三流作家の雑記帳

三流作家、葉山洋三が日々感じたことを記すブログ

願い届かず

闘病中だった小林麻央さんがお亡くなりになりました。
34歳という若さでした。

それにしても……。
大半の方々と同じく、全く接点のない他人なのに、凄く悲しいのが不思議です。
訃報を伝えるキャスターたちが目を真っ赤にして一様に悲しんでいるというのは、麻央さんの人柄によるものなのでしょう。
死んだ後にその人となりが分かると言いますが、まさにその通りだと思います。

私が凄いと思ったのは、旦那である海老蔵さんです。
記者会見は涙なくして見ていられませんでした。

その心境で会見する精神力も並ではありませんが、驚くべきことにその日も舞台に立ったそうです。
小林麻耶さんは非常に落ち込んでおられるそうですが、それが普通の反応だと思います。
過去には色々ありましたが、やはりプロフェッショナルであることは疑いようがありませんね。

本日もブログで台本が頭に入らないという記事を書かれたそうです。
この状況でも仕事する。全くもって大した男です。

それなのにブログを書く神経が分からない、とかいう心ない批判が。
大半は励ましのコメントだそうですが、酷い話です。
いくら会ったことのない赤の他人とは言え、なんで思いやりの心が持てないのでしょうか。
相手の立場で物事を考えられない人間と言うのは、ほんと始末に負えないです。

しかし、可哀そうなのが子供たち。
一番母親を必要とする時期にお別れすることになろうとは……。
麻央さんも可愛い盛りの子供をもっと見たかったでしょうに……。

どこぞのミサイル実験と粛清しか能のない指導者は長生きしそうなのに、神様は不公平ですね。
まあ、そんなの居ないのでしょうけど。

とりあえず、女性の方は乳癌検診を行った方がいいと思います。
同じ不幸を繰り返さない為にも、是非とも病院へ行きましょう。
麻央さんみたいに見落とされてしまった場合はどうしようもありませんが、行かないよりは全然良いかと。
きっと、麻央さんもそれを望んでいると思います。

小林麻央さんのご冥福を心よりお祈りいたします。
  1. 2017/06/25(日) 10:45:16|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

射撃大会へ

富士の岩本山という射撃場にて行われた、西部猟友会の射撃大会に参加してきました。
初めて訪れる射撃場でしたが、結構遠いですね。
東名を使って1時間半ほどかかりました。

(1000円は弁当代で徴収されましたが)遠征費として3000円頂けました。
多少ですが、弾代の足しになるので有難いですね。

今まで乗ったことのないリフトアップされたパジェロにて東名を進みます。
タイヤの高さが私の腰辺りまである、凄いやつです。
乗り降りは大変ですが、トラック並みの視界は爽快でした。

富士川SA。
iwamotoyama_shooting.jpg
富士山が見える素晴らしいSAですね。
観覧車はガラガラです。
700円は高過ぎませんか?

私が絶賛し続けてきたクレミアも売ってました。

富士川SAからは15分くらいでした。
愛知県総合射撃場ほどではありませんが、結構な規模の射撃場です。

大会は選手宣誓まである本格派。
参加者総勢90名弱という大規模なもので、当然ながら射撃場の場長はホクホク顔でしたw

これがスキート射撃場です。
iwamotoyama_shooting2.jpg
ここの凄いところはゴルフの打ちっぱなしが隣接されているということ。
銃声を聞きながらの打ちっぱなしってどうなんでしょう。
驚いて失敗しそうな……。

こちらがトラップ。
iwamotoyama_shooting3.jpg
高低差が結構あります。
景観のいい所ですね。

んで、ここが標的射撃場。
iwamotoyama_shooting4.jpg
写っていませんが、右側にはパット練習場がありますw

立射5発、座射5発、ランニングボア10発で競います。
ライフルとは成績が分かれていますが、スラグでもスコープOKという無差別級的なルール。
散弾銃でもボルトアクションでスコープ付きの方も居ました。
勝てるわけねえw

緊張からか、いつにもまして調子が悪く、無残な成績に。
それでも真ん中から少し下くらい。
調子が良ければ半分は狙そうですね。

しかし、私の所属する分会の若きエースがやってくれました。
照門を取り付けて臨んだのが良かったのか、秘めたる才能が覚醒したのか。
立射では何と2位の成績に。
スラグ王の称号は彼に譲ることにします。
ただ、残念ながら座射で少し落ち、ランニングボアで壊滅となってしまいましたが……。

ランニングボアですが、私の予想通り、こんなやつでした。
Running_Bore.gif
これ、かなり難しかったです。
当たらなかった時、上下に逸れているのか、タイミングが悪いのか、判別がつきません。
確か19点くらいだったかな。
肉眼では1発しか着弾を確認出来ませんでしたが、意外と当たっていたようです。
コツは未だに掴めず。
というか、最後の方はフリンチングが起きるのが自覚出来る有様。
肩が痛ぇ痛ぇ……。

それにしても、単発弾で動く標的を狙うことの難しさといったらありません。
ライフルのトップの方でも100点満点中60点くらいですし。
なので、運悪く海外旅行で銃と対峙する羽目になった場合、身を屈めつつ相手に対して水平に全力疾走するといいです。
ハンドガンならまず当たらないと思います。

あと凄かったのがライフルです。
音も散弾銃の1.5倍くらいあって凄いのですが、5メートルくらい離れた位置で見ていると、発射した瞬間、ズボンのポケットにあるiPhoneが震えるのが分かります。
これがソニックブームというやつなのでしょうか?

