙でしたがバイクも直ったことですし、法多山(はったさん)へ行ってきました。
袋井市にある厄除けで有名なスポットです。

道中、エコパスタジアムの近くを通ったのですが、恐ろしくデカい建物ですね。
田舎だと思って舐めていましたw

浜松からだと国道1号を使うのがいいと思います。
バイクで30分も掛からないくらいです。

駐車場がいくつもありますが、私が利用した所は100円でした。
懐かしさを感じる商店街が立ち並びます。
hattasan_tu.jpg

ルートはこんな感じ。
広く見えますが、入り口から本堂まで15分くらいですかね。
hattasan_tu2.jpg

仁王門です。頂RUSHへの大チャンス!
雰囲気ありますねえ。
hattasan_tu3.jpg

周囲は深い森となっています。
雨上がりだったので、木々の香りが濃く、凄くリラックス出来ました。
hattasan_tu4.jpg

山場とも言える、石段。
200段ちょっとですかね。
お年寄りでも平気で登っておられますし、見た目ほどきつくはありませんが、汗は掻きますw
hattasan_tu5.jpg

本堂です。
hattasan_tu6.jpg

お賽銭箱の奥に部屋があって、そこで祈祷を受けることが出来ます。
ちょうどやっていたので、正座して聴くことに。
が、座ってすぐに異変を感じました。

○○町、〇歳、〇〇(名前)健康祈願……とか、住職の方が紙を読み上げて、それを燃やしているのです。
こりゃ、金払わないと駄目なやつだったか、と気付いたものの、途中で退室するわけにも行かず。
終わると同時に出ればいいか、と思っていると、終了後に御札? か何かを渡すので、集まって下さいという展開に……。
そんなシステムなら、看板に書いておいて欲しかった><
結局、携帯の着信があった振りをして、こそっと退室しましたが、危ないところでした。
皆さん、ここは入っていけませんぞ。

冷や汗を拭い、別コースで下ることに。
途中にありました。
目当ての厄除け団子です。
hattasan_tu7.jpg

上記の一品、200円です。
お茶は無料というサービスっぷり。

まあ、味は普通の団子ですねえ。
もっとも、頬が落ちるような団子なんて聞いたことないので、こんなものかと思います。

花が綺麗。
hattasan_tu8.jpg

趣のある建物……なのに、何故かMINIがw
外車に乗るなとは言いませんが、雰囲気ぶち壊しです。
しかし、お寺は儲かるのですねえ。
hattasan_tu9.jpg

入り口近くに食事処がいくつも並んでいたので、そこで飯を食うことにしました。
しかし、1軒で十分じゃねーかというくらい、どの店もメニューが被りすぎですw

とりあえず、1000円の天丼を頼んでみましたが……値段以下の丼物は久し振りでしたね。
甘めに採点しても650円くらいが妥当かと。
たまたま外れの店 or 品だったのかもしれませんが。

ただ、もう一つクソな点が。

それは自販機です。
缶コーヒーを買ったのですが、空き缶を入れるところがなく、ゴミはお持ち帰り下さいという看板があるのです。
バイクで来ているのに空き缶を持ち帰れとか、無茶言うなや、と突っ込みを入れましたね。
困り果てて駐車場のおばちゃんに尋ねたところ、「いいよ、捨てといてあげるから」、と有り難いお言葉が。
ライダーの方々、ここで缶ジュースを買ってはいけませんよ!

とまあ、色々不満もありましたが、なかなか良い所だと思います。
国道1号から法多山へ向かう道は、結構なカーブがあって面白いですし。

肝心の厄除けですが、帰って馬券を購入したところ、ちょうどトントンでした。
ギャンブル運を向上させる効果はないのでしょうね、やはりw

お近くにお住まいの方は、一度行ってみると良いかと思います。
団子だけ食べて帰れば、駐車場と合わせて300円で楽しめます。
ただし、缶ジュースにはご注意下さいw
  1. 2015/06/14(日) 17:24:25|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

復活

赤男爵にて、Ninja250の治療を行ってきました。
症状はこちら。
ninja250_hundle.png

前回の立ちゴケによるハンドルの交換です。
工賃含めて8000円くらいでした。

指摘されるまで気が付かなかったくらいなので、挙動の変化は感じません。
が、気分的には凄くすっきりしましたw

テスト走行を兼ねて堤防沿いを走ってきましたが、この時期は最高ですね。
メッシュジャケットを着ていると、風が凄く気持ちいいです。
7月、8月くらいになると、停車時、地獄になりますが……。

好評? の店舗チェックですが、目新しい変化はありませんでした。
品薄のはずのYZF-R3はまだ売れ残っています。
やはり車検との兼ね合いですかね。

しかし、貴重な邂逅がありました。
お客さんのバイクだと思いますが、これを見かけたのです。
ninja250R.jpg
これはかなりレアなバイクだと思います。
存在感も抜群。
マフラーも変わっていたので、大事に乗っておられるのでしょうね。

