三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

エリジウム / マン・オブ・スティール

エリジウム

期待感が強すぎたのか、あっさりとした印象でした。
何だか、映像が第9地区に似ているなと思ったら、監督が同じ方だったのですね。
アクションも結構ありましたが、脚本的に第9地区の方がまとまっていた気がします。
ただ、この映画に出てくる医療ポッドは群を抜いて凄いですね。
1回でいいから入らせて欲しいですw
それゆえに、最後の医療ポッドでは治せないという部分が無理があったように思えます。


マン・オブ・スティール

スーパーマンのリブート映画です。昔のものとは設定も全然違っている感じです。
内容はもはやドラゴンボール。
人の居ないところでやれよ、と突っ込みを入れたくなるほど、町が破壊されますw
ゼロ・グラビティであれだけ怖かった宇宙空間も、スーパーマンにとっては庭を歩くようなものでした。
個人的に印象的だったのはスーパーマンが初めて空を飛ぶシーン。凄くいい映像でもっと見ていたかったです。
敵方の衣装のセンスとかは微妙ですが、アクションシーンは一見の価値がある映画ですね。
エリジウムよりはこちらの方がお勧めかな。
  1. 2014/02/27(木) 22:02:25|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1日15分でマスターするUnityトレーニング:第8回(重力を加味した移動)

第7回では移動処理を実装しました。
厳密に言うとRigidbodyを割り当てているので、あれも重力の影響を受けているのですが、私の作っているRPGを見ると、別のやり方をしていました。
少し巻き戻る部分も出てきますが、そちらの方が何かと都合がいいので、やり方を変えさせて頂きます。

そのやり方はRigidbodyではなく、Character Controllerを使います。
キャラクターを選んで、Add Component → Pyhisics → Character Controllerを選びます。
以前割り当てていたCapsule ColliderとRigidbodyは不要なので、削除して下さい。
下図のようになればOKですが、赤枠部分は皆さんのキャラクターに応じて変更して下さいね。
Unity8-1.png

Capsule Colliderと同じ感じで、スライムだとこんな風になります。
Unity8-2.png

で、スクリプトは下記のものに差し替えを。
--------------------------------------------------------------------

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class Move : MonoBehaviour {

float rotateSpeed = 5F; // 回転する速度
float moveSpeed = 10F; //移動する速度
Vector3 velocity; //移動量
float gravity = 10000F; // ここで重力を決める
private CharacterController character;// キャラクターコントローラーを取得
void Start () {
character = GetComponent();
}

// Updateは毎フレーム呼ばれる関数
void Update () {

float v = Input.GetAxis("Vertical"); // 上下のキー入力を取得
float h = Input.GetAxis("Horizontal"); // 左右のキー入力を取得

if (character.isGrounded) {
transform.Rotate(0, h * rotateSpeed, 0); // 左右のキー入力でキャラクタを旋回する処理
transform.Translate(0, 0, v * moveSpeed );// 上下のキー入力でキャラクタを移動する処理
}
velocity = transform.TransformDirection(velocity); //velocityに座標を設定?
velocity.y -= gravity * Time.deltaTime; //重力を割り当て
character.Move(velocity * Time.deltaTime); //実際に移動させる処理

--------------------------------------------------------------------
分かる範囲でコメントを書いておきましたので、興味のある方は参考にして下さい。
Character Controllerだとcharacter.isGroundedという命令が使えます。
これは地面に設置しているかの判定を行うものです。
つまり、上記スクリプトだと地面に居る時だけ、移動処理が行われることになります。

設定はこれだけです。
動かしてみましょう。
Unity8-3.gif

前みたいにキャラが空を飛んだりとかいうことはなくなりました!
カクついているのはgifの問題ですw
float gravity = で重力量を決められますが、ある程度ないと動きが変になると思います。

今回はここまでですが、これで準備が整いました。
次はいよいよBlenderで作ったモーションを割り当てる処理に入りますので、歩くモーションを作っておいて下さいね。
Blenderでは移動させず、その場で足踏みする感じのやつです。

それでは、次回をお楽しみに。
  1. 2014/02/26(水) 20:11:33|
  2. Unity
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TPP、またもや先送りに

多くの方が気を揉んでいると思われます、TPPこと環太平洋連携協定。
日本のみならず、他国からも意見が噴出し、先送りとなったようです。

とりあえずは一安心ですが、早く潰れて欲しいですね。
今回の会合で、アメリカの、アメリカによる、アメリカのためのTPPということが広く知れ渡ったことですし。

いくら宗主国とは言え、俺は譲らん、お前は譲れのスタンスでは話が纏まるわけがありません。
これで日本が妥協して強引に締結などとなったら、売国奴呼ばわりされても仕方ないと思います。
それ以前に公約違反のはずですが、原発も喉元過ぎれば何とやらになってるくらいなので、そんなの関係ねえ状態なのかもしれません。
汚染水とか未だに片付いていないのに、TPPもへったくれもあったものではないのですが。

