三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

貴乃花親方、語る

貴乃花親方がTVで重い口を開きました。
相撲の一親方の為に、予定番組差し替えとは、前代未聞の出来事では。
それだけ数字が取れるという判断なのでしょう。
勿論、私も食い入るように見ておりましたが。

すぐにニュースになる(はず)でしょうから内容は割愛しますが、相撲協会の汚れ具合が分かる発言のオンパレード。
100%貴乃花親方が正しいとは証明出来ませんが、発言内容の信憑性はかなり高いと思います。
中にはCTスキャナーの画像とかもありましたし。
貴ノ岩の怪我は大したことないとか言っていた医師は何だったのでしょうか?

それにしても今後が楽しみですね。
あんな暴力理事が再当選する協会ですので、世論がどちらに傾くかは火を見るより明らかでしょう。
これから、もっともっと荒れそうな感じです。
本場所より見応えがありそうな気がするのは、これ如何にw

個人的に一番見応えがあったのは、「横綱とはなんですか?」の質問に対しての貴乃花親方の回答でした。
「包容力です」と即答したのは痺れました。
ほんと、「よく頑張った、感動したっ!」と、言いたいくらい。
エルボー横綱、貴方の心には届きましたか?

協会にとっては劇薬のような貴乃花親方の発言。
特番の名に違わず、かなり数字が取れたと思います。
この内容が明日以降ニュースにならないようなら、協会と同様にマスコミもクソということになるでしょう。
どちらに転ぶか、注視しておかねば。

とりあえず、これを機に少しは協会が変わってくれると嬉しいですね。
  1. 2018/02/07(水) 21:22:51|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自浄能力なし

怪力無双栃ノ心の優勝の余韻冷めやらぬ中、別の意味で相撲協会が世間を賑わせております。

私も注目していた理事選ですが、貴乃花親方が落選。
代わりにエルボースマッシュ黒鵬を制御できない無能の極み八角、ゴルフクラブ春日野などの錚々たるメンバーが当選。
自浄能力が全くないところを、まざまざと見せつけてくれました。

貴乃花親方の説明不足が……とか非難する意見もあるようですが、弟子をゴルフクラブで殴打した親方がしれっと当選するのは如何なものか。
客観的に見て、おかしいと思わない人間は居ないと思います。
せめて僅差で負けるとかならまだ捨てたものじゃなかったのに。
まあ、それが貴乃花親方の狙いだったのかもしれませんね。

やはり世俗を離れ一心に相撲だけを取り続けてきた、体育会系の人間(それはそれで素晴らしいことですが)にまともな協会運営をするのは無理ではないのでしょうか。
最近また人気が出てきたのに、水を差してばかりです。

個人的に相撲自体は非常に面白く、白熱した取り組みは他のスポーツに負けない魅力があると思っています。
まともでクリーンな協会になることを祈るばかりです。
  1. 2018/02/03(土) 07:32:44|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まどマギ三昧

さて、予定通り、ギャンブルのお話です。
ダラダラと書きますので、まどマギを打ったことのない人はスルー推奨です。

ここ最近はパチ屋に行っていないのですが、超デカいホールがオープンして、そこの1パチにまどマギが14台も入りました。
これはチャンスとばかりに、以前から触ってみたかったパチンコのまどマギを初打ちしました。

ビギナーズラックなのか、1000円ほどで当たり、そこから8連という素晴らしい展開。
結構面白いじゃん、と思ったのですが、その後は失速。
結局、500円ほどのプラスで終了です。

やはり319分の1を待つのは辛いですね。
耐えて耐えて当たってもラッシュに入らないと爆死必至。
これを1日中打てる人は凄いと思います。

やはりスロだろう、と超久しぶりに初代まどマギを打ちました。
ツキが溜まっていたのか、中段チェリーを引きました。
が、フリーズしなかった上に、人魚の魔女バトル中という……。
もしかして1番悲惨なタイミングではないでしょうか。

チクショウと思いつつ打っていたら、ワルプルギスの夜に入りました。
一戦目、ゲロを吐いてきて避けた後、PUSHボタンを押しました。
10G……と思いきや、300G乗りましたw

何万ゲームと回している私でも初めての出来事。
ケツが浮くとかいうレベルを飛び越え、自身がフリーズしましたわ。

歴戦のまどマギ打ちでも、これを見た方は少ないのではないでしょうか。
確率は分かりませんが、相当薄いところを引いたか、店長スイッチのどちらかでしょう。

最終的には2500枚くらいになりました。
やはり旧基準機は破壊力ありますね。
2なんて打ってられぬ。

そうそう、先月辺りにAタイプのまどマギが出ましたね。
ホールで打つつもりはないものの、気にはなっていたのですが、早くもiPhoneにリリースされました。

madomagi_A.png

移植は完璧で非の打ちどころがなく、映像は超美麗です。
2が基本になっているのですが、演出やボーナス中のアニメーションなど、かなり追加されています。

プチボーナス中にキャラが踊っていたので、ほむらはどうなのか、と思ったら。
madomagi_A_2.png
普通に踊っていましたw
メガネverなら分かるのですがね。

噂によると、ボーナス中に叛逆の曲が聞けるみたいですが、条件が分かりません。
強制フラグで万枚とか出してみたものの、全く鳴らず。
よく考えたら、このスペックで万枚なんて条件はあり得ませんねw
うーむ、大当たり中のムービーを見たいなあ。
分かる人居たら、教えてください。
強制フラグで再現しますのでw

ただ、やはりホールで打つ気にはなりません。
というか、Aタイプというのがダメですね。
所詮は豪華になったジャグラーといった感じで、夢がなさすぎます。
アプリで満足しておくのが吉かと思いました。

