三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

君の名は。

昨今では異例の大ヒットとなった映画、「君の名は。」を視聴しました。

少し前からレンタル開始となっていたのですが、何だかプロモーションビデオとかが……。

この熱いノリについていけない気がして、隣にあったキングコングを選択する始末w
でも、知人の半数が絶賛しており、限定版の1万とかするブルーレイまで買っていたので、チェックしてみました。

以下、ネタバレ全開の感想を。
見ていない方はスルーして下さい。



視聴する前は男女の体が入れ替わったことによる、ドタバタ恋愛コメディみたいな印象でした。
見始めてしばらくは全くもって予想通りの印象で、苦笑しつつ見ておりましたが、中盤から一変。
急にシリアスになりますね。

てか、隕石怖ぇえ……。
さあ、祭りを楽しむぞ、というところで、ふと空を見上げたら死んでるわけですからね。
さすがに死ぬ瞬間は描写してはいないものの、それが逆に怖さを引き立てます。音も怖いし。
キラキラと輝いていた登場人物たちが一瞬にして砕け散る様を想像してしまい、トラウマとなってしまいました。
あの距離では一瞬にして臓腑は引きちぎられ、脳漿は飛び散り……いや、止めておきましょう。

プロモーションで描かれていた凄く綺麗な彗星に騙された……orz
何ですか、この災害映画は。

あと、私はエンディングまで気が抜けませんでした。
何しろ、この新海監督には「秒速5センチメートル」という前科作品がありますから。
また逢えずに終わるのか、とハラハラしてみておりました。
いや、むしろ、助からないエンドすらあるのでは、と。
そうなったらそうなったで、トラウマ映画の第一人者として更なる名声を得られたかもしれませんが、ここまでヒットはしなかったでしょうねw

恐らくですが、青春真っただ中の高校生たちは、この恋愛部分に感動するのでしょう。
しかし、私はそのようなピュアな心を失ってしまったのか、残ったのは隕石への恐怖のみ。
視聴から数日経った今も、人生や死について考えさせられております。
いやあ、見るんじゃなかったなあ、これ……。

ただ、これだけ多くの人が見た映画なので、その影響力たるや絶大です。
この映画、組紐というアイテムが出てきますね。
その組紐のみならず、3万とかする制作セットもガシガシ売れているとか。

で、食堂のおっちゃんが乗っていた車。
あれは何を隠そう、私の愛車デッキバンなのです。
登場するのは僅かなシーンながらも、車内がかなりリアルに描かれております。

これでデッキバンブームが来て、中古価格が激増してくれればしめたもの。
スパッと新型ジムニーに変えてやりますw

脱線しました。
売れるものには理由がある。
その理論通り、総評すると高い評価なのは納得の出来栄えでした。
相変わらず背景描写は文句なしで、特にジブリを彷彿とさせる自然描写は目を見張るものがあります。

しかし、個人的にはやはり隕石が……。
これ、皆さん平気なんですかねえ。
被害者名簿のシーンとか、背筋が寒くなるくらい怖いと思うのですが。

どちらかと言えば冒頭の「キングコング:髑髏島の巨神」をお勧めしたいですね。
なんてことはないアクション娯楽映画ですが、最後に突然うるっと来るシーンがありましたw
あれは不意打ちでやられましたわ。

未視聴の方は、盆休みに是非。
髑髏島の巨神をどうぞw
  1. 2017/08/08(火) 21:33:17|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バットマン vs スーパーマン

予告映像を見て以来、物凄く期待していた映画、バットマン vs スーパーマン。
本日レンタルが解禁となり、酷暑や夜勤明けの眠さも何のその、早速レンタルしてきました。

本作は圧倒的な力を持つスーパーマンに対して、人間であるバットマンがどう立ち向かうか。
そうですね、ドラゴンボールで例えるなら、ミスターサタンがフリーザに挑むレベルではないでしょうか。
その無謀な挑戦をどう描くか、そこが最大の魅力である……と勝手に予想していました。

な、何じゃこりゃあ。
いやー、何ですか、この漂うハンコック臭はw
と言うか、素材を詰め込み過ぎで収集がついていない感じ。
鑑賞直前、頬を紅潮させ興奮していた自分が哀れでなりません。

そもそもあの女キャラは要らなかった気がしてなりません。
ラストはアベンジャーズっぽい終わり方ですが、もしかしてその方面を目指していた?
こんな出来映えでは続編無理だと思うのですが、ヒットしたんですかね?

どれだけ素材が良かろうと、脚本1つで台無しになるということがよく分かった映画でした。
かの範馬勇次郎も言っておりますが、まさしく極上料理に蜂蜜をぶちまけたかのような仕上がりです。
まあ、CGとかバトルシーンは迫力があって楽しめましたが……。

個人的には旧作になるのを待って、100円で借りることをお勧めしますね。
お盆休みで暇なら360円出すのも一興かもしれませんけどw
やはりボーンの新作に期待したいところです。
  1. 2016/08/10(水) 20:45:57|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジェイソン・ボーンが帰ってくる!