次回の会合は未定となっていますので、当面は大丈夫かと思いますが、皆さんも注視していきましょうね。
野党には期待出来ないのが難点ですが、こればっかりは頑張って貰わなければ……。
  1. 2014/02/25(火) 19:09:21|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恐怖のばくだんいわ

ドラゴンクエストモンスターズは裏シナリオもクリアし、全国で最高746位まで行きました。
パーティの構成やスキルを変更すればさらに上も狙えますが、さすがに食傷気味です。

ただ、ブラウザゲームであるモンスターパレードはちまちまとプレイしています。
今まで詰まる箇所もなく、順調に進んでいましたが……。

出ましたよ、ばくだんいわが。
こいつのせいで、大変な目に遭いました。
一応前後に移動出来るのですが、奇襲 → メガンテだとこのような位置に。
dqmp1.png

つまんで移動させる暇などあろうはずもなく、棺桶の山が。
まさか、我が軍のエース、メタルスライムまでやられるとは……。
dqmp2.png
町に戻って生き返らした後、再度チャレンジしたら、またメガンテで同じ展開に。
これを3回はやられました。
開発者出てこい。

むかついたので、秘蔵のお肉を使ってスカウトしました。
課金形態の分からないゲームでしたが、お肉を買ったりするのにリアルマネーが必要みたいです。
ログインするだけで1個貰えるので、当面はそれで凌げる感じです。
dqmp3.png
結構強いのですが、監視していないとすぐメガンテを唱えますw
詠唱したらつまんでキャンセルさせて、というのが面倒で、結局スタメン外に。

早くドラゴンとかスカウトしたいですね。
その為に、お肉を貯めておこうと思います。

終盤まで課金しないでやれるバランスかは不明ですが、基本無料ですので、興味のある方はプレイしてみて下さいね。
  1. 2014/02/24(月) 20:29:53|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1日15分でマスターするBlenderトレーニング:第58回(Fly mode)

今回はFly modeという機能をご紹介します。
これを使うとカメラをキーボードやマウスで操作出来るようになるので、映画撮影っぽい動きを作る時に重宝する機能かと思います。

やり方は簡単です。

まずは起動直後の状態にします。
Blender58-1.png

テンキーの0を押すと、カメラ視点になります。
Blender58-2.png

その状態でShiftキー + Fキーを押します。
すると、中央にレティクルのようなものが表示され、マウスやキーボードで画面が動かせるようになります。
うっかりこれになって、困った方も居るかもしれませんねw
Blender58-3.png

操作方法は以下の通りです。

Wキー……前進
Sキー……後退
Aキー……左水平移動
Dキー……右水平移動
Rキー……上昇
Fキー……下降

もう一つありまして、マウスでも同じようなことが出来ます。
ホイール……前進、後退
ホイールボタンを押しつつドラッグ……上下左右水平移動
マウス操作……カメラの方向変更

どちらも左クリックでカメラ位置が確定します。

次は録画方法です。
まずはカメラを選択します。
Blender58-4.png

その状態で下図のように録音ボタンを押した後、再生を開始します。
Blender58-5.png

shiftキー + FキーでFly modeに入ると、いきなり録画が開始されます。
カメラを任意に動かし、マウスの左クリックで終了させます。
ループ録画になっているので、Endは長めに設定しておくといいかもしれません。
Blender58-6.png

適当に動画を作ってみました。
背景を作り込めば、ハリウッド映画っぽいことが出来るかもしれません。
大変な労力とレンダリング時間が必要ですが……。
Blender58-7.gif

狙い通りに動かすのは難しく微調整は必要になるかもしれませんが、大体の動きを付ける分にはとても便利な機能だと思います。
上手く活用して、ダイナミックなカメラワークにチャレンジしてみて下さいね。

それでは。
  1. 2014/02/23(日) 18:38:17|
  2. Blender
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

第31回 フェブラリーステークス

本年一発目のGIとなります、フェブラリーステークス。
勢いに乗るためにも、ここは当てたいところですが、なかなか難解なレースとなっています。

ホッコ-タルマエ、ベルシャザールの2頭が実績では抜けていますが、休み明け + 目標はドバイですので、ここは目一杯仕上げてくるかは微妙なところ。
タルマエは枠もちょっと外過ぎるかなという懸念もあります。

伏兵馬も粒ぞろいで、あっと驚かせる結果となる可能性も十分です。

まだ、馬体重を見ていないので確定ではないのですが、私はベストウォーリアを買おうかと思っています。
年齢的にも上積みが見込めますし、過去のレースでもベルシャザールをあわや、というところまで追い詰めていますし。
レース間隔が狭すぎるのが気掛かりですが、若さで何とかなるのではないでしょうか。
ワンダーアキュートとか8歳ですからねw

パドックをチェックして、また買い目を書き込みます。


レース前 追記

迷いましたが、初志貫徹のベストウォーリアの複勝で行きます!


