三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

侍ジャパン、準決勝にて

WBCもいよいよ大詰め。
本日は日本VSアメリカの準決勝が行われました。

もう結果はご存じかと思いますが、惜敗となりました。
これだけ拮抗した試合だと、エラーが明暗を分けてしまいますね。

でも、散々だった前評判、強化試合の内容からすると、ベスト4に残れたというのは大健闘だったと思います。
主力間違いなしだった大谷選手の欠場もありましたし。

やはり、国際試合はいいですね。
開催期間中はとても熱くなれましたし、楽しめました。
正直、ペナントレースより余程面白かったです。

普段、ライバルとして切磋琢磨している選手たちが、手を取り合って海外の強豪と戦う。
よくよく考えると、ジャンプ漫画のような熱い展開です。
これで熱が入らないわけがありませんね。

一応、明日はプエルトリコVSアメリカの放送もあるようです。
イマイチ熱が入らないのは仕方ありませんが、この結末は見届けないといけません。
どちらかと言えば、日本を破ったアメリカに勝って欲しいかな。

次は四年後になります。
その時は選手も世代交代が進んでいると思いますが、また観る者を魅了させる試合を期待したいですね。

侍ジャパンの皆様、応援に行かれたファンの方々、お疲れ様でした。
  1. 2017/03/22(水) 18:15:33|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高齢者の運転

久し振りにヒヤリとすることがありました。

前方を走るトラックから15mほどの車間距離を取り、デッキバンにて走行しておりました。
ノンターボのデッキバンですので、スピードは大して出ていません。

見通しは悪くない脇道があり、そこに車が何台か止まっているのが見えました。
その脇道を前方のトラックが通り過ぎた瞬間、1台の車が飛び出してきたのです。

完全にアウトのタイミング。
ショック体勢を取りつつ、ブレーキを全力で踏みます。
ガガガッという嫌な音と共に作動するABS。
幸いにもあと数センチというところで衝突は免れました。

ふーっと息を吐きつつ、「あのタイミングで来るかよ」と、運転手を確認すると……。
お爺さんでしたorz

しかも、(´・ω・`)ゝ ぃょーぉ♪ みたいな感じで、手を挙げている始末。
いやいや、そんな長閑に挨拶しているレベルの危機ではないでんがな。
1秒でも反応が遅れていたら、大破しかねない状況でしたがな。

ほんと、降りていって免許を強制返納させたい気分でしたが、お爺さん相手にきついこと言うのもあれなので、そのまま発進しました。
バックミラーで見ると、その後も道の真ん中で右折待ちしたままで、他の直進車が避けていく始末。

よく高齢者の事故がニュースになっていますが、実際に体験してみると、やばいですね。
本人はまだやれると思っているのでしょうけど、一般ドライバーからすれば、十分に危険運転の水域に入っています。
ぶつかりに来たとしか思えないですもん。

今回助かったのは、私の超人的な反応速度の賜物……ではなく、デッキバンのお陰です。
何と言っても、スピードが出ませんからね。
これがNinja250なら避けようとしてコケていたか、衝突してマトリックスのような前回り受け身を取る羽目になっていたと思いますw

この手の事故から身を守るには、徹底した危険予測と車間距離を大きく取った運転を心掛けるしかありません。
が、それでも後ろから追突されるリスクはなくなりません。

となると、これはもう天に任せるしかないのでは……w
スピードさえ出していなければ、とりあえず生還は出来ると思うじゃないですか。
でも、高速を逆走で突っ込んでくるとか、想像を絶することをやられて、生還不能なケースもあるのですな、これが。
もはや、天佑を信じるしか……。

図らずともABSの性能チェックになりましたが、もう勘弁。
今回はありがとう、デッキバン。

皆さんも貰い事故にはお気を付け下さい。
  1. 2017/03/20(月) 19:56:31|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幻のホームラン?