今回はフルカウル車以外も見ていたのですが、凄いのがありました。
ドゥカティのムルティストラーダというバイクです。
Ducati_Multistrada
ケースも写真とほぼ同じ。

凄まじいデカさです。
跨ってはいませんが、足は全く届きそうにない感じw
こんなの2m押しただけで、こかす自信がありますわ。
世紀末覇者的な体躯の持ち主しか乗れないバイク……かもしれません。

あとは相変わらず、GSX-R750が格好良かったな、くらいですかね。
ただ、次にフルモデルチェンジの噂が真しやかに囁かれていますので、今買うのは得策ではないですね。
出たら出たで、古いモデルはさらに安くなる可能性もありますし、新しいモデルが魅力的ならそちらを買う手もあります。
……単純に金がないというのが、一番の理由ですがw

復活したNinja250と一緒に、この夏を楽しみたいと思います。
もう立ちゴケなんてしねーぜ!

……多分。
  1. 2015/06/13(土) 17:45:43|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

跨ってきました

前回の記事で書いた通り、赤男爵でバイクに跨ってきました。
そのバイクとは……。

パニガーレ……ではなく、Ninja250SLです。
展示車があったので、これ幸いとばかりに跨ってみました。

記事を読んで気になっていたのがポジションです。
物凄く前傾でSS並みのようなイメージがあったのですが、それ程でもないという印象。

ZX-6RやGSX-R750などは跨った瞬間、こりゃやべーと。
まるで、飛ばさないと死んでしまうかのような、妙なプレッシャーを感じましたが、それに比較すると全然緩いです。

Ninja250に比べれば確かに前傾ですが、長距離でも腰への負担は少なそう。
ロングツーリングも全然行けると思います。
これは予想外でした。

あとはやはり、かなり小さいです。
Ninja250に比べても一回り小さく、軽いです。
恐らく、私が先日やらかした立ちゴケも、SLならば耐えることが出来たでしょうね。

ただ、その小ささゆえ、体の大きな人には辛そうです。
そうですね、170cm以上の方だと、2気筒Ninjaの方がいいかもしれません。
余りにも足がべったりと付きすぎるのも、見栄えが悪いですから。
今ならR25も良い選択肢ではないでしょうか。

お値段は車両価格のみで44万ちょっとでした。
走行性能自体は2気筒Ninjaに迫るものがあるので、この価格はかなりお得かと。
2気筒Ninjaとの差額でマフラーなどを変えて、さらなる軽量化を目指してもよし、ETCを付けてもよし。
これは間違いなく売れるでしょうね。

2気筒Ninjaがあるのに、あえてこれを出してくる。
さすがカワサキ、分かっておられる。
今の勢いで6R、10Rのモデルチェンジは勿論、400ccでSSチックな奴も期待したいところです。
  1. 2015/06/09(火) 20:28:47|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第65回 安田記念

さあ、荒れるレース、安田記念です。
え、何で終わったレースを今更記事にしているのかって?
仕事の為、昼休みに買わざるを得なかったので記事に出来なかったのですが、見事に当たったからですw

まずは実力的にモーリス、ヴァンセンヌを軸にしました。
そのまま馬連やワイドでも良かったのですが、荒れる傾向の強いレースだから人気薄が突っ込んでくるかもしれないと思い、3連複で総流ししました。

これがドンピシャ。
3着に人気薄のクラレントが来てくれて、な、何と3連複で40,690円もの高額配当!
4着が人気のフィエロだったので、危ないところでした。
よく頑張った、感動したっ。

春競馬はかなり調子が悪かったのですが、一気に巻き返すことが出来ました。
これがあるから、競馬は嬉しいですね。

全額を宝塚記念に……ではなく、赤男爵に行ってNinja250のハンドルを注文してきました。
やはり折れ曲がったままというのは気になって仕方ないのでw

そこであるバイクに跨ってきたのですが……。
これは一応競馬カテゴリなので、そちらについては次回の記事をお待ち下さい。

宝塚記念も当てて、当初の目標だった大型二輪免許代を捻出したいですねー。
  1. 2015/06/08(月) 20:17:27|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

経験者講習

猟銃を所持すると、3年に一度、更新手続きをしなければなりません。
その際、経験者講習と技能講習を受けておき、それらの証明書を提出する必要があります。

私は銃を所持してからすぐに誕生日が来たので、来年には手続きをしないといけません。
先日、座学である経験者講習を受けてきました。

時間は3時間くらいですが、夜勤明けでかなり眠かったです。
内容は事故の実例や必要な書類、あと何故か交通安全についての指導を受けました。
静岡で鉄砲検査の際に弾が入っていて暴発したという話しも。
あり得ねー、と思うのですが、これは実話ですw

怪我人は居ないとのことですが、細かい散弾が婦警さんの顔に当たる恐れを十分あったはず。
こんなことをしでかすほど耄碌しているなら、もう銃を取り上げないと危険ですね。