レース回顧

これは……。
荒れる気はしていましたが、さすがに単勝200倍は予想外w
ベストウォーリアは騎乗が酷かったですね。
完全に行き場を無くして右往左往。4コーナーでもう少し前に出して欲しかった。
早くもipat口座が半減という暗雲垂れ込める展開となりましたが、次回のGIで巻き返したいところです。

田辺騎手、初GI勝利、おめでとうございます。
  1. 2014/02/23(日) 10:17:44|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アスリートの矜持

ソチオリンピックで熱戦が繰り広げられていますね。
日本人選手は何人も出ていますし、勿論、全員応援しています。
しかし、フィギアスケートの真央ちゃんは、私にとってその中でも特別な1人です。

卓球の福原愛ちゃんにも感じるのですが、何というか、インタビューとか見ていても邪気が全くないのですね。
本当に純真でひたむきさがヒシヒシと感じられます。
彼女たちを嫌いな人は滅多に居ないのではないでしょうか?
私も我が子を見守る思いで応援していました。

その真央ちゃんがやってくれました。
オリンピックに出る超人といえども、人の子であることには違いありません。
極度の緊張からか、前日のSPでは転倒して崩れてしまいましたが、一晩明けると別人のような演技に。
伝家の宝刀、トリプルアクセルも成功させ、自身も満足の演技だったようです。

私ならその場に出るだけで卒倒してしまうレベルの緊張感だったと思います。
周りの重圧もありますし、ここで失敗したら今まで耐えてきた練習は何だったのか、なんてことも頭を過ぎったことでしょう。
それらを乗り越えて、高難度の技に挑戦し、成功する。
これぞ、真のアスリート魂と言うべきものを全世界の観衆に見せつけましたね。

しかし、これだけ難しい技を成功させてノーミスならば、もう少し点数が出てもいい気がします。
採点方法がイマイチ理解出来ないので、これ以上の批評は控えますが。
まあ、柔道とは違い、独りで演ずる競技なので、観ている人間や本人に分かっていればいいのかもしれません。

真央ちゃんの今後の予定は白紙とのこと。
まだ若いので、次も十分に狙えるとは思いますが、これだけの重圧はもう体験したくはないのかもしれません。
充電期間をおいて復活するもよし、アイスショーで観客を魅了するもよし。
偉業と言える成績を残したのですから、本人が1番やりたいことをやればいいと思います。
とりあえず、変な男には引っかからずに幸せになって欲しいですね。

……ああ、本当に親の心境になってしまったようですw
  1. 2014/02/21(金) 19:35:53|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1日15分でマスターするUnityトレーニング:第7回(キャラを移動させる)

前回の講座ではキャラクターを回転させるスクリプトを組みました。
今回はキャラクターを移動させる部分を追加したいと思います。
これで、ゲームっぽいキャラクターの移動が出来るようになります。

まずは、前回作ったスクリプトを開いて下さい。
下記の部分があると思いますが、そこにmoveSpeed変数を追加します。

float rotateSpeed = 2F; // 回転する速度
float moveSpeed = 10F; //移動する速度

10Fの部分が移動速度になりますので、自由に変えて下さいね。

次にtransform.Rotateの下にtransform.Translateを追加します。

transform.Rotate(0, h * rotateSpeed, 0); // 左右のキー入力でキャラクタを旋回する処理
transform.Translate(0, 0, v * moveSpeed );// 上下のキー入力でキャラクタを移動する処理

これでキャラクターがWキーで前進、Sキーで後退するはずです。
命令文を説明しますと、

transform.Rotate(x、y、z)・・・()内の値で回転させる
transform.Translate(x、y、z)・・・()内の値で移動させる

となります。
update関数内にかかれているので、毎フレームごとにその数字が足されていき、移動や回転しているように見えるというわけです。
頭が茹だってきましたか? 私もですので、今は深く考えるのは止めておきましょう。
ここではスクリプトを書くというものがどんなものか、体感するくらいで大丈夫だと思います。
ちなみにスクリプトのRotate部分をいじれば、FPSみたいな移動も可能になると思うので、興味のある方は試してみて下さい。
一応スクリプトのSSを貼っておきます。
Unity7-1.png