何でも、遠くのシカを撃った場合、2頭くらい仕留めた後、ようやく音が届き、逃げ出すとか。
それだけ桁外れの弾速らしいです。
そら、ヒグマも斃れますわ。

成績は散々でしたが、色々な人、色々な銃を見ることが出来て、面白い大会でした。
もっと成績を上げたい、という欲も出てきました。

成績を上げるには練習あるのみ……なのは当然ですが、1発250円もするスラグ弾をバンバン撃つわけにはいきません。
そこである秘密兵器を入手しました。

長くなってきたので次回へ。
果たして私は何を手に入れたのか?

お楽しみに!
  1. 2017/06/20(火) 20:12:11|
  2. 狩猟/射撃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年 E3閉幕。注目ゲームは?

ゲームファンは当然のこと、そうでない方も注目されたであろう、E3。
今年も大盛況のうちに閉幕となりました。

残念ながら仕事の為、リアルタイムで見ることは出来ませんでした。
2chに張り付いてワイワイやりたかった……。

世間的に一番注目されたのはモンスターハンター:ワールドだったのでしょうか?
海外での評価は分かりませんが、国内では屈指のミリオンタイトルですし、興奮した方も多かったと思います。

しかし、私が一番興奮したのはこれ。

そう、ワンダと巨像のリメイクです。

映像の持つ力というのは凄いですね。
ほんとに恐怖を感じるかのような、圧倒的な巨像の存在感。
当時も凄いと思っていましたが、別次元の臨場感に思えます。
仮に内容が同じだとしても、このクオリティで巨像と戦えるだけで、大満足です。

あと、本作は私が今までにプレイしたゲームの中で、最も馬の操作感が素晴らしかったゲームです。
ギャロップレーサーなど、騎手になって馬を操るゲームよりも凄いという。
モーションがそう感じさせるのか、微調整を極めた操作感の賜物なのか。
あの疾走感はなくさないで再現して欲しいですね。

それと、テーマ曲。
巨像との闘う際に流れる熱いオーケストラ音楽の数々は否が応でも気分を盛り上げてくれます。
本作最大の魅力といっても過言ではないかも。

少々熱くなりすぎました。
E3と言うよりかはワンダと巨像の記事となってしまいましたね。

あと別ゲームを1つ挙げるなら……そうですね。
スパイダーマンでしょうか。

私が戦闘だけなら最高峰と認めるバットマンとまではいかないまでも、なかなか凝ったアクションをしています。
このクオリティで再現された街中をスパイダーマンとなって飛び回るのはさぞかし楽しいでしょう。

残念ながらRDR2も来年に延期となってしまいました。
これらのタイトルも発売は2018年。
来年は極めて忙しい年となることでしょう。

嬉しい悲鳴をあげながら、プレイしていきたいと思います。
  1. 2017/06/17(土) 21:18:51|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンスターハンター:ワールド

モンスターハンターの新作、モンスターハンター:ワールドが発表となりました。
PS4、XBOX ONE、PCにて発売予定だそうです。

公式プロモはこちら。

アクションが凄く増えていますね。
タイトルにあるように、本作はシリーズ初のオープンワールドとなります。
HORIZON ZERO DAWNがまさしくオープンワールドで素晴らしいクオリティだったので、本家にも期待がかかります。

ただ、ここまで一新するなら、4人PTという縛りも無くしてよかった気がしないでもないです。
どうせなら8人規模辺りでデカい相手と戦いたいです。
それだけのポテンシャルを感じる動画でした。

どちらかと言えば、アクションは苦手な私ですが、これは買わざるを得ないですね。
発売日は来年の早い内だとか。

首を長くして待ちましょう。
  1. 2017/06/13(火) 19:58:55|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1年点検

Ninja250を1年点検に出してきました。
結局、バッテリーは交換しないことにしました。

特に問題はなかったですが、ハンドルステム? のベアリングだかをそろそろ交換した方がいいと言われました。
フロントフォークを外したりとかで17000円かかるそうです……。
とりあえず様子見。

オイルとそんなに汚れていなかったのですが、一応ブレーキフルードも交換してもらいました。
オイル交換の恩恵なのか、増し締めとか注油のお陰なのか、凄く軽快になりました。
ちょっと大袈裟ですが、バイクが生き返った感じです。

あと、バイクカバーがこんなことになっていたので、それも交換しました。
Bike_Cover.jpg
破れたのはここだけなのですが、隙間から水が入っちゃうんですよね。
こいつは赤男爵のカバーで8000円くらいしたやつでしたが、3年でこの状態となりました。
でも、頑張った方なのかな。

新しいものはこちら。
amazonで評価が多く、安かったものに。
Bike_Cover2.png

これの何が良いって、中央を絞れること。
Bike_Cover3.jpg
こんな感じで、風のばたつきを抑えてくれます。
今までは洗濯バサミで対応していましたが、浜松の強風の前には赤子同然。
しょっちゅう飛ばされていました。

洗濯バサミに比べると、多少手間がかかりますが、しっかりと裾を絞ってくれるので安心感があります。
台風でも何でも来いやぁ!

とか何とか言ってたら、すぐに破れたりしてw
まあ、安いから一年持てば十分です。

バイクの調子も良くなったし、久しぶりに長野県へ行ってみますかね。
最近は余り遠出していなかったので、Ninja250の軽快感をがっつりと堪能したいです。

早いところ、梅雨が明けてくれると嬉しいですね。
  1. 2017/06/12(月) 20:25:59|
  2. 車/バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

小説試し読み

販売している小説の冒頭部分です。PDFが開きます。

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

ご購入はこちらからどうぞ

アルとフィルの大冒険 ~魔法の迷宮~
天賦の才

Blender講座

選択すると、その記事へジャンプ出来ます。

Unity講座

最新記事

広告







月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (179)
小説 (29)
時事 (57)
ゲーム (74)
Blender (92)
競馬 (74)
映画 (34)
車/バイク (294)
狩猟/射撃 (94)
Unity (72)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する