遂にWBCが始まりました。
残念ながら大谷選手が出場辞退となったので、魅力半減、興味半減かと思っていたのですが、やはり国際試合。
かなりの熱さです。

そんな中、初戦のキューバ戦で、ヤクルトの山田選手が放った打球を、野球少年とおぼしき子が手を伸ばしてキャッチしてしまい、2塁打になるという出来事がありました。

私も散々動画を検証しました。
恐らくですが、バーの上部に当たっていたのではないかと。
その場合はルール上、ホームランになるみたいです。

いや、でもこれは捕っちゃいますよ。
グラブもはめていて、何かに導かれるように真っ直ぐ打球が自身の方へ飛んでくる。
これだけの観客数の中、ホームランボールが飛んでくること自体、天文学的な確率だと思います。
ましてや野球少年にとっては憧れの舞台に違いありません。
これに手を出すなという方が無理。

それに身を乗り出してキャッチしたわけじゃないですからね。
意図的にやったわけではないと断言出来ます。
あんなの私でも捕っちゃいますわ。

ホームランを消された怒りからか、この少年、名前や住所まで特定されてしまったようです。
ネットでも酷い言われ方をしていますね。
クソみたいな犯罪を犯した未成年は少年法がどうたらとなるのに、これはいいのですか?
ほんと、恐ろしい世の中になったものです。
面白がって報道するマスコミも総じてクソですな。
クソの極み。

前日は枕元にグラブを置いて、ワクワクしながら眠りに入る。
見る夢はきっと野球に関する夢でしょう。
そんな少年の姿を想像すると、涙を禁じ得ません。

山田選手もまたグラブを持ってきて応援して欲しいと言っておられます。
勿論、同じことをしないように気を付けないといけませんが、過剰とも思える罵詈雑言は無視するがよろし。
願わくば「俺がこの舞台に立って見返してやる」くらいの気概で、今後の人生を頑張って欲しいものです。

幸い、我ら侍ジャパンは2連勝中と勢いに乗っています。
明日の中国戦も勝って、2次ラウンド出場を決めて欲しいですね。
  1. 2017/03/09(木) 19:00:43|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アナ雪、初のTV放送

先週、アナと雪の女王が初めてTV放映されました。
気になる視聴率は約20%らしいです。
意外と行かなかったというのが率直な感想です。

ちなみに歴代映画視聴率の1位は千と千尋の神隠しです。
その視聴率はなんと驚異の46.9%!
恐らく、現在ヒットしている「君の名は」でも、これは抜けないと思います。

で、何やらアナ雪のエンディングに凄い批判が上がっているようですね。
May.Jさんの歌がカットされ、視聴者や芸能人が歌う「ありのままで」が放送されたのですが、これに批判が殺到しているとか。

私も見ましたが、歌詞にある「少しも寒くないわ」が「なかなか寒いわ」になりましたw
まあ、子供たちは可愛かったし、あれを編集するのがどれだけ大変だったかも理解は出来ますが。

個人的にはそこまで労力を使うなら、松たか子さんに歌ってもらう努力をした方が良かったのではと思います。
May.Jさんでもいいのですが、歌っている映像が多数あるので、レアリティ的にはやはり松さんですね。
松さんは未だに一度も生で歌ったことがなかったと記憶していますが、あの熱唱はリアルタイムでは難しいのかな。
でも、何度聴いても感動する、素晴らしい歌声です。

しかし、アナ雪もあれですね。
エルサが「ありのままで」を歌ったところで、もう満腹になってしまい、その後は見る気力がなくなってしまいます。
あそこが物語の最高潮ではないかと。

逆に冒頭で紹介した千と千尋は、何度観ても最後まで楽しめるので、やはり地力があるというか、物語の完成度的には上なのかもしれません。
私はジブリ映画の中でも断トツでNo.1だと思っています。
46.9%も納得の出来映え。

残念ながらジブリは解体してしまいましたが、後継者とも呼べる方達が頑張っています。
今夏公開予定のこの映画など。

うーむ、この魔女の宅急便、ラピュタ、千と千尋などを良いところ取りしたかのような雰囲気。
期待出来そうです。

CG映画では海外勢に後れを取っていますが、「君の名は」のヒットもあるように、ジャパニメーションはまだまだ健在。
これからも良質な映画を期待したいですね。

……フジTVは反省会をお願いします。
  1. 2017/03/07(火) 18:15:50|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