以上。
……うーむ、プログラムメインだと味気ない内容になってしまいますね。
しかも、このスクリプトは重力計算をしていない為か、移動していると段々キャラクターが傾いておかしくなります。
ご覧の通り、WキーとSキーを押し続けると、スライムが空を飛びますw
Unity7-2.png

私のRPGでの処理を見ると、もっと複雑なことをやっているようです。
それを入れると長くなるので、次回に持ち越しですね。

重力判定が無事に実装出来たら、BlenderでのアニメーションをUnity上で使う説明をしたいと思います。
そこまでいけば、結構面白くなるはず……です。

スムーズに実装する自信はありませんが、RPG側のスクリプトを参考に考えてみます。
それでは。
  1. 2014/02/20(木) 20:19:48|
  2. Unity
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クレー射撃は難しい

退院したのも束の間、謎の胃腸炎に冒され、唸っておりますが、入院前に行った射撃の結果を書いていないな、と思い、筆を取りました。

今回は前回の射撃から1ヶ月以上経っていましたので、最初にストレート(イージーモード)を撃ちました。
ちなみに、前回の最高記録はストレートで13枚でした。

気になる結果は……8枚です。
いやあ、さっぱり当たりません。
前回の終盤は何かを掴んだ手応えがあったのですが、気のせいだったようです。

2回目からは初めてのグループ射撃で、イージーモードではないクレーを撃ちました。
これは恐ろしく難しいですね。
左右どこに飛ぶか分からない上に、とんでもないスピードのクレーもあります。
結果は4枚、3ゲーム目も6枚という、汚点と言っても差し支えない成績を残してしまいました。

ただ、駄目な箇所は分かりました。
照準を早く動かしすぎてクレーを追い越して、また戻って撃ったりとかw
しかし、一瞬で撃たないと駄目なので、焦ってしまうのですね。

海外の大会にも出たことのある凄腕の方が居られましたが、話の端々からお金持ちという雰囲気がヒシヒシと伝わってきましたw
上達するには数を撃って慣れるしかないと思うのですが、弾代を気にするようでは、なかなか厳しそうですね。

芸能人の方でもクレーをやる人が多いらしく、上記のセレブは有名人に何度も会ったことがあるそうです。
やはり、クレー射撃は金持ちのスポーツなのかもしれません。

まあ、目が完治したら、可能な範囲で通い、貧乏人なりに頑張りたいと思います。
  1. 2014/02/18(火) 18:29:18|
  2. 狩猟/射撃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1日15分でマスターするUnityトレーニング:第6回(キャラを回転させる)

今回はキャラクターを回転させるスクリプトについてです。
移動させようと思っていましたが、エラーが頻発した上、右目が軟膏でふさがった状態で書いていますので、簡単な処理となることをご了承下さい。

いよいよ、Unityの鬼門と言っても過言ではない、スクリプトが出てきます。
かなりシンプルに書いておきましたので、プログラミング経験のない方でもよく読めば分かるのでは、と思います。
ただ、理解出来なくても手順通り進めれば、動くようにはなりますので、ご安心下さい。

まずは、Characterフォルダ領域で右クリックをし、Create → C# Scriptを選びます。
Characterフォルダ領域と言いましたが、Scriptとかいうフォルダを作り、そこに入れたりしても大丈夫です。
Unity6-1.png

最初に名前を決められますので、Moveとかにします。
出来たファイルをダブルクリックすると、編集ツールが開きます。
Unity6-2.png

一度名前を決めて、変更する場合は注意が必要です。
下図の箇所がファイル名と一致していないとエラーになりますので。
Unity6-3.png

スクリプトを開いたら、下記を丸ごとコピペして、編集ツール上でセーブして下さい。

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class Move : MonoBehaviour {

float rotateSpeed = 2F; // 回転する速度
Vector3 velocity; //移動量

void Start () {

}

// Updateは毎フレーム呼ばれる関数
void Update () {

float v = Input.GetAxis("Vertical"); // 上下のキー入力を取得
float h = Input.GetAxis("Horizontal"); // 左右のキー入力を取得

velocity = new Vector3(h, 0, v); // 上下のキー入力からZ軸方向の移動量を取得

// 左右のキー入力でキャラクタを旋回する処理
transform.Rotate(0, h * rotateSpeed, 0);

