三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

ラストラン

世界最速の男の称号を欲しいままにしてきたウサイン・ボルト選手。
残念ながら、100mでは破れてしまいました。
ちょうどリアルタイムで観戦する機会に恵まれ、最後に出走する100mリレーで有終の美を飾れるかと、食い入るように見ておりました。
しかし、皆さんご覧になった通り、予想外の展開で幕を閉じることに。



何ともまあ、痛々しいですね。
スピードの向こう側へ行ったサイレンススズカの天皇賞・秋を思い出してしまいました。
ただ、スズカと違って、肉離れで済んだようです。

日本チームが銅メダルに輝きました。
棚ぼた……と言っては失礼ですが、実際、ボルト選手が故障しなかったら、4位だったはずです。
それでもバトンパスの技術が優れていなければ、絶対的なタイムで劣る日本は勝てないので、研究、努力の結果であることに違いはありませんが。

それにしても、やはりボルト選手は凄いですね。
積み重ねてきた実績がそうさせるのか、故障したレースでさえ絵になる男というのは、そうそう居ないと思います。
まさしく、ジャマイカが生んだ奇跡のスーパーヒーローです。

水泳の北島選手などもそうでしたが、最強を誇った選手が引退する時は何とも言えず、寂しい気持ちになります。

ただ、日本勢も9秒台を狙えるところまで来ております。
願わくば、ボルト選手に続く新たなヒーローが国内から生まれて欲しいところ。
リレーに関しても更なる進化を期待しております。
  1. 2017/08/13(日) 20:22:07|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドドンパがリニューアル

絶叫マシンでは随一と言っても差し支えのない富士急ハイランド。
中でも一際異彩を放つコースターがあります。
その名もドドンパ。

他の追随を許さない圧倒的な加速力で、数多の人々を絶叫させてきたマシンが、遂にリニューアルされました。
名前も変わり、ド・ドドンパとなります。

大型ループなどもありますが、やはりメインは加速力。
ドドンパは1.8秒で172km/hに達していましたが、ド・ドドンパでは1.56秒で180km/hに!

これがいかに凄いのか。
単純に速度から加速度を出してみました。

まずリッターSSバイクが2.8秒で100km/hに達したとします。
その加速度は1.01gとなります。
これも十分凄いです。
突然、目の前が地面になり、落下するが如くの加速力です。

一気にスケールアップしまして、戦闘機がカタパルトから射出される際はどうか。
本当かどうかは分かりませんが、約2.7gだそうです。

恐ろしいことに、ドドンパはそれに比肩する2.7gとなります。
ド・ドドンパにいたっては3.26gに!

ちなみにこれが4gほどだそうです。
飛行機に使われるエンジンで、毎秒5リッターの燃料を消費するとか……。

さすがにこの化け物には及びませんが、一般人が味わえる加速力としては、破格と言えるのではないでしょうか。

何を隠そうこの私、ドドンパに乗ったことがあります。
確かに凄かったです。
内臓が後ろに引っ張られる感じで、息も出来ないくらいでした。
炎天下の中、2時間並んで1分程度で終わる儚さもまた凄かったですがw
あれを超えるのはやばいでしょうね。

今はまだ人も多いでしょうし、何より並ぶ気力もありません。
この動画で我慢することにします。

もしも行かれる方はド・ドドンパとFUJIYAMAは乗っておいた方がいいかと思います。
自慢出来るだけの凄さがありますので。

私としましては恒常的に1gが体感出来る、イケてるバイクが欲しいですねえ……。
  1. 2017/08/03(木) 19:13:08|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大横綱なのか

名古屋場所が終わりました。
最多勝利数の記録を更新、そのまま優勝と横綱白鵬の場所でしたね。

大記録ということに異存はないと思います。
思いますが、大横綱というのはどうなのでしょうか。

別にアンチ白鵬でもないのですが、何と言うか相撲がダーティに見えるんですよね。
一番気になるのが、あれだけの体があるのに立ち合いが変化気味ということ。
張り差しが代名詞になってもおかしくないレベル。

年齢による衰えなどもあると思いますが、やはり横綱相撲でどっしりと戦って欲しいです。
ガタイのいい力士の変化ほど、姑息に見えてしまいますから。

それだけに御嶽海関が勝った相撲は良かったです。

例によって顔を張ったものの、速攻で完敗とw
ほんと、最初に顔を張る必要あるのでしょうか??