そういや、今回の追加で、関連アプリがかなり増えました。
madomagi_A_3.png

この統一感。
1つだけ渋めの変なものが混じっていますがw

それにしてもスロットから入って、ここまでどっぷりとまどマギに浸かるとは思いもよりませんでしたね。
絵は好きでも嫌いでもないのですが、やはり原作の秀逸なシナリオに惹きつけられたのだと思います。
勿論、初代の出来の良さもかなり貢献していたと思いますが。
いや、そっちの方が大きかったかな。

今年中にARTタイプの叛逆verが出るっぽいですが、それもアプリで触って終了でしょう。
初代が消える日=スロットの終焉……かもしれませんね。
  1. 2018/01/13(土) 21:17:03|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年末年始は格闘技

年末年始の格闘技ラッシュ、ご覧になりましたでしょうか。
昔のPRIDEやK-1の盛り上がりにはまだまだ及びませんが、次第に定着してきている感じはします。

色々な競技、団体などがあり、残念ながら全ては網羅出来ませんでした。
それを踏まえた上で、個人的主観にてベスト3を選出したいと思います。

第3位 ボブ・サップ VS 熊



異種格闘技どころか人ですらありませんが、これを第3位とします。
こいつはグリズリーで北海道のヒグマをも凌ぐ、巨体の持ち主。
動物虐待みたいな意見もあるそうですけど、そのパワーがいかに強大かを証明する、意義のある映像ではないかと。

こりゃあ、M870を限界突破してマグナムOOB弾を詰め込み、30mくらいから対峙したとしても勝率5割あるかどうか。
強化ガラスが外れかけた時は、不謹慎ながら笑ってしまいました。
いや、全然洒落になっていないのですが……。


第2位 井上尚弥 VS ヨアン・ボワイヨ



凄すぎです。
こりゃ、対戦相手が決まらないわけです。

次は階級を上げるみたいですね。
階級の壁がどうたらという懸念もあるみたいですが、全くもって問題ないでしょう。
パンチの音が違いますもの。
3階級くらい上の威力があるのではないでしょうか。
モンスターの異名に全く恥じない、恐ろしいボクサーです。


第1位 朝青龍 VS 琴光喜



朝青龍に勝ったら1000万というアベマTVの企画です。
ブツ切れですが、公式サイトで観れますので、是非。
1戦目の道産子ヤンキー? との相撲も凄かったです。
それなりに鍛えた一般人レベルでは無理ゲー。次元が違いました。

確かにお互い身から出た錆とも言える引退理由でしたが、今の黒鵬や腐敗した協会の現状よりは、彼らの方がマシだったのでは、と思えてしまいます。
「これで本当に引退できた」という琴光喜の言葉は重く、切なかったです。
まさか、こんな感動的な締めとなるとは……やりますな、アベマTV。

今年は井上尚弥選手の躍進に期待したいところです。
強い相手が受けてくれるといいのですが。
  1. 2018/01/07(日) 23:13:41|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新基準の酷さ

久しぶりにスロットに行ってきました。
最後の回収に入ったのか、私が愛してやまない初代まどマギが、5スロから20スロに移動となって以来、ずっと行っていなかったのです。

まあ、ボーナスも入ったし、久しぶりに打ってみるかと座った台はまどマギ2w
泣く子も黙る新基準の台となります。

グラフを見ても設定1か2という感じ。
辛うじて少ない投資でボーナスを当てました。

願うはマギカラッシュですが、上手いこと8192分の1を引ければ斜め7揃いとなります。
そう、GODの確率を数十回のボーナス中に引きさえすれば……。

GODを引くイメージ、と毎回念を込めてレバーを叩きました。
赤カットインがきて、何と斜め揃い!
こんなことあるのですねえ。
斜め揃いすると、裏マギカクエストという、恐らくフリーズに次いで強いであろう上乗せゾーンをゲットしたことになります。

15時にもかかわらず、閉店時間を気にしましたw
しかし、上乗せは120Gで終了。
なるほど、ボーナス中に毎回斜め揃いさせろということですな。

って、引けるか!

一体どうやって勝てというのでしょうか。
確かに設定は度外視していましたが、そもそも高設定なんて入れてきませんからね。

朝イチ20スロに突撃する人たちは、恐れを知らぬ歴戦の勇士なのか、はたまた匹夫の勇なのか。
いずれにせよ、凄い贅沢な娯楽だと思います。
諭吉さんをジャブジャブ使うわけですから。

以前、これまた新基準の麻雀格闘倶楽部2でフリーズを引きました。
一瞬何が起こったか分からないほど、ド派手な演出。
こんなやつ。

「何事かっ」と、島中の人がこちらを見ました。
予備知識のなかった私も大勝を確信しました。
しかし、出たのは350枚という……。

むう、これはマジでスロットの終焉ですね。
国が本気で潰しに来ているとしか思えません。

まどマギの叛逆verとかAタイプとか出るみたいですが、もはやアプリで十分。
今更ジャグラータイプなんて打つ気もないですし。

射撃や狩猟、バイクやゲームなどスロット以外にも趣味は色々ありますので、これにてスロットは卒業しようと思います。
まあ、初代は撤去前にもう一度打ちたい気はしますけどね。

皆さんも金が有り余っていないのであれば、スロット(新基準)を打つのは控えておきましょう。
これで万枚出せる豪運があれば、宝くじが当たるかも……しれませんね。
  1. 2017/12/14(木) 19:04:42|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (203)
小説 (29)
時事 (59)
ゲーム (79)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (35)
車/バイク (307)
狩猟/射撃 (101)
Unity (74)
マイニング (7)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する