}
}



これでスクリプトが完成しました。
次にキャラクターを選び、Inspectorにドラッグ&ドロップします。
Unity6-4.png

そうそう、プログラムについても簡単に説明しておきます。
float rotateSpeed = 2F; の値を大きくすると、回転速度が早くなりますので、試して下さい。
実際にそれを使っているのはtransform.Rotate(0, h * rotateSpeed, 0); の部分です。

で、鋭い方はVerticalとか、Horizontalとかは何ぞ? と思ったかもしれません。
これはUnityが処理を簡単にする為に、あらかじめ決めているものです。
Edit → Project Settings → Inputを選びます。
Unity6-5.png

すると、右側にこんな項目が出てきます。
ここで割り当てられているわけです。
Horizontalで言えば、a、dというのが実行するキーになります。
Unity6-6.png

再生させて見てください。
aキーやdキーを押すと……キャラクターが回転しました!
Unity6-7.png

次回はwキー、sキーで前後に動かしたいと思います。
理系脳な方は、今回の情報だけでも先に進めるかもしれませんね。

それでは。
  1. 2014/02/16(日) 09:47:00|
  2. Unity
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白内障の手術

右目の白内障治療の為、2泊3日の入院をしてきました。
場所は浜松の某巨大眼科です。
老いると大抵の人が患う病ですので、今日はそのレポートをお送りしたいと思います。

白内障の手術は非常に進んでいて、日帰りでも可能となっています。
しかし、低確率ですが感染症の恐れもあるので、入院する方が安心かと思います。
それに翌日にも来院しないといけないので、仕事をしている方なら有休でまとめて休んだ方が、煩わしさも少ないという利点もあります。

手術事態は15分くらいで終わり、痛みもほとんどありませんでしたが、いやあ、怖かったです。
透明なカバーにより、まばたきが完全に封じられた状態で、強烈な光を浴びせられます。
が、目を閉じることが出来ないので、我慢するしかありません。
光が拷問になるということを、この時初めて知りました。
シルベスター・スタローンの映画でも、そんな拷問シーンがありましたね。
心電図とか血圧も測定されているので、びびっているのがバレては格好悪いと、必死に平成を装っていましたが。

余談ですが、ここの院長、スタッフから非常に恐れられている気がしました。
20世紀最後の暴君といった感じでしょうか。
(ネタが古い?)
まあ、患者には普通に接してくれますし、症例をこなしている為か、腕も良さそうだったので、余り気にしなくていいとは思います。

そんな感じで手術はスムーズに終わりましたが、1番の問題は入院時の退屈さですね。
検査や定期的な点眼以外は、ずっと寝ているしかありません。
私はドラゴンクエストモンスターズ2という強い味方があったので、ひたすらプレイしていましたが、最低でも文庫本とかを持っていかないと暇で死にそうになるのでお気をつけ下さい。

若い時になるケースは少なく、周りは高齢者の方々ばかりでしたが、皆さんはオリンピックを観ていましたね。
フィギアスケートとかでも「今のジャンプは柔らかい」や「フリーでどうなるか」等、専門用語が飛び交っていて驚きましたw
羽生選手が金メダルを獲ったと知った時は、孫のことのように喜んでいた姿が印象に残っています。

視力が安定するまで1ヶ月くらいかかるそうです。
私は乱視矯正のトーリックレンズというのを入れたのですが、今も少しぼやけています。
しかし、光量と言いますか、右目と左目で色合いの変化は今でも分かります。
手術をしていない左目が青っぽく、右目が黄色っぽくて1段階、光量が増している感じです。
左目は別に白内障ではないのですが、揃える為に手術をしたいなあという気もしないではありません。
食事もなかなか美味しかったですし。

費用は3割負担で63000円くらいでした。
日帰りならもう少し安くなりますが、安心料ということで、個人的には入院をお勧めしたいですね。

また、視力が落ち着きましたら感想を書きますので、楽しみに? 待っていて下さい。
  1. 2014/02/15(土) 18:40:01|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペットの死から狩猟を考える

甥っ子の家で長年飼われていたメスのビーグルが、息を引き取りました。
私はアレルギーもあって、帰省時に軽く散歩させてやるくらいの付き合いでしたが、顔を見せると千切れんばかりに尻尾を振って飛び付いてくるほど好かれていたので、辛いものがあります。

夕方くらいから呼びかけに応えなくなり、深夜3時頃に激しく痙攣してそのまま事切れたようです。
家族全員に見守られながらの往生だったので、飼い犬としては幸せな一生を送れたのではないでしょうか。