個人的には宇良関が金星を取った一番がベストバウト。

このインタビュー、何度見ても感動します。
ただ、膝を怪我してしまったのが気がかりです。
一番ワクワクさせてくれる力士なので、今後に響かなければ良いのですが……。

色々酷評してしまいましたが、今場所は他の横綱があれだったので、白鵬が居なかったら酷いことになったのは揺るぎない事実です。
内容はともかく、ここは素直に称えたいと思います。

あと、稀勢の里関の復活も期待しています。
もう一人は引退かな……。
  1. 2017/07/25(火) 18:02:20|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まどマギ2の破壊力

更なる締め付けにより、壊滅が予想されるパチンコ・スロット業界ですが、とりあえずはまだ旧基準機が残っています。
ハーデス、凱旋や初代まどマギなど、一撃が期待出来る機種がある今はともかく、これらが消えたらどうなることやら。

そんな中、新基準機のまどマギ2でやってやりました。
突然、画面一杯のデカPUSHボタンが出て何事かと思ったら……。
降臨でございます。
center_cherry10.jpg
初めて引きました。
確率は32768分の1となります。

そんなフラグを引いたならば、さぞかし出ただろうと思うかもしれませんね。
出玉は約300枚!

いやあ、たまげましたね。
さすが新基準機。
ジャグラーのBIG1発分とは……。

せめて初代みたいにフリーズの夢があるならまだしも、別フラグ。
夢も希望もありゃしません。
どうせ同じ確率なら初代で引きたかった……。

ただ、多少打ち込んで分かったのですが、このまどマギ2、クソ台の頂点を巡り、熾烈な争いを繰り広げている新基準機の中では、マシな方かもしれません。
現時点で私が最高峰のクソ台を選ぶとすれば、アナザーゴッドポセイドンとなります。
(次点はバジ3)
以前、1400Gで捨ててあるのを拾ったことがありますが、そこまで打って捨てる気持ち、分からないでもないです。

どれくらいヤバイかはこの動画を見れば、一目瞭然。



このシリーズ、大好きで毎回楽しみにしていますが、今までの中で一番の神回と言えるでしょう。
虹PUSHの部分は腹が捩れるくらい笑わせて頂きましたw

しかしまあ、これ以上、規制が入ったら終わりですね。
「出玉は削ります、でも投資額はそのままです」とか、頭沸いているとしかw

まあ、私は幸運にも初代で何度かフリーズも引けたので、もう満足と言えば満足です。
出来れば2でも一度引いてみたいところですが、フリーズして600枚とかいうケースもあるみたいで。

終焉の日まで、期待はせず、5スロで息抜き程度に楽しむのが吉でしょう。
皆さんもほどほどに。
  1. 2017/07/22(土) 21:10:35|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

願い届かず

闘病中だった小林麻央さんがお亡くなりになりました。
34歳という若さでした。

それにしても……。
大半の方々と同じく、全く接点のない他人なのに、凄く悲しいのが不思議です。
訃報を伝えるキャスターたちが目を真っ赤にして一様に悲しんでいるというのは、麻央さんの人柄によるものなのでしょう。
死んだ後にその人となりが分かると言いますが、まさにその通りだと思います。

私が凄いと思ったのは、旦那である海老蔵さんです。
記者会見は涙なくして見ていられませんでした。

その心境で会見する精神力も並ではありませんが、驚くべきことにその日も舞台に立ったそうです。
小林麻耶さんは非常に落ち込んでおられるそうですが、それが普通の反応だと思います。
過去には色々ありましたが、やはりプロフェッショナルであることは疑いようがありませんね。

本日もブログで台本が頭に入らないという記事を書かれたそうです。
この状況でも仕事する。全くもって大した男です。

それなのにブログを書く神経が分からない、とかいう心ない批判が。
大半は励ましのコメントだそうですが、酷い話です。
いくら会ったことのない赤の他人とは言え、なんで思いやりの心が持てないのでしょうか。
相手の立場で物事を考えられない人間と言うのは、ほんと始末に負えないです。

しかし、可哀そうなのが子供たち。
一番母親を必要とする時期にお別れすることになろうとは……。
麻央さんも可愛い盛りの子供をもっと見たかったでしょうに……。

どこぞのミサイル実験と粛清しか能のない指導者は長生きしそうなのに、神様は不公平ですね。
まあ、そんなの居ないのでしょうけど。

とりあえず、女性の方は乳癌検診を行った方がいいと思います。
同じ不幸を繰り返さない為にも、是非とも病院へ行きましょう。
麻央さんみたいに見落とされてしまった場合はどうしようもありませんが、行かないよりは全然良いかと。
きっと、麻央さんもそれを望んでいると思います。

小林麻央さんのご冥福を心よりお祈りいたします。
  1. 2017/06/25(日) 10:45:16|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (183)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (76)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (299)
狩猟/射撃 (96)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する