三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

1年点検

Ninja250を1年点検に出してきました。
結局、バッテリーは交換しないことにしました。

特に問題はなかったですが、ハンドルステム? のベアリングだかをそろそろ交換した方がいいと言われました。
フロントフォークを外したりとかで17000円かかるそうです……。
とりあえず様子見。

オイルとそんなに汚れていなかったのですが、一応ブレーキフルードも交換してもらいました。
オイル交換の恩恵なのか、増し締めとか注油のお陰なのか、凄く軽快になりました。
ちょっと大袈裟ですが、バイクが生き返った感じです。

あと、バイクカバーがこんなことになっていたので、それも交換しました。
Bike_Cover.jpg
破れたのはここだけなのですが、隙間から水が入っちゃうんですよね。
こいつは赤男爵のカバーで8000円くらいしたやつでしたが、3年でこの状態となりました。
でも、頑張った方なのかな。

新しいものはこちら。
amazonで評価が多く、安かったものに。
Bike_Cover2.png

これの何が良いって、中央を絞れること。
Bike_Cover3.jpg
こんな感じで、風のばたつきを抑えてくれます。
今までは洗濯バサミで対応していましたが、浜松の強風の前には赤子同然。
しょっちゅう飛ばされていました。

洗濯バサミに比べると、多少手間がかかりますが、しっかりと裾を絞ってくれるので安心感があります。
台風でも何でも来いやぁ!

とか何とか言ってたら、すぐに破れたりしてw
まあ、安いから一年持てば十分です。

バイクの調子も良くなったし、久しぶりに長野県へ行ってみますかね。
最近は余り遠出していなかったので、Ninja250の軽快感をがっつりと堪能したいです。

早いところ、梅雨が明けてくれると嬉しいですね。
  1. 2017/06/12(月) 20:25:59|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バッテリーは交換すべきか

早いもので我がNinja250も3歳となりました。
今月中にNinja250を1年点検に出す予定です。
本当はSSに乗り換えている予定だったのですが……なかなか簡単にはいかないものですね。

で、迷っているのが、バッテリーです。
まだまだ全然問題ないのですが、交換するべきかどうか。

突然エンジンがかからなくなるという話も聞くので交換がベストなのでしょうけど、いかんせん値段が。
バイクのバッテリー高すぎです。
軽自動車なんて目じゃないくらい。

あと、交換にはカウルを外す必要があり、工賃もかかるみたいです。
自力なら工賃は不要ですが、カウルの爪を折ってしまいそう。
怖くてできません。

点検料、ブレーキフルード、オイル、バッテリー。
3万は超えそうです……。
その上、四輪の車検もある上に、新調したPCの引き落としまで。
ボーナス全部飛びそう。
密かに狙っていたプロトレックが……。

やはり、ツーリング先、特に山とかでエンジンかからなくなるのは、相当危険なのでやはり交換すべきでしょうか。
識者の方、全然大丈夫、交換しないとやばいなど、アドバイスがあればお願いします。
  1. 2017/06/07(水) 18:03:20|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

959パニガーレがお買い得?

959パニガーレが遂に値下げとなりました。
赤男爵のフェスタ対象になったからですが、新しいモデルの発表もなかったので、謎であります。
新車もDucatiの項目はやたらとラインアップが寂しいですし、もしや取り扱いを縮小する方向なのでしょうか?

それはさておき、959の価格です。
フェスタ前は200万超えでしたので、20万弱もの値下げとなります。
Ducati_festa5.png

何という美しさ。
もはや、バイクという枠を超えているのでないでしょうか。

カラーは白ですが、赤と甲乙つけがたいですね。
格好良さより、芸術的な美しさを強く感じるという、ほんと希有なバイクだと思います。
マフラーもこれなら許容範囲でしょう。

しかし、値下げしたとはいえ、まだ高いですな……w
国産ならリッターSSが買えるお値段。
ミドルクラスなので150万くらいなら良かったのですが。

ちなみに前フラグシップモデルの1199はまだ残っています。
Ducati_festa.png
959より安いですね。
何でこんなに売れないのか。
私は恐らくスペックではないかと思います。
鬼規制の時期に発売されたからか、馬力が135PSしかないのです。
(959はそのままで140PS)

勿論、あの最高にクールなマフラーを付けて、フルパワーにすることも出来ますが、30万近くかかりますからね。
騒音基準を超えてしまうので、赤男爵だとメンテも受けられなくなるというデメリットも出てしまいます。
これなら899、959を買うわという人が多数なのも致し方なし。