思い出だけを残して、煙のように消えてしまう。
死というものは不思議なものですね。
会いたいと思っても二度と会えず、記憶を辿ることしか出来ません。

野良猫とかが車に轢かれているのを見て、可哀想とは思うものの、涙までは流しません。
そういう感じで距離を置けば、辛い思いをしないで済みそうですね。
死の悼みも心の糧となるはずなので、悪いことではないのかもしれませんが、私は遠慮しておきたいので。

昨年は狩猟をやる為に色々な手続きを踏んで、資格を取得してきました。
しかし、傷ついたシカがキュンキュン鳴きながら近寄ってきたのを撃てるか、と問われれば、難しいと言わざるを得ません。
クマとかでも親子連れとかだと、やはり躊躇ってしまうことでしょう。

小難しいことを考えず、肉だ、肉だ、といって追いかけ回すのが、狩猟の醍醐味かもしれませんが、窮鳥懐に入れば猟師も殺さず、という言葉もあります。

銃の腕もそうですが、そこら辺のバランスも考えて行動しないといけませんね。
まだ次回の猟期までは半年以上ありますので、色々考えていきたいと思います。
  1. 2014/02/12(水) 21:06:28|
  2. 狩猟/射撃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1日15分でマスターするUnityトレーニング:第5回(重力を表現する)

前回トラブルが発生したと言いましたが、色々試したところ、標準のプログラムでキャラクターの移動が出来ました。
しかし、使用されている言語がJava scriptなので、内容について全く解説出来ないという事態に変わりはありませんw

そこで、実際にRPG制作で行っているやり方で説明したいと思います。
と言っても、似非プログラマーなので余り高度な解説は出来ませんが……。

今回はそのプログラムを使う前段階、重力の処理を実装しましょう。
何だか複雑そうに思えるかもしれませんが、内部で何が行われているかを考えなければ大したことはありません。
考えると頭が茹だってしまいますので、それは生粋のプログラマーさんたちにお任せしましょう。

とりあえず、現状を確認します。
再生させると、こんな風にキャラクターが停止していますでしょうか?
効果を実感する為に床とキャラクターは離しておいて下さいね。
Unity5-1.png

キャラクターを選択して、Add ComponentからPhysics → Rigidbodyを選びます。
記憶力のいい方はBlender講座であったやつだ、と思ったかもしれません。
その通り、あれと同じ感じです。
Unity5-2.png

特に設定をいじる必要はありませんが、Use Gravityという項目で重力のON/OFFを切り替えることが出来ます。
ここではチェックありのままで。
Unity5-3.png

再生してみましょう。
キャラクターが下に移動していくはずです。
……が、地面を通過してしまいます!
Unity5-4.png

これは、Blenderで言うところのcollision(衝突)がない為です。
先程と同じようにキャラクターを選択して、Capsule Colliderをクリックして下さい。
Unity5-6.png

緑色の球体が出たと思います。
これが衝突判定となるのでサイズを調整します。
Radiusで全体の範囲が広がり、Heightを上げると縦長になります。
CenterのYを増やすと、球体全体が上に移動しますので、足元の調整をして下さい。
スライムだとこんな感じですが、人型の場合は縦長になると思います。
Unity5-7.png

板の方は作成時に自動で割り当てられています。
Mesh Colliderというものがそれに当たります。1枚板の衝突判定です。
Blenderで地面を作った場合はまた別のやり方があるのですが、それはいずれご説明します。
Unity5-8.png

再生してみましょう。
地面でキャラクターが停止すればOKです。
Unity5-9.png

今回はここまで。
次はスクリプトを使ってキャラクターを移動させます。
……多分、出来るはず。

分からない点があれば、質問して下さいね。
それでは。
  1. 2014/02/10(月) 20:35:26|
  2. Unity
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時間泥棒なゲーム

先日購入したドラゴンクエストモンスターズ2ですが、土日にがっつりとプレイしてメインのストーリーが終わりました。
なかなかいいストーリーでしたね。ワルぼうにはちょっと感動しました。
名前こそワルぼうですが、全然ワルくない……どころか、友を救う為に命を賭けるという、聖人クラスの人格者でw
ここから裏シナリオ的なものが始まるので、さらに楽しめそうです。

しかし、本当に面白いシリーズですね。
個人的にはナンバリングタイトルよりも面白いです。
これとこれをお見合いさせて……とかで、止め時が見つかりません。

任天堂の業績が芳しくないみたいですが、3DSでこういった面白いゲームを出しまくれば、何とかなるかも。
やはりソフトに尽きるといった感じです。

来週は2日ほどですが入院する予定ですので、病室でもがっつりとやり込みたいと思います。
  1. 2014/02/09(日) 22:52:31|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1日15分でマスターするUnityトレーニング:第4回(Skyboxで空を表現)