それはさておき、講義が終わった後、色々と質問が飛び交いました。
その中で印象的だったものをご紹介します。

サボットではない平筒の散弾銃を使い、スラグ一筋で猟をしている方の質問です。
技能講習はクレーではなく、標的でやっては駄目か? というものです。

それを聞いた瞬間、私の脳裏に「やれるもんなら、やってみな」と大和田常務の姿が浮かびました。
何故ならば。
その標的とはこれだからです。
hyoteki.jpg

比較の為、ワンパンマンを置いています。
これを50m先に設置し、狙います。

こんな標的が50m先にあったら、点ですわ、点。
スコープ付きのサボット銃ならいざ知らず、平筒でこれを狙う。
いや、分かりませんよ。
飛んでいる鳥の頭をスラグで吹き飛ばすという、ゴルゴ13級の達人の可能性だってあります。

……ないなw

とりあえず、今度射撃に行った際に、これを設置してどれくらいに見えるか、写真を撮ってきます。
一応狙ってみますが、まず当たらないでしょうねw

結果をお楽しみに。
  1. 2015/06/06(土) 20:46:11|
  2. 狩猟/射撃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ninja1000、2016年モデルが発表

カワサキが誇るツアラーのフラッグシップモデル、Ninja1000。
早くも2016年モデルが発表となりました。

2016ninja1000_.jpg

ZX系のモデルチェンジを占い意味でも注目していたのですが、変更点はNinja250と同じく、アシスト&スリッパークラッチが搭載されたのみです。
正直、250ccでは不要かと思いますが、このクラスだと手首の負担がかなり軽減されそうなので、嬉しい変更と言えます。
フルモデルチェンジして欲しかったというのが正直な感想ですが、2014年にモデルチェンジしているので、早くても2017年ですかねー。

このNinja1000ですが、パワーも十分あり、楽なポジションはツーリングには最適だと思いますが、重いのがネック。
立ちゴケ確率がやばそうです。
230キロというのは、H2とほとんど変わりませんからね。
取り回しも大変そう。

しかし、ツーリングに限れば、SSよりも遙かに快適なのは間違いなし。
スリッパークラッチも付き、重さ以外は死角なしと言えるかもしれません。
例によって国内販売はありませんが、ツーリング向けの相棒を探している方、チェックしてみては如何でしょうか。
  1. 2015/06/03(水) 19:33:04|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1年点検

Ninja250を1年点検に出してきました。
まだブレーキパッドは残っていたのですが、フルードと一緒に交換してもらいました。
後は基本的な点検だったのですが、予期せぬ不具合が。

何と、右側のハンドルが曲がっているとのこと。
言われるまで全く気が付きませんでしたが、上から見ると確かにカーブを描いています。
思い切り右側にハンドルを切ると、セルスイッチがタンクに当たります。

立ちゴケが原因と疑う余地はありませんw
とりあえず、走行に問題はないのでそのままにしました。
修理すると、右ハンドルの交換で8000円くらいかかるみたいです。
あと、バンクセンサーも吹き飛んでいるとかw
自業自得とは言え、痛い出費です。

それはさておき、展示バイクが色々変わっていました。
まず、ZX-6Rが完売。
ABSなしモデルが7月くらいに入るみたいですが、黒色とのこと。

黒色のYZF-R3もありました。
本体価格、60万円。
パッと見、Ninja250とほとんと変わりませんね。
これでワンランク上のパワーがあるので、かなり魅力的なバイクです。
クソッタレの車検制度がなければ……。

そして驚くことにNinja250SLが試乗車でありました!
立ちゴケが恐いので乗らなかったのですが、店長曰く、かなり乗り味が固いとのこと。
ポジションは思ったより前傾ではないみたいです。

しかし、この店長、悪魔です。
乗り替えるならモデルチェンジする前が高いからいいよ、とか、先に免許だけ取っておけばとか、危険な囁きばかりしてきますw
ちなみにハンドルや傷を無視したとしても、買い取り価格は30万以下らしいです。
1年で半額以下とは泣けますねえ><

ZX-6Rのモデルチェンジを待っているのですが、まだ生き残っていたGSX-R750も捨て難いところ。
あれは正面から見ると、異形というか、モンスター感が凄いですね。
6Rは正統派イケメンといった感じ。
うーむ、悩ましい。

そうそう、交換したブレーキパッドですが、物凄く効きます。
当たりが出るまで慎重に言われたものの、今の時点で純正を超えています。
握れば握っただけ効くフィーリングです。
まあ、フルードも変えているので、正直、どちらの効果か分かりませんが。

値段的にもそれほど高いものではないので、交換の際はデイトナの赤パッドをお勧めしたいですね。

しかし、ハンドルはショックです。
財布の為にも、二度と立ちゴケはしないように注意せねば……。
  1. 2015/06/01(月) 19:15:49|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (183)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (76)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (299)
狩猟/射撃 (96)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する