驚きました。
何と、映画ボーン・シリーズの最新作が10月に公開されるようです。

何を隠そう、この私、本シリーズの大ファンなのであります。
ボーン・アイデンティティー、ボーン・スプレマシー、ボーン・アルティメイタムの三部作はブルーレイを持っています。
視聴回数は圧巻の2位で、4、5回は観ていますね。

ちなみに1位はクリスチャン・ベール主演のリベリオンです。
昔の話ですが、ふらっと借りたレンタルVHSで3回観て、DVDまで購入したほどのハマりようでした。

リベリオンと違い、ボーンシリーズは続編であるのが強みですね。
回を重ねるごとにアクションの凄みも増しますし、ジェイソン・ボーンへの感情移入度も深まってきています。

プロモがありました。

うーむ、素晴らしすぎる。
この期待感はどうです。

久し振りに心から観たいと思う映画です。
様々な作品に出演されているマット・デイモン氏ですが、やはりこのジェイソン・ボーン役が一番似合っていますね。

映画に備えて、またアイデンティティーから予習しなおそうかな。
クーラーの効いた部屋にて、自家焙煎したホットコーヒーとデザートを用意、カーテンを閉じてボーンシリーズを鑑賞などというのは至福としか表現出来ません。

まだ観たことない方は、7月の連休にでも是非。
ハマること請け合いです!
  1. 2016/07/07(木) 19:12:54|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

ちょっと古いかもしれませんが、ミッション:インポッシブルを観ました。
本作、ローグ・ネイションはシリーズ5作目となります。

相変わらずのど派手なアクションは健在です。
スタントをほぼ使わないで撮影しているので、緊迫感が違いますね。
冒頭からグイグイ来ます。

本作の一番の見所は、やはりバイク。
ええ、ジュラシックワールドでも同じ事を言いましたねw
でも、本作だと異論は少ないかと。
こちらをご覧下さい。


この特徴的なライト、一目で分かりますね。
BMWのフラッグシップモデル、S1000RRです。

いや、痺れました。
ホワイトが一般的かと思っていましたが、ブラックも格好良いですなあ。
もうこれはBMWのステマに違いない!

しかし、まさかトム自身が運転しているとは思いもよりませんでした。
私なんか足元に及ばないほど上手いです。
さすが一流どころは何でもこなせますね。
スタントマンも凄すぎです。

バイク好きの方は観ておくのをお勧めします。
S1000RRが欲しくなってしまう危険がありますがw
  1. 2016/03/25(金) 20:30:44|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジュラシックワールド

今日は腰の痛みで出かけらず、映画を鑑賞していました。
ずっと観たかったジュラシックワールドを借ることが出来ました。
人気作なので休日だと全部レンタル中とかになりますが、平日は大丈夫ですね。

メガヒットした今作ですが、内容はほとんど変わらないですねw
ヒットの一因としては、ジュラシックパーク3から時間が空いたのが良かったのでは、と思います。

何を隠そう、この私、ジュラシックパーク1のサントラを持っています。
雄大な景色と共に流れるメインテーマだけで、完全にノックアウト。
同じメロディーの繰り返しなのに、何でこれほど心に響くのか。
オーケストラならではの迫力ですかね。

大体、伏線も予想通りでしたが、フィニッシャー(止めをさす者の意)だけは分かりませんでした。
お前かよ、とw

本作の一番の見所はバイクです。
(異論は認めますw)
少しネタバレになりますが、バイクで恐竜と一緒に走るシーンがあるのです。
このバイクが格好いいのなんの。
画像はこれです。
Jurassic_world.jpg

調べたところ、トライアンフのスクランブラーらしいです。
お値段は135万ほど。
ただ、重量が230キロくらいあります。
これならドゥカティの軽いスクランブラーが良いかな。
あれは確か185キロくらいだったかと。
でも、非の打ち所のない、素晴らしいデザインなのは間違いなしです。

ただ、マッチョなハリウッド俳優が乗るからこそ、映えるというのは大いにありますが。
半ヘル、ゴーグルでばっちりと決めた状態で立ちゴケしたら、格好悪いこと、この上ないでしょうねw

ストーリーはあって無いようなものですが、時間を忘れて楽しめました。
本作はブルーレイで観て欲しいですね。
CGで作られた恐竜たちの素晴らしさ、自然の美しさは圧巻で、腰の痛みを忘れるほどでしたので。

まだ借りていない方は是非。
  1. 2016/03/18(金) 21:16:11|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (196)
小説 (29)
時事 (58)
ゲーム (76)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (305)
狩猟/射撃 (98)
Unity (73)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する