すいません。
今回はキャラクターを動かすはずだったのですが、トラブルがあったので、予定を変更します。
具体的には以前あったC#のサンプルコードが、Unityのバージョンアップに伴って、消えてしまいました。
大半がJava scriptになっていて、私では解読不可能という……。

今回は背景に空をつける手順について説明しますので、これでご勘弁下さい。

まずはサンプルのテクスチャを落とします。
Assetsメニューから下図のようにSkyboxesを選びます。
Unity4-1.png

チェックは全部入っていていいので、Importを押します。
Unity4-2.png

すると、Standard Assetsフォルダが勝手に作成されて、そこに格納されます。
これは他のサンプルでも同じ動きとなりますので、頭の片隅に置いておくといいですね。
Unity4-3.png

Cameraを選んで、Add Componentをクリックします。
Unity4-4.png

下図のウィンドウが出るので、Renderingを。
Unity4-5.png

次にSkyboxを選びます。
Unity4-6.png

CameraのInspectorにSkyboxが追加されるので、下図の○をクリックします。
これ、分かりにくいアイコンですねえ。
Unity4-7.png

Materialを選ぶ画面が出るので、Sunnyとか好きなやつを選びます。
Unity4-8.png

これで、一応空っぽい背景となったはずです。
再生してみます。
Unity4-9.png

まだ、マウスで視点が動かせないので見えませんが、上には雲とかがあります。
ちなみに私がRPG制作で使ってるのもこれです。

次回こそはキャラクターを動かしたいと思います。
皆さんのキャラクターを操作出来る、シンプルなスクリプトを少し考えてみます。
もしかしたら、このスクリプトをコピペして下さいとか、おざなりな説明になるかもしれませんが……。

それでは。
  1. 2014/02/08(土) 13:13:52|
  2. Unity
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラゴンクエストモンスターズ2

本日発売された、ドラゴンクエストモンスターズ2 。
会社帰りに早速購入してきました。

GEOで購入したのですが、私が見ている間にも飛ぶように売れていましたので、これはメガヒットの予感。
音楽とか使い回しが目立ちますが……やっぱり面白いです!
1番の進化ポイントはジャンプですね。何故かマリオ並みの滞空時間にw

早速、甥っ子とwifi対戦してみましたが、かなり熱かったです。
これはしばらく眠れない日々が続きそう。

あと、前作もそうだったのですが、ブラウザゲームを進めるとレアモンスターが手に入るようです。
テリーの時は無表情で延々とスライムを突っついていた記憶があります。
全然面白いゲームではなかったので。

しかし、今回はいいですね。
ご覧の通り、ブラウザゲームとは思えない作り込みようです。
dqmp.png

課金システムがなく完全無料のゲームみたいなのですが、どうやって利益を上げるのか、逆に不安になってきます。
これを進めておくと、ドラゴンクエストモンスターズ2でレアモンスターが手に入るようです。

ゲーム自体も面白いので、皆さんも是非プレイしてみて下さいね。
モンスターパレード
  1. 2014/02/06(木) 23:34:08|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラゴンクエストモンスターズ

私の好きなドラクエがきな臭いことになっているようです。
「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」にて、課金アイテムの確率が見た目と違うと、返金問題が起こっているとか。

下図の画像がそれです。
金色の地図がレアアイテムらしいですが、こんなに出ねえよ、って話みたいですね。
DQMSL.jpg

左から右の画像に修正されたそうですが、それでも全然確率に見合わないとか。
堀井氏がこんな暴挙を起こすとも思えませんし、余りドラクエの名を汚さないで欲しいですね。

だから、ソーシャルゲームというか、無料でアイテム課金は好かないのです。
その点、こちらは明日、2月6日発売のドラゴンクエストモンスターズ2。
これなら安心出来ます。



画面やシステムから私が判断する限り、5割は前作を使い回していそうな気が……。
キャラもテリーほどの魅力はないですね。
でも、超G級という巨大モンスターは浪漫がありますし、ちまちまとモンスターを育てていく面白さは健在のはず。
これは買いでしょう。

同じドラクエでもここまで差が出るのは、会社として統率が取れていないのでしょうか?
買い切りの定額タイプでも面白いのは売れるはず。
モンスターズ2も50万本は超えると思います。

いい加減、ソーシャルゲームは廃れて欲しいと願って止まない、この頃です。
  1. 2014/02/05(水) 19:42:24|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