ただ、959は重量増になってしまいましたので、悩ましい所ではありますね。
まあ、お金に余裕がある方は1299という選択肢になるのでしょうけど。

ちなみに150万ちょっとだった899はあっという間に売り切れました。
無理して抑えておけば良かったかなと、少し後悔しております。
出来れば、このまま959が売れ残り、150万くらいになってくれれば……w

ただ、この価格でも間違いなく売り切れてしまうと思います。
購入を迷っている方は、赤男爵へダッシュを!
  1. 2017/05/12(金) 21:24:44|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CBR250RR、正式発表

すでに情報は出ていましたが、CBR250RRが正式発表となりました。
発売日は5月12日となります。

カラーは3種類あります。

ヴィクトリーレッド
CBR250RR_8.jpg
ソードシルバーメタリック
CBR250RR_9.jpg
マットガンパウダーブラックメタリック
CBR250RR_10.jpg

価格ですが、ヴィクトリーレッド以外は75万6000円。
ヴィクトリーレッドは77万7600円と2万円高くなります。
あと、ABSモデルはそれぞれ、80万6760円、82万8360円となります。
上記は全て税込み価格。

いや、たけぇ、たけぇ。
Ninja250が50万程度で買える今となっては、尚更高く感じてしまいます。

でも、スペックは凄いです。
車重はABSモデルで167kgと軽く、パワーは圧巻の38PS。
ちなみにNinja250が174kg(ABSモデル)の31PSです。
ノーマルで180キロは出る……と思います。

その他にも、倒立フォーク、250cc初となるスロットルバイワイヤ、SSにあるような3段階のパワー調整など、至れり尽くせりといった感じ。
この値段も仕方なし、と思わせる装備ですが、ちょっと待って下さい。

インドネシアだと20万くらい安いのは一体何故……。
ドゥカティみたいに日本国価格にしてきたということでしょうか?
でも、国内メーカーがそれをやっちゃなあ……。
10万くらいならまだ輸送料とか税金やらで納得も出来ますが、ちょっと足元を見すぎていませんかな。

さらにインドネシアではレプソルカラーも発売されます。
CBR250RR_11.jpg
カッケー。
これなら80万も納得ですわ。
私が買うなら、絶対この色が欲しいです。
何故、日本でこれを出さないのか?
まあ、色に関してはR25みたいに後から限定色を出す可能性もありますが、インドネシア >> 日本という印象は拭えませんね。

とは言え、車検がなく、普通免許で乗れる250ccの中で最強と言っても良いスペック。
プレミアムな1台と割り切れば、アリかもしれません。
でもね。
返す返すも、だからこそのレプソルカラーだと思うのですよ。

さてはて、この値段だとNinja650と変わらないことになります。
果たして売れるかどうか。
今後、高級路線が流行るのかどうかを占う上でも、要注目の1台ですね。
  1. 2017/04/18(火) 23:09:18|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ninja650価格決定

Ninja650の価格が遂に決定したようです。

こちらのメタリックスパークブラックが807,840円。
2017_Ninja650B.jpg

KRTエディションが829,440円。
2017_ninja650.png

すでに予約受付の所がありました。
GooBikeの最安だと、諸経費込みで77.9万円という破格とも言えるお値段。
でも、茨城なんですよね……w

それにしても凄い価格設定です。
この価格でETCも付いているわけですからね。
これはもう、神の一歩手前と言っても差し支えないでしょう。
カワサキも本気で攻めてきたなといった感じです。

いや、こりゃ売れます。
庶民の手が届く価格帯で、パワーも十分あり、何より格好良い。
売れないわけがない。

250ccがホンダやヤマハに食われかけていますので、ミドルクラスに照準を絞ってきたのかもしれませんね。
モデルチェンジ前の今こそ、私のNinja250も売り時なのでしょうが、先立つものが……。
勿論、Ninja250を売り払い、ローンを完済し、新たに借金をすれば何とかなります。
この緑色に変えたら、親姉妹とかには見分けがつかないので、こっそり乗り替える手もあるのですがw
しかし、個人的には黒が欲しいので、やっぱりダメですな。

とりあえず、茨城の近くにお住まいの方は、GooBikeをチェックするのが吉だと思います。

はたしてNinja650は最高のツアラーになるかどうか。
5月の発売が楽しみですね。
  1. 2017/04/05(水) 19:15:51|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (178)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (74)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (294)
狩猟/射撃 (94)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する