G-SHOCK熱、再発

皆さんは何の腕時計をされていますでしょうか?
私はスマホがあれば時計などなくても良いと思うのですが、仕事で使うので仕方なくしております。
ちなみに使っているのは1万円くらいの電波ソーラー時計です。

で、会社の後輩がGーSHOCKをしていて、別のGーSHOCKも買おうと画策しております。
その話を聞いている内に、以前、時計を物色していた際に罹患したGーSHOCK熱が再び再発してしまいました。

GーSHOCKというのはその頑健さゆえに愛好家が多く、非常に多くのカラーやモデルがあり、物によっては大層な高値で取引されたりします。
見るからにタフな外観はまさに時計界のジムニー。
海外のマッチョな軍人にも愛用されている、漢の時計と言えるでしょう。

ここ数日サイトを色々見ていて、欲しいモデルが見つかりました。

まずはレンジマン。
G_Shock.jpg
トリプルセンサー搭載で、気圧、温度、標高差が分かるのみならず、日の出、日の入りまで表示したり、目標物となる方角をセット出来たりする、凄いヤツです。
これはもはや、狩猟用と言っても差し支えないかもしれません。
GーSHOCKならば、スラグ弾にも耐えてくれることでしょう。
ああ、耐えるというのは射撃時の衝撃にという意味で、当たったら粉々になるのは間違いなしですw
いや、恐らくは手首ごと吹き飛びますな。

……すいません、怖いことを書いてしまいました。

気を取り直して、お次はマッドマスター。
この時計も上のレンジマンもマスターオブGというシリーズになります。
マスターオブGには陸空海と三種類のコンセプトモデルがあるのですが、その中の陸(レンジマンも陸)のフラッグシップモデルです。
G_Shock2.jpg
こちらはトリプルセンサーは付いているものの、日の出などは表示出来ません。
その代わり、ガラスが極めて傷のつきにくいサファイアガラスとなり、全体的なタフさも増しています。
あと、国内生産というのもポイント。
レンジマンはタイです。

どちらも魅力的で悩みますが、問題は価格。
レンジマンが約3万、マッドマスターにいたっては約6万という、ぶっ飛んだ価格設定。

ちなみにセンサー機能に主眼を置くのであれば、プロトレックという選択肢もあります。
G_Shock3.jpg
これなら2万程度で買えます。
しかも、天候が悪化しそうな場合は警告を出してくれたりと、センサー類に関してはGーSHOCKを上回る性能を誇ります。
センサーに関してはこちらが元になっていますし、液晶表示も格好良いですね。

さて、どれを買うかと、考えている内に気付きました。

時計なぞ、迅速に時間が確認出来れば良いと。
気圧や温度なんて、事前にスマホで確認しておけば問題なし。
狩猟時の日の出、日の入り時刻もしかり。

今使っている時計も壊れているわけではありません。
ならば何で新しい時計が欲しくなるのか。

つまるところ、所有欲ではないかと思うのです。
そして、所有欲というのは高い物ほど高くなるのではないかと。

例えばこれらの時計が980円だったらどう思いますでしょうか?
途端にチープに感じ、購買意欲も半減するのではないでしょうか?

分かりやすくバイクでも例えますか。
仮にS1000RRやパニガーレが30万程度だったら?
すぐに壊れそうな気がしてきませんか?

さらに言えば、所有欲は生活レベルによって異なります。
年収1000万の人から見れば、マッドマスターも安い時計となるでしょう。
ああ、この格差社会……。

つらつらと書いてきましたが、結論としては見送りとなりました。
昨日、19時頃に座ったまどマギで一撃6000枚を叩き出し、半額くらいは賄える状態にありますが、やはり6万というのは躊躇してしまいます。
とりあえずは我慢、我慢。
まあ、大層デカいみたいなので、実物を見てみたいというのもありますが。

それにしてもカシオさんも罪なモデルを作ってしまいましたね。
外観の無骨さ、その質実剛健さなど、魔性の魅力があります。

いずれはマッドマスターを夢見つつ、Blenderに励みたいと思います。
ほんと、いつになったら完成するんだか……。
  1. 2017/02/27(月) 18:02:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (167)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (71)
Blender (92)
競馬 (73)
映画 (34)
車/バイク (289)
狩猟/射撃 (90)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する