札幌で不明の女児、無事に保護される

ずっと気にしていた事件が解決しました。
札幌で突如行方不明となった女の子が、無事に保護されたようです。

いや、本当に良かったです。
もう二度と、清水心ちゃんみたいな事件は見たくありません。

どうやら、この事件は一般の通報から発見に至ったようです。
何でも、タクシー運転手の男性から「少女漫画を持った不審な男を乗せた」との通報があり、それが他の目撃情報から作成された似顔絵に似てたことで確信を強めた警察は、防犯カメラの映像を使って所在地を割り出したようです。

こういった事件はどんなに些細な情報でも、どんどんと通報するべきですね。
タクシーの運ちゃん、グッジョブであります。

しかし、判断力に乏しい子供を攫うなんて、本当に卑劣の極み。
こういった事件が起こる以上、子供に道を聞いただけで通報される世の中になってしまうのも仕方ないのかもしれません。
寂しい気もしますが、古き良き時代は二度とやってこないのでしょうね。

この手の事件を起こさないようにするには、厳罰化するしかないと思います。
少々過激ですが、市中引き回しの上、四肢切断後、打ち首くらいにすれば、誰も起こさないのではないのではないでしょうか?
仮に攫われた子供が殺されてしまった場合、それくらいの刑を持ってしても足りないくらいですからね。

他にも読んでいるだけで胸が痛むような事件が多々ありますが、一刻も早く解決されることを願っています。
  1. 2014/02/03(月) 18:21:40|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1日15分でマスターするUnityトレーニング:第3回(Blenderからのインポート)

第3回にもかかわらず、本講座の目玉(?)機能についてご説明したいと思います。
Blenderで作ったキャラクターや背景をUnityへ取り込むやり方です。

やり方は2つあります。
1つはBlenderでfbxファイルで出力し、それを取り込むやり方。
fbxファイルはMAYAとか有料の3Dソフトでも使う形式なので、ポピュラーなやり方と言えます。

もう一つはblendファイルのまま、ぶち込むという形式です。
これの利点はBlenderで編集した内容が、リアルタイムにUnityに反映されるということです。
もしかしたら、実際にパッケージにする場合はfbxにした方がいいのかもしれませんが、制作途中は断然こちらが便利です。

ということで、blendファイルをぶち込むやり方をご説明します。
ただし、条件が1つあります。

・Blenderがインストールされていること

これだけなのですが、インストールされているBlenderのバージョンによってはキャラが反転したりするかもしれません。
私はそれに遭遇し、2.68aを使っています。やっていておかしいと思ったら、バージョンを下げるのも手かと思います。

前置きがかなり長くなりましたので、急いで説明に入ります。

まずは、適当にキャラクターを入れるフォルダを作ります。
別に作らなくてもいいのですが、整頓しておくと後で見やすいので。
Unity3-1.png

そこにblendファイルをぶち込みますが、1つ注意点が。
テクスチャ → blendファイルの順に置いて下さい。
この手順なら自動でテクスチャが割り当てられますが、逆だと前回の説明のように手動で選んでやる必要があります。
MaterialsというフォルダはUnityが勝手に作るので気にしないで下さいね。
Unity3-2.png

キャラクターにアニメーションがある場合、下図のようにPreviewで動きを確認できます。
Default takeというのもUnityが勝手に作るので、気にしないで下さい。
本当はワンパンマンのタツマキ辺りで新キャラを作ろうと考えていましたが、面倒だったのでスライムにw
Unity3-3.png

slimeをSceneに直接ドラッグ&ドロップします。
Unity3-4.png

Sceneのキャラクターをクリックして、サイズを調節します。
Unity3-5.png

私の場合、カメラの範囲が狭かったので、そのままだと映りませんでした。
カメラを選択して、下図の箇所を増やせば範囲が広くなります。
Unity3-6.png

さあ、再生してみましょう。
……あれ、何か色が黒い?
Unity3-7.png

これは謎で悩みました。以前はこんなことなかったので。
ライティングの問題かと思いましたが、どうもキャラクターのマテリアル色を変更すれば解決するようです。
下図ではBezierとかになっていますが、皆さんはCubeとかそんな名前ではないかと思います。
律儀な人はキャラ名に変えているかもしれませんが。
それを選んで、InspectorでMain Colorをクリックします。
Unity3-8.png

パレットが出てくるので、真っ白を選択。
Unity3-9.png

テクスチャ色になりました!
Unity3-10.png

いやあ、長くなってしまいましたね。
本当に需要があるのか? 複雑すぎて読んでいる人が居ないのではないか? などと疑念を抱きながら書いています。

まあ、ここまできたのだから、もう少し続けたいと思います。
次回はスクリプトを使って、このスライムを動かします。

それでは。
  1. 2014/02/02(日) 09:24:50|
  2. Unity
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (169)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (72)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (291)
狩猟/射撃